漢和辞典ファン日記

初心者ですが漢和辞典ファン。漢和辞典に見つけるあれこれを記事にしてまいります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ちょっと笑ってしまった「蓄」と「畜」の覚え方。

2009-03-23 00:09:59 | 日記
at a farm「蓄」には別に疑問はない。

「畜」の字に「集積する」とか「たくわえる」という意味がある。そしてその音を使ってくさかんむりと結びつけた。だから「越冬のさいに、たくわえる野菜のこと」(『新漢和大字典』)なんて意味になる。

熟語としては「蓄積」なんてのが一番有名かな。「蓄怨」なんて言葉もあるのはちょっと怖い^^。

で、面白かったのは「参考」のところ。「似た字(畜・蓄)の覚え方」というのが書いてある。曰く「食ってしまって草なしの家畜、草の下にたくわえる貯蓄」(『新漢和大字典』)。

うむむ。これさあ。わざわざこんな風に区別しなくても、ちょっと意味を考えれば覚えちゃうとは思うんだよな(笑)。まあ但し。ぼくの時代にも「よく見れば、点なし口なし専門家」なんていうのも流行ってた。「意味」を考えずに形で覚えてしまおうという工夫なんだな。

類語大辞典
類語大辞典
posted with amazlet at 09.03.22
講談社 売り上げランキング: 143277
おすすめ度の平均: 4.5
5 良い類語辞典です5 収録語数が膨大な類語辞典4 お勧めの類語辞典は5 日本語教師・日本語学習者必携5 小説家志望は必携
コメント   この記事についてブログを書く
« 「喫」を悪い意味で使うのは... | トップ | 「死ぬほど~」は、歴史と伝... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事