高野 光二郎です !!

高知県選出の参議院議員として、国の実情を地方の視点から綴って参ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ありがたい。

2011年12月08日 13時29分02秒 | 日記

昨日、「一滴の会」の方々とお会いさせていただきました。


恥ずかしながら私はその団体の存在を知りませんでしたが、


東日本大震災の学校にピアノをおくる為、募金とピアノを県内から集め11月2日には、福島県の小学校や幼稚園に送った差の事です。


地元新聞 → http://www.kochinews.co.jp/sinsai/111103sinsai01.htm


なぜ、私が会ったかと言うと、先日の「まっしぐらに未来を語る会」や私の宮城県での活動を私の有力な支援者がお話され、一滴の会の幹部の皆様が是非、お会いしたいとの事でした。


話を聞くと、「福島に送ったピアノの件が新聞に載り、県民の方々の善意から30台近くピアノが集まりそうで、宮城県に送りたいが、需要調査も含め、県の教育委員会に聞き取りをしたが、なかなかうまくいかない。」との事でした。


私は、その話を聞いて、被災地である宮城県の状況を考えると、本格的な復旧や復興まで程遠い状況を聞き取りをしている分、そうだろうなぁ。と思いました。


欲しがる学校や施設はあると思います。


 しかし、そのニーズを誰が調査し、調整をするのか?


 行政職員や教育委員会がまたまだそこまで手が廻らないのは想定できますし、宮城県関係者に聞いててもそのようです。


 早速、調整に入りたいと思います。


 被災地でも又、高知に帰ってからも、宮城県を応援する高知応援隊や私の被災地支援活動を知って頂き、各種団体の被災地支援活動の調整をご依頼頂き、今までいくつかお手伝いさせていただきました。


県民の善意がとてもうれしく、有り難く思えます。


震災から10カ月が経とうとしています。


被災地での情報、特に近況が伝わりづらくなっています。


今後も被災地の情報を積極的に取ってお手伝いしたいと思います。


 


◆まっしぐらに「ポチっ」とお願いします。◆↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキング



◆Twitterでリアルタイムに活動報告しています◆◆ぜひTwitterでの「フォロー」をお願いします◆http://twitter.com/takanokohjiro

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« まっしぐらに未来を語る会① | トップ | 開戦後70年に触れる。 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事