漢和辞典ファン日記

初心者ですが漢和辞典ファン。漢和辞典に見つけるあれこれを記事にしてまいります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「雲」の名前。

2009-03-25 04:30:42 | 日記
IMGP0238自転車で峠に登ればこんな雲が見られる。ちょっと、スゴイよなあ。最初に上った峠でこんなもんを見て、以来、峠ってのは「なくてはならない」ものになりつつある。

まあこういう風景を求めて峠に登るわけではなく、坂を上り続ける以外、何も考えられなくなる自分が好きで峠に登るんだけれども。

で、「雲」。

実は今、雲の名前を覚えようかと思っているところ。「巻雲」とか「巻積雲」、「層積雲」とかそういうやつ。なんか名前がわかった方が楽しそうじゃんね。

で、その第一弾として漢和辞典で見てみた。『漢辞海』によれば次の通り。
[会意]山や川における水気。「雨」から構成され、「云」は雲が回転する形に象(かたど)る。「云」は古文で、「雨」を省略したもの。


昔の字形が結構面白いんだけど略^^。「形声」だと思ってチェックしたとき、それが「会意」文字だったりすると、なんだかちょっと得した気分。


雲の名前の手帖 (ブティックムック―「名前の手帖」シリーズ (No.348))
高橋 健司
シンク
売り上げランキング: 249651
おすすめ度の平均: 5.0
5 『空好きさん』必携!
コメント   この記事についてブログを書く
« 期待に応える『新明解』の「美」 | トップ | 「兎」は、まあ「象形」って... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事