多夢のひとり言

多夢のひとり言

なばなの里・イルミネーション

2012-03-31 | 多夢 のひとり言 _
明日が最終日

なばなの里・ウインターイルミネーション?
もう春なのにウインター?

今年のウインターイルミネーションは好評で4月1日まで延長!

最近の冷え込みはまさにウインター?、今夜もしっかり冷えました。


ツインツリー

光の雲海


光の回廊


メインの 日本の四季

冬の逆戻り・・・素晴らしかった。
 

フォーク酒場 『街』 ありがとう

2012-03-30 | 多夢 のひとり言 _
さよなら フォーク酒場『街』

フォーク酒場『街』が3月31日で閉店、私にとっての『街』最後の日
ナターシャ ファンにとっても最後の日、で、なんとサプライズ。
ザ・ナターシャー・セブンのメンバー”城田じゅんじ”さんとのスペシャルライブ!!
約90分間一緒にナターシャソング代表曲を演奏、感動の一夜でした。


”じゅんじ”さんとツーショット

一緒に活動中の”内藤希花”さんと


オーナーマスターの”ツカちゅん”さんと


”じゅんじ”さんと


今夜のザ・ナターシャー・多ブン??、皆さんと

記念撮影

”城田じゅんじ”さんは、私と同じ静岡県生まれ、
誕生日も一緒(私が1年先輩)!!、で、これからも頑張ってほしいね・・・。

マスターの”ツカちゅん”さんご苦労様でした。
 

 

大 発 見

2012-03-28 | 多夢 のひとり言 _
下地島にて

沖縄大好きの私にとってこれは大発見!!

宮古島の隣に伊良部島がある
その伊良部島と寄り添っている島が”下地島”、
この小さな島に3.000mの滑走路、
これは全日空の下地島訓練所でパイロット養成のための滑走路
めったに飛行機は飛ばないのになんと”Google Earth”に飛行機が写っている。


印のところ、滑走路に着陸直前の飛行機


拡大写真


こんな感じだ

私は沖縄の海で宮古島の海が一番好きだ。
特に下地島が最高だ。
 



いらっしゃ~い

2012-03-28 | 多夢 のひとり言 _
昨日は孫の二歳の誕生日

で・・・、今日遊びに来て誕生会の続き・・・







何回も乾杯を要求する。


里山の会

2012-03-24 | 多夢 のひとり言 _
未明までの雨も上がって・・・、
自宅近くで里山の会があった。



新聞紙で作った手作り凧


もうそう竹とどんぐりの実で作った”起き上がりこぼし”



飯ごうや竹で炊いたご飯


いただきま~す


食後のライブ

こんな里山をいつまでも残しておいてほしいです。
毎年主催をしているM本氏、お手伝いの皆さんお疲れ様でした。
 

久しぶりの『街』 2012.3.22

2012-03-22 | 多夢 のひとり言 _
今月いっぱいで閉店とのこと、
ナターシャーファンが集うとのことで、久しぶりに『街』へ行ってきた。





今夜の ザ・ナターシャー・多ブン

常連さんや、初めての方々、和気藹々と楽しんできました。
今夜のザ・ナターシャー・多ブンは、常連の街っく氏、と磐田市からS村氏、
ナターシャーソングを思いっ切り熱唱し楽しいひとときでした。
 
フォーク酒場『街』さん ありがとう。
 

沖縄・慶良間の旅 (2012.3.16~19) 最終日 3月19日

2012-03-19 | 多夢 のひとり言 _
最終日は自宅へ帰ります。

朝起きたら快晴、沖縄に来て朝から晴れたのは初めてだ、


昨夜M女史からいただいたペアのTシャツを着てパチリ


ホテル窓から見えた”浜松”の文字、浜松出身なのだろうか??

ホテル出発が10:30なので少し時間がある
朝食を済ませ、タクシーで世界遺産の”識名園”に向かうことにした。

昨年5月に訪れた際に行く予定だったが、
体調不良で緊急入院したため行けなかったところだ。

観光客もわずかでゆっくりと庭園を散策できた。






振り返ってみれば今回の旅行は良いことが沢山あった。
また、勉強になったことも多かった。
私は今まで沖縄戦で米軍が初めて上陸したのは糸満だとばかり思っていた。
糸満には”ひめゆりの塔”や”摩文仁の丘”が有るので勝手にそう思っていたのだ。
しかし今回の旅行で最初に”慶良間”に上陸し、その後本部や糸満に上陸、
慶良間の島民も集団自決をした事を初めて知った。

平和な時代に生まれた私たち、戦争を知らない大人たち・・・・、
もっともっと沖縄を知ろう・・・。



JTA254 で無事セントレアに到着

沖縄・慶良間の旅 (2012.3.16~19) 3日目 3月18日

2012-03-18 | 多夢 のひとり言 _
3日目は座間味島、ハイキング・島内散策、そして那覇へ、


チシ展望台からのクジラ岩


ちょっぴり急な坂道を上り大岳・小岳のハイキング


イノービーチ・ウハマビーチ・島内散策へ


イノービーチ



イノービーチで小さなヤドカリ君


ウハマビーチ



島内散策


座間味港からフェリーざまみで泊港へ


出港から1時間20分のところで親子のザトウクジラと遭遇
ホエールウォッチングでも見られないときがあるのにラッキー!!
まさにサプライズ!・・・興奮と感激の瞬間!!



