年子姉弟の何でもかんでも日記

娘~低身長の検査へ。

娘の5歳児相談会で指摘されていた「低身長の検査」。
昨日、娘と一緒に行ってきました🏥

(2019/12/6現在)
身長:94.4cm、体重:13.5kg



そして、いざ診察へ。
成長曲線で成長の度合いを見ながら、医師より「低身長」の可能性を改めて説明されました。

まず、すぐにできる検査として・・・

◆スクリーニング検査
・血液検査
・尿検査
・レントゲン検査(手のレントゲン検査)



ひと通りの検査を終えて、検査結果が出たら、医師からの説明。

血液検査⇒ 成長に関わる”ホルモンの状態”を調べる。
結果は、【ホルモン異常なし】。

尿検査⇒ 成長障害を起こす病気の有無を調べる。
結果は、【心配(治療が必要)な病気は無し】。

手のレントゲン検査⇒ 骨年齢を調べる。
結果は、実年齢4歳→→骨年齢3歳

ここまでの検査で総合的に見て、骨年齢は確かに実年齢より若いけど、
これは、【今現在3歳児の平均的な身長・体重】だから、
【本人の体格に合った骨】ということが確証され、
第二成長期を迎える前まで様子見】ということになりました✨

女の子なので、初潮を迎えると低身長の検査をしても意味がなくなってしまうので、
小学校に上がってから再度低身長の検査で精密検査(負荷試験)が必要かどうかを見て、
その結果次第で、ホルモン投与による治療などの話になってくるそうです。

この精密検査(負荷試験)は、薬を投与して調べるので入院が必要になるけど、
今現在としては、精密検査をするまでの基準に満たしていない・・・ということらしいです😌

と言うのも、ホルモン投与治療は莫大な費用がかかるので、【低身長の基準】に満たした場合のみ、
国からの補助が出る・・・という仕組みになっています。

基準に満たなくてもホルモン投与治療は可能だけど、国からの補助は出ないので
保険適用の治療になるけど、それでも結構な費用になります💧
なので、基本的に本人・保護者の意思で治療をするかしないかを決めて良い!となっています。


今回の娘の検査は、結果的に【様子見】になりましたが、自宅でも成長曲線で成長の度合いは
引き続きチェックしていくこと!・・・ということで、この日の検査は終了しました😌


ブログランキングに参加中!!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最新の画像もっと見る

最近の「育児」カテゴリーもっと見る