漢和辞典ファン日記

初心者ですが漢和辞典ファン。漢和辞典に見つけるあれこれを記事にしてまいります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「私」の原字である「厶」と、「公」、そして「松」。

2009-04-05 21:30:19 | 日記
pine tree「松」の字を調べようと思って長い旅に出ることになった。

「松」をまず『新漢和大字典』で見てみた。すると解字欄に「『木+公(つつぬけ)』。葉が細くて、葉の間がすけて通るまつ」。とある。松が「つつぬけ」なのは良いにしても「公」には「つつぬけ」なんて意味があったのか?

しかたがないので「公」を見てみた。するとやはり「公」も会意文字だ。「篆文の下部は私の原字で、三方から取り囲んで隠すことを示し、上部の八印はその反対に左右に開くさまを示す」。おおっ、なるほど。理解はできる。理解はできるが、では「私」というのが「三方から取り囲んで隠す」意味なのかどうかだ。

そして辿り着いた「厶」。少なくとも『新漢和大字典』では部首を構成しており、その部首解説欄に「物を囲っている形」と書いてあった。そしてその隣には「厶」の字。解字欄を見れば「説文解字」が引いてある。曰く「自ら営むを厶となし、厶に背くを公となす」。

なるほどなあ。見たことはないけど「説文解字」を引かれてしまっちゃあしょうがないわな。行き先の多い旅路で詳しくはわからないけど、取りあえずは納得。

尚、「公」。「人名・動物の名などの下につけて、親しみや軽蔑の意をあらわすことば」として使うのは、日本独自の意味だとのこと。また「私」。これを一人称代名詞として用いるのも日本独自。また動詞としての「私」には「不倫をする。姦通する」という意味があるそうな。へ~。

探して楽しむドングリと松ぼっくり (森の休日) (森の休日) (森の休日)
片桐 啓子 山と渓谷社 売り上げランキング: 207201
おすすめ度の平均: 4.5
5 公園へ出掛けよう5 男の子には絶大な人気があるようです4 知ってるの、いくつありますか?4 落ちているドングリを拾ってみよう!5 本書を持って森へ行きたい!
コメント   この記事についてブログを書く
« 「栃」って国字だったのか! | トップ | 「ひじき」って漢字でかける? »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事