としぼ~の湯巡りブログ!

温泉巡り100箇所達成を記念してブログ設立!長野県北信地方を中心とした温泉巡りのレポートを、気ままに綴っていきます!

星野温泉 トンボの湯

2012-11-13 01:32:53 | 長野県(東信)の温泉
 星野温泉 トンボの湯は、軽井沢の星野エリア(星野リゾート)の一角にある日帰り温泉施設ですエリア一帯は野鳥の森など自然に囲まれつつも、ホテルやレストランなどがあるいかにも軽井沢らしいリゾート地といった感じトンボの湯自体も緑に囲まれ落ち着いた雰囲気がある施設です

 施設は新設系の日帰り温泉にしては変わった造りで、外に受付の事務所があってそこで料金1,200円(GW及び8月は1,500円)を支払います。そして建物が男女で別々になっているのも面白いですね外装を含め、非常に洒落た造りです。
 中に入ってもそれは同様で、高級感に溢れていますまた脱衣所、浴室、浴槽、洗い場全てが余裕があって広い造り。さすが高い料金を取るだけのことはあります。


 さて肝心のお湯の方はというと、若干淡緑色に色付いており、よく見ると湯の花も舞っています泉質はナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉で、勝手に無色澄明だと思っていたので少し驚きました。分析書にはほとんど無色澄明とあるのですが、明らかに色付きの湯です
 また強くはないですが薬臭と薬味が感じられました浴室の中も微妙に油臭にも近い香りが漂っています。最初は塩素消毒によるものかと思ったのですが、塩素消毒は溜め湯時しかしておらず、後は電気分解による殺菌であるということなので、温泉自身のものなのでしょう。これは源泉100%かけ流しだからこそ感じられる湯の個性ですね
 さらに炭酸水素塩泉らしいツルスベ感もあって、浴感は上々湯温は適温からややぬるめの設定なので、ゆっくり長湯できます。リラックスできてリゾート地にはピッタリのお湯かもしれません。
 
 浴槽の造りも変わっていて、内湯浴槽は腰くらいまでの深さがあって、浴槽の縁の段に腰掛けるとちょうど肩まで浸かれるようになっています。また浴槽の両サイドには更にもう一段あってそこに腰掛けると半身浴になります。自分の好みで深さを選べる仕組みに工夫を感じることができます

 

 露天風呂の浴槽は特別な造りではありませんが、広々としていて木々の緑が美しいです大規模な施設の割には内湯、露天、サウナ1つずつという単純な構成がゆとりを生み出しているのでしょう。いいお湯があれば余計な物はいらないということですね


 さすがは有名リゾート地の温泉施設だけあって洗練されており、その中で湯の質を生かそうという工夫がなされています。料金が1,200円と超高額なのが玉に瑕なのですが、入浴前または後に自然豊な周辺を散策したりすれば、損はないはず。他の温泉施設でも参考になるようなよい施設だと思います

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

コメント   この記事についてブログを書く
« 昼神温泉 懐石と炉ばたの宿... | トップ | 加賀井温泉 一陽館 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

長野県(東信)の温泉」カテゴリの最新記事