としぼ~の湯巡りブログ!

温泉巡り100箇所達成を記念してブログ設立!長野県北信地方を中心とした温泉巡りのレポートを、気ままに綴っていきます!

妙高パインバレースプリング温泉 アパリゾート妙高パインバレー

2012-09-01 02:16:43 | 新潟県の温泉
 アパリゾート妙高パインバレーは、新潟県妙高市の山深い所にあるリゾート施設です妙高高原の市街地から赤倉温泉とは反対方向の山中へと進み、山道を20分ほど行くと突如視界が開け、ゴルフ場やテニスコートなどがあるリゾート地が広がりますかつてあったスキー場が閉鎖されたことから寂れているかと思っのですが、この日は三連休ということもあり結構多くの人で賑わっていました正直これほど大規模なリゾート施設だとは知らなかったので来てみてびっくりです

 妙高パインバレーには2棟大規模なホテルがあって、温泉があるのは手前側のホテル。ホテルはゴルフコースと繋がっていて、ホテルからカートに乗って直接コースに出れるのが売りのようです実際ゴルファー専用の出入り口があって、そこからすぐ浴場に入れるようになっていました。浴室は結構混雑していましたが、そのほとんどはコースを回り終えてきたゴルファーでした。


 浴槽は内湯と露天風呂があり、更にサウナが付いてホテルとしては標準装備ですねホテル自体は眺望の良い立地に建っているのですが、露天風呂には大きな岩が配置され壁となり、あまり眺望が利かないのがちょっと残念目の前がゴルフコースなので、見られないようにするには仕方ないですけど


 温泉は露天風呂にのみ引かれています泉質が単純硫黄冷鉱泉となっているため、無色透明の湯を想像していましたが、モール泉のような澄んだ紅茶色をしていました色以外の特徴は、香りが微妙で判定が難しく、無味。ただツルスベ感はあるのでモール泉の一種と言ってよいのではないでしょうか循環式で、加水、加温、殺菌剤添加全てありと使用法はよろしくないですが、浴感はそれほど悪くありません


 ネットの情報によると、9年前までは内湯、露天共にアルカリ性単純温泉の源泉を使用していましたが、源泉の枯渇により人工温泉にしていたものを、4年前に新源泉を掘削し露天で使用しているようです。以前の源泉は無色澄明、無味無臭で特徴のないお湯だったそうなので、今の源泉の方が温泉らしさは上でしょうね

 対象者がゴルファーということであれば、必要十分の温泉施設でしょう。価格も500円(HPでは700円となっているんですけど…)でリーズナブルわざわざ温泉が目的で立ち寄るような所ではないですが、リゾート施設で遊んだ後に汗を流すには丁度良い施設だと思います

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

コメント   この記事についてブログを書く
« 黒姫温泉 ホテルアスティく... | トップ | 川原湯温泉 聖天様露天風呂 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

新潟県の温泉」カテゴリの最新記事