那覇空港と今夜の宿1日目と同じの”かりゆしアーバンリゾート・ナハ”


シャワーを浴びた頃突然の強い雨、今日はホテルディナー、
ディナーが終わる頃には雨も上がって沖縄最後の夜。
知り合いのM女史がホテルまで迎えに来てくれていざ!夜の那覇市内へ

栄町市場の入り組んだ中にカウンター居酒屋”AKATSUKI”が有る。



M女史との再会を祝してオリオンビールであり!乾杯!!



偶然に吉本コンビの”栄町やいびーんず”カウンターライブ、
歯切れのいいネタを披露してくれました。
早く有名になると良いね!。
明日は自宅だ。


 

沖縄・慶良間の旅 (2012.3.16~19) 2日目 3月17日

2012-03-17 | 多夢 のひとり言 _
2日目はいよいよ慶良間へ、

午前9時の高速船(40分)で渡嘉敷島へ





あいにくの曇り空ではあるが、早速島の少女が笑顔で迎えてくれた


とかしくビーチではキジムナーも・・・






阿波連(アハレン)ビーチ

阿波連港からチャーター船で座間味島・座間味港へ
そこからまたチャーター船で無人島・安慶名敷島(アゲナシク)へ


安慶名敷島に上陸


丘の上のヤギがお出迎え?





パワーストーン”石英”

再びチャーター船で無人島・嘉比島(ガヒ)へ




嘉比島の”石英”持ち帰ると天罰が・・・、注意

またまたチャーター船で阿嘉島へ


ニシ浜ビーチへ向かう途中、天然記念物のケラマジカと遭遇、
(慶良間諸島固有の小型のシカ。泳いで慶良間諸島の各島間
 を移動し、 実際に泳いでいる姿が目撃されたりしている)






阿嘉大橋

阿嘉大橋を渡って慶留間(ゲルマ)島を通り、外地(フカジ)島へ


ケラマ空港

ケラマ空港は現在ヘリポートでのみ運用中とのこと

慶留間島に戻り島内散策


島の少女




珊瑚の塀と石敢當


阿嘉大橋付近の夕景

チャーター船で今夜の宿がある座間味島・座間味港に戻る


まぐろ他の刺身・グルクンの唐揚げ・島野菜の和え物・
天ぷら等、シラハマアイランズリゾートでの郷土料理の夕食

今年の沖縄は天候の悪い日が続いているが、
心配された雨も降らず午後からは半月ぶりの晴天で、
本来の沖縄の空が帰ってきた。
 






沖縄・慶良間の旅(2012.3.16~19) 1日目 3月16日

2012-03-16 | 多夢 のひとり言 _
1日目は那覇へ、


愛車インサイト
刈谷ハイウェイオアシスで休憩、



セントレアから JTA255便で那覇へ・・・
今夜の宿は”かりゆしアーバンリゾート・ナハ”二度目の宿泊になる。



夕食前に壺屋やむちん通りを散策





”南国ダイニング鬼さん”(久茂地)で夕食、
サンピン茶・オリオンビール、
海ぶどう・テビチ唐揚げ・アグー豚等々沖縄料理を満喫
早めにホテルに戻って明日からの慶良間諸島巡りに備える。
天気予報では太陽は顔を出しそうもないが、晴れ男のパワーで・・・zzzzz


たまには練習を・・・

2012-03-14 | 多夢 のひとり言 _
3月24日のイベントを控え練習の日々が続く、

自宅スタジオであれやこれやの日々。


左から
ギター・Gibson Songwriter Deluxe Custom N
バンジョー・モーリス 1970年代
マンドリン・Gibson F-5G
ギター・アリア



孫がのぞきに来て興味津々・・・。
 

部分開通

2012-03-14 | 多夢 のひとり言 _
浜松と東三河と南信州を結ぶ三遠南信道の浜松区間の一部が開通した。




浜松いなさ北インターチェンジ-鳳来峡IC間の13.4キロが4日、開通した。
5本のトンネルで、一番長いのが約5kmでけっこう長い、
草木トンネル区間と併せて2区間、信州がもう一歩近くなった。