としぼ~の湯巡りブログ!

温泉巡り100箇所達成を記念してブログ設立!長野県北信地方を中心とした温泉巡りのレポートを、気ままに綴っていきます!

五浦温泉 五浦観光ホテル 別館 大観荘

2014-11-20 00:25:04 | その他の県の温泉
 北茨城市への旅行2日目、この日は五浦岬公園を見学後、大津港で行われている雨情の里港まつりを見学するという行程です。AM9:45~PM12:00までは自由行動時間で、祭りの出店を見たりして過ごすのですが、私には別の目的がありました。港から少し離れた所にある五浦観光ホテル 別館 大観荘で入湯するという目的です。大観荘までは徒歩で25分なので、十分に時間があるようにみえますが実はそうではありません。大観荘で入浴できるのはAM11:00以降なので、大観荘にいられるのは30分だけなのですPM12:00にはバスに乗っていなくてはならず、遅刻するわけにはいきません。これはかなり厳しいミッションです。
 
 港まつりの見学はそこそこに、大観荘に向け出発AM10:20には大観荘に到着しました。さすがに40分も早く中に入っても無理だろうと思い、20分ほど海を眺めて過ごすことに五浦海岸は有名な六角堂(津波で流されましたが現在は再建されています)があったりする景勝地なので、景色を見ていて飽きることはありません
 AM10:40に、早く入れてくれないかなと一縷の望みを持って、フロントで日帰り入浴をお願いしたらAM11:00までお待ちくださいと案内されましたこれは仕方ないのでロビーでまた暇を潰しました。
 AM11:00になりフロントに行くと、直前に入ってきた客を先に受け付けていました20分も先に待っていた客を後回しにするなんて納得いかなかったですが、ここで文句を言っても大人気ないので大人しく料金1,000円をお支払いようやくこれで入れると思いきや、浴室の準備ができていないようで5分ほどさらに待たされました。この5分、私にとっては貴重な5分であり、ロスしたのは大誤算です
 
 大観の湯と名付けられた浴室は、ホテルとは別棟となっており長い廊下で繋がっています。入口には受付の人がいてレシートの確認をします。建物はまだ新しいもので、脱衣所は木の香りがしましたゆったりした造りで気持ちよく、この造りは参考になるものです。

 
 浴槽の構成は内湯1つに露天風呂2つです。まずは眺望が売りの露天風呂に向いました。
 奥にある露天風呂には淡黄色にささ濁りした湯が満たされています。化石海水系の塩化物泉でよく見られる色です(泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物泉)。目に付くのはクリーム色の析出物で、浴槽全体がコーティングされています。浴槽もまだ出来てそんなに経っていないはずだから、お湯の濃さを物語っていますね
 
 湯に浸かると、ピュアな油臭が香ってきましたこの施設は100%源泉かけ流し、加温、殺菌剤添加もなしの理想的な湯の使用法ですやはり混じり気のない油臭は一味違いますそして味は強い塩・苦味に油味が混ざるもの。ツルスベ感も感じられます。総合的にかなりハイレベルのお湯と言っていいでしょう新潟県にも似た系統の温泉は多いですが、ほとんどが循環湯で殺菌ありだから、こことは浴感に差が出てしまっています。


 眺望も開放感がありGOOD湯に肩まで浸かっていると海は見えないものの、浴槽の縁に腰掛ければ海が見えますHPを見た感じでは女湯の露天(交代制?)の方が眺望が良さそうですけど、これでも十分湯の温度も適温なので、湯に浸かりながらぼ~っと海を眺めていたくなる浴槽です

 
 手前側の露天風呂も、お湯の浴感はほとんど同じです。奥の露天風呂との違いを挙げるとすれば、浴槽全体を覆う屋根があること、お湯が若干熱めなことくらい。屋根に覆われている分、開放感に欠けますが、こちらの浴槽は雨の日や日差しがきつい日に重宝する浴槽です。ただ同じ浴槽を並べるのではなく、役割を分けて配置しているのは評価できます。

 
 内湯は露天風呂に比べると濁りが強くなっており、味見してみると塩・苦味が薄くなっていました。浴槽が広い分お湯が劣化しているものと思われます。それでも注意深く観察して分かる程度だから、浴感がいいお湯であることに変わりはありません広くガラス張りになっているので眺望もいいし、ここも湯温が適温だからゆっくり浸かることができます。
 
 お湯、施設共にハイレベルで、いつもだったら1時間以上は湯浴みを楽しむところ(1,000円も払っているし)なんですが、この日は何しろ時間がないので、15分ほどで浴室を後にしました本当に後ろ髪引かれる思いで、温泉は時間がある時にゆっくり浸かってナンボだなと再確認させられました。是非宿泊してじっくりとこの温泉を味わいたいものです。
 
 入浴後大急ぎで大津港まで戻り、AM11:55にバスに乗車。大観荘の温泉に入るというミッションは一応成功に終わりましたその代わり祭りを楽しむことができなかったのでそれが少し心残りかな港まつりは思いの外規模が大きい祭りで驚きました。震災の爪痕はまだ所々に見られましたが、活気ある祭りを見ていると嬉しくなりました

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

コメント   この記事についてブログを書く
« 磯原温泉 磯原シーサイドホテル | トップ | 関温泉 癒しの湯宿 朝日屋 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

その他の県の温泉」カテゴリの最新記事