漢和辞典ファン日記

初心者ですが漢和辞典ファン。漢和辞典に見つけるあれこれを記事にしてまいります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

人口に膾炙するってのは「膾」(なます)のことかよ。

2009-03-21 00:00:05 | 日記
scene from a japanese pub @ ichigaya, tokyo実は食べ物で好き嫌いが多い。だから「膾」(なます)ってのもオーダーしたりしたことがない。

でもさ。「人口に膾炙する」って言葉はたまに使うよ。よ~く見ると「膾炙」の「膾」って、「なます」じゃん?

「どうせ関係ねえんだろうなあ」と思いつつ、念のため辞書を見てみた。あたった辞書は『学研新漢和大字典』。

膾炙人口」というのが「人」のエントリにある。そして「故事」マーク。曰く「なますや、火であぶった肉がだれにも喜んで食べられるように、詩文やいいまわしが広く人々にもてはやされ知れ渡ること」。

おおっ。これは全く知らなかったぞ。

尚、「じゃあ『膾炙』の『炙』の字ってそもそもなんだよ」と思えば、その説明も書いてある。「膾」から引いておく。
「膾」は、なます(細く切った肉)。「炙」は、あぶった肉」
ほえ~。勉強になった。

ちなみに、そもそも「膾」とは「生の肉を細く切り、彩りよくとりあわせたもの」で、「大根・人参などを細かく切って酢であえた食べ物」のというのは、日本国内で生まれた意味だとのこと。

そうなのか。膾ってのは完全に「野菜の酢の物」の意識だったな。「これは膾ではない」と言えるわけだな。

コメント   この記事についてブログを書く
« 「西」が象形文字だと言われ... | トップ | 膾とくれば、やはり羮 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事