音楽、漫画、映画のレビュー。たまにアニメのも。あと日々の雑記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

バビロン 天使の詩

2006年01月15日 | The Pillows
 カテゴリーを「映画」にするか「The Pillows」にするか迷ったんだけど、ピロウズの方で。
 
 「ベルリン天使の詩」という映画を見た。Pillowsで「バビロン 天使の詩」という曲があり、実はこの映画を意識してつけたタイトルであるとの事。

 はっきり言ってジャケ借り(というかタイトル借り)だ。こないだの「カランジル」に続き。まぁそのレンタル屋のお勧めのコーナーにおいてあって、公開当初のころから今まで継続して人気があるとのことなので、「じゃあ面白いんだろう」と思って借りた。

 観てみた・・・・・・・だるかった・・・・ねむかった・・・・哲学的命題の映画だったんだけど。そのテーマには大いに興味があるところだけど。いかんせんテンポが悪い。ラスト近くにようやく展開がある感じ。名作かなんか知らんがこんなかけらほどのケレン味すらない映画は見てられん。もうホントテーマ性のみを追求したって感じ。観客置いてけぼり。ついてこれるやつだけついて来い、な映画。もっと短くてすんだろ!
  

 pillowsの山中さわおはたいそうこの映画がすきなんだと思ってた。曲のタイトルにしてしまうくらい。んで、最近さわおへのインタビューを読む機会があったんだけど↓(以下抜粋)


 インタビュアー 「バビロン天使の詩」なんですが、過去に「ベルリン天使の詩」っていう映画がありましたよね。それを意識したタイトルですか。
山中 「意識したタイトルです。ものすごい意識したタイトルですが、ただまあ、バラすと僕は「ベルリン天使の詩」を最後まで見てないんですよ。ビデオ持ってるんですけど、どうしても途中で寝てしまう。」


「見てないんですよ」



はぁ!?
コメント   この記事についてブログを書く
« ボブカットっぽくなった  | トップ | ナイトメアー・ビフォア・ク... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

The Pillows」カテゴリの最新記事