蕎麦の散歩道

美味しい蕎麦と、楽しい食の道を歩む。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アモローソ 牛込神楽坂 中身の濃い、3時間の過ごし方

2016-05-22 13:51:02 | 中華・エスニック・欧


時間より5分前に店に入ったが、連れたちはすでに、スパークリングワインを
やっている。かれらよりは、これで、一杯は遅れを取る事になるはずだ。
10年熟成のチーズ、乾いた食感がいい。

それが終わると、胡麻などのつまみが少しずつでてくる。
スパークリングは3杯は飲むようになる。



特製のパン、これはパン屋でこの店のためにだけ作られるようだ、
軽く焼いて出てくる。



トリュフ、これは白ワインが出てくるサインだ。
ここは、スプーンで一口で食べられるつまみがいいアクセントになっている。



マッシュルームにカリフラワーなどがブレンドされたスープ。
オリーブオイルがアクセントになって、なかなかの逸品だった。
スプーンでかき回さないで、すっと口に運んでくださいとの、シェフの言葉が
添えられた。自信作なのだろう。



白ワインを二杯、
乾燥トマト、たまねぎ、茄子、それぞれ保存食調理で仕上げた
もの。

ジャガイモのペースト

海老のパスタ・・・イタリア産の粒粒感のある米、いい食感、これもパスタということだ。



和三盆をベースにした甘栗ペースト。
デザートワインを挟む。


赤ワインの頃は、自家製のソーセージ。
持ち帰りしたいくらいに美味い。




メインは牛のクリーッパー・・・腸をのことをそう呼ぶのだそうだ。
メインは鯛、子羊、子牛などのグリルなど、4種類が用意されていてそこから
セレクションする。
ブロッコリーなども焼き加減を硬くして、肉の食感と合わせてある。
今日も白二種、赤二種、スパークリング、デザートワイン
そして、最後にブランデー、しっかり飲んでしまった。

この日は、スープ、自家製のソーセージが出色だった。
席は12席、それぞれ30分置きや1時間遅れのリザーブで、スタートがばらばら
だが、客を待たせることがない。
グラスが空けば、すっと注ぎに来てくれる。一人なのに、シェフとソムリエが同じ
体に住み着いているようだ。
客はただ会話を楽しみ、冗談を言いながら、3時間ほど過ごす。
中身の濃い時間、そんな過ごし方をさせてくれる。


新宿区中町22-3  03-5261-2550 前回の記事


http://diamond.jp/category/s-sobaya

手打ち蕎麦屋のオーラを味わう
http://diamond.jp/category/s-soba


ダイヤモンド社刊(検索
著作・鎌 富志治(かま としはる)・夢ハ toshiharu2316@jcom.home.ne.jp

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« モナリザ 丸の内  微笑と... | トップ | 七蔵  新橋   30年持... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

中華・エスニック・欧」カテゴリの最新記事