としぼ~の湯巡りブログ!

温泉巡り100箇所達成を記念してブログ設立!長野県北信地方を中心とした温泉巡りのレポートを、気ままに綴っていきます!

蓼科温泉 蓼科温泉共同浴場

2017-09-17 09:25:06 | 長野県(南信)の温泉
 蓼科温泉共同浴場は、観光地の蓼科湖から少し上ったプール平と呼ばれる場所にある小規模な共同浴場ですビーナスラインから脇道に少し入るのですが、看板は出ているし、郵便局の近くだから比較的分かりやすい立地。外観は昔からの温泉地にありそうな共同浴場そのままですリゾート地にこんな共同浴場があるというのが不思議で、以前から気になっていた温泉施設なのです。

 玄関をくぐると、左側が男性用下駄箱、右側が女性用下駄箱になっていて、正面に受付があります。さすがに銭湯みたいな番台形式ではなかったですが、古い共同浴場っぽい雰囲気があります。そして浴室に入ると、更に共同浴場っぽさが増しますカランはお湯、水が別々の蛇口でシャワーがないタイプ。これはなかなかレトロです。また中央に浴槽があって、両サイドに洗い場があるという配置、全く飾り気のない浴室はまさに共同浴場ですね

 
 そしてもう一つこの施設で気になっていたのが、使用している「蓼科三室源泉」です。少し前までは「長野県で唯一の高温の酸性泉」と謳っていましたが、現在は「高温の弱酸性泉」とトーンダウンして宣伝しています。どうやらこれは泉質が「酸性・含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉」から「ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉」に変わってしまったからのようです。温泉分析書の詳細が掲示されていなかったので現在の数字はわからないですが、以前1.01mg/kgあった水素イオンの濃度が酸性泉の基準の1mg/kgを割ってしまったのでしょう。また液性の面でもpH3未満が酸性とされており、pH3.15だから弱酸性ということになります。こういうことは常に変化する生き物のような温泉ではよくあることだし、分析の誤差もあってどっちに転ぶかは分かりません。次に分析した時にまた酸性泉として復活する可能性は十分にあります。

 さて、実際のお湯はというと、無色透明で、ほのかに酸性泉らしい酸っぱい香りと酸味が感知できます源泉が高温のため加水しているので、少し薄まっているかも知れません(以前入湯した同じ源泉の小斉の湯より酸味が薄い印象)。一応元酸性泉の片鱗を見せてはいますが、酸性泉の代表格の草津温泉と比べるとかなり薄いもの。逆に言うと、草津に比べると強烈さがなく肌に優しい酸性の湯とも言えます
 


 あと量は多くないですが、湯の新鮮さを示す泡付きが見られましたこれはどこの情報にも報告がなかったので少し驚きです湯の使用法は加水のみありのかけ流しだから、加温等、後天的なものではないでしょう(加水の方に含まれている可能性はなくはないですが)。泡付きの影響か酸性だからか分からないですけど、ツルスベ感も感知できます

 酸性か弱酸性かは別として、お湯の浴感は良好共同浴場は湯質が良い所が多いですが、ここもその期待を裏切りません。ただ湯温が高いというのも共同浴場的で、43℃くらいでしょうか、ゆっくり浸かっていられる温度ではありませんさっと浸かってさっと上がるタイプの施設です。内湯浴槽1つのみで料金500円(シャンプーなし。ボディソープは置いてある)というのはちょっと高めのような気がするけれども、長野県内では珍しい泉質であることは間違いないので、観光ついでに気軽に寄ってみるのもいいのではないでしょうか

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
『長野県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 蓼科温泉 露天風呂 石遊の湯 | トップ | 八ヶ岳縄文天然温泉 尖石の湯 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
蓼科方面良いですね〜 (長野県人)
2017-09-18 16:31:24
こんにちは長野県人です。この連休は、台風のニュースを見ながらじっと家で休んでいました。ここ最近の疲れが取れた気がします。

さて、蓼科方面に行かれたのですね。石遊の湯は私もかなり以前に訪れたことがあります。確か「鋼管鉱業」蓼科温泉というすごい名前だった記憶があります。色々と歴史のあるところみたいですね。
共同浴場の方は、昔、あの辺りのちょっとお高い宿に泊まった時に気にはなっていましたが、まだ行ったことがありません。ビーナスライン沿いや蓼科エリアには珍しい?雰囲気のある良い浴場ですよね〜。ただ、蓼科方面に行くには、諏訪を通ってまだひと頑張りという感じなので、ちょっと気合いが必要です。

今回も良い記事をありがとうございました。
鋼管鉱業 (としぼ~)
2017-09-19 22:06:01
 長野県人さん、こんばんは!私もこの三連休はほぼ家で過ごしていました。温泉に行けませんでしたが、こんな日もたまにはいいでしょう。

 長野県人さんのおっしゃる通り、石遊の湯の源泉名は「鋼管鉱業蓼科温泉」です。調べてみたら鋼管鉱業という会社があったみたいですね。今は合併してJFEミネラルという会社になっているようですが。
 
 蓼科高原は何気に温泉天国ですよね。立ち寄り入浴してみたい旅館などが山ほどありますし。それに茅野市内には日帰り入浴施設もいっぱいあります。早く制覇したいところですが、家からは遠いのでいつになることやら。

コメントを投稿

長野県(南信)の温泉」カテゴリの最新記事