ど根性系障害者は頑張って生きていくぞ!!!~高次脳機能障害その他症状てんこ盛り障害とともに~

交通事故で負わされた高次脳機能障害等とともに3年ぶり復職できたけど、次の目標を探しながらまだまだ頑張る奮闘ブログです。

7月24日(火)のつぶやき

2018年07月25日 03時19分23秒 | 日記
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 7月14日(土)のつぶやき | トップ | 8月9日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
贖罪と許しと事実 (芋田治虫)
2018-07-25 18:03:37
ヒトラーユーゲントは被害者であり、国民突撃隊は無罪であり事実上被害者。

「ナチスのやつらはみんな悪いんだ」というのはヒトラーユーゲントなどの少年兵も敵視することで、つまり虐待を受け傷つき死んでいった子どもを犯罪者扱いし敵視することだ。

少年兵は猛獣でも凶器でも大量破壊兵器でもない。

ヒトラーユーゲントだった人がローマ法王や国連事務総長になったり、その任期中に暗殺されなかったから今のようなおかしな世界になったんじゃない。
もし今日までそういうことがなかったら、人類は1999年以前に滅亡していた。

ナチスドイツの国防軍の2等兵と1等兵は無罪だ。

ナチスドイツの国防軍の下士官は犯罪者ではあったがヒトラーでも暴君でもない。

ムッソリーニは独裁者ではあったが暴君ではない。

ファシストイタリア軍も降伏した日に5千人もナチスドイツ軍に虐殺された。

ファシストイタリア軍は無罪だ。

特攻隊と鉄血勤皇隊は被害者だ。

「ナチスのもの」と「ナチスっぽいもの」は違うし「ファシストイタリアのもの」とも違う。もちろん「それっぽいもの」とも違う。

「大事なのは差別をしないこと」ではあるが「差別大国のものや、それっぽいものを根絶することではない」

「ナチスアレルギー」は病気ではありませんが「右翼アレルギー」や「保守アレルギー」は病気だ。

「自分のせいじゃない」というこが一番危険なのではなく「弱い者のせいにすること」が一番危険なのだ。

相模原市障害者施設殺傷事件のような事件が二度と起きて欲しくないのなら、風化して欲しくないなら、もっとひどい事件が起きて欲しくないのなら、この事実を伝えてください。
この事実と向き合ってください (芋田治虫)
2018-07-28 14:36:10
相模原市障害者施設殺傷事件では19人が殺されましたが、もっと多くの障害者がナチスに虐殺されました。
ナチスによって殺された障害者は20万人もいますが、もっと多くのドイツの子どもたちがヒトラーユーゲントや国民突撃隊にされ、軍隊に徴兵され、前線に送られ死んでいったのです。
「ナチスドイツのやつらはみんな加害者だ」というなら、当時のナチスの少年兵だった人たちに、もしあなたの近所の子どもが、戦争で前線に行き、無事に帰ってきたら、ましてや傷つき帰っえきたら「刑務所に入れ犯罪者」とか「なんで帰ってきたんだ人殺し」と言えますか?
ヒトラーユーゲントもナチスに殺された被害者なのです。
少なくとも、彼らに罪はありません。彼らは志願してヒトラーユーゲントになったわけでも、虐殺だけしていて、ナチスによって最優先で保護されていたわけじゃありませんから。
障害者もナチスドイツ時代のドイツの子どもたちも被害者だった (芋田治虫)
2018-07-28 14:37:30
私は相模原市障害者施設殺傷事件以降、主に戦争に反対する人たちのブログに「ヒトラーユーゲントは無罪で事実上被害者」という本当の事を多数投稿してきましたが、「ヒトラーユーゲントは無罪というのはおかしい」という意見はもちろん