多夢のひとり言

多夢のひとり言

日本一周の旅『最終章』四日目(最終日) 2013.12.11

2013-12-11 | 多夢 のひとり言 _

日本一周・最終日の朝は晴れ




山梨県からの修学旅行の高校生たちが
朝からビーチでマリンレジャーを楽しんでいる。

その後のんびりとホテルを出て空港へ向け南下、

途中初めての施設”ビオスの丘”へ立ち寄る。


チョコレートの香りを放つ花 ”オンシジュームの仲間”



琉球舞踊、



欄のツリー、


鳥がついばんだ”アダン”の実、



巨大なぜんまいの様な ”ヘゴ”等が生い茂る。





那覇に入り、泊漁港の食堂で”美ら(ちゅら)まぐろ”の丼を食す。

その後レンタカーを返却して、ゆいレールで那覇空港へ、
フライトは 19:55分なのでまだ時間があるが早めの行動・・・、

以上、・・・・END・・・、
 

日本一周の旅『最終章』三日目 2013.12.10

2013-12-10 | 多夢 のひとり言 _

本日の目覚めは 晴れ



先ずは瀬底島(せそこじま)の瀬底ビーチへ、
オフシーズンなので静かだ、
対岸は目的地の伊江島と修学旅行の女子高生

9時発のフェリーは満車状態、
海も荒れているので伊江島はあきらめて沖縄本島最北端の辺戸岬へ、



途中、『トボロチ』の花を発見、
この花は天野鉄夫氏がボリビアから種子を持ち帰り、
育て、広げたと言われている。
南米では4月、5月頃に花が咲くらしい。
ここ沖縄では10月~12月に咲いている。


長寿の村大宜味村の”道の駅おおぎみ”でこんな大根カップルが・・・、


10数年ぶりに訪れた辺戸岬はお土産屋が無くなっていた。

10数年前にオープンした”大石林山”







奇岩奇石やガジュマルが生い茂るパワースポットだ。

その後国道58号線起点に、



この国道は沖縄を縦断し海を隔てた鹿児島県と結ぶ珍しい国道。



ヤンバルクイナ生態展示学習施設でヤンバルクイナとご対面、

今日は一日、山原(やんばる)の森で過ごし、


辺野古の CANP SCHWAB を横目にホテルへ・・・、

充実の一日でした。 明日最終便で帰ります。

日本一周の旅『最終章』二日目 2013.12.9

2013-12-09 | 多夢 のひとり言 _

一日目は移動日、そして二日目は、


最終目的地の沖縄県庁舎から、あいにくの雨

その後観光へ・・・、



世界文化遺産 斎場御嶽(せーふぁうたき)
聖地久高島は雨でうっすらと姿を見せるのみ
それもまた幻想的である。



その後北上、嘉手納基地周辺では米軍車両が・・・、


今夜の宿は、ホテルリゾネックス名護

連泊なのでのんびり出来る・・、 明日は晴れ・・・・・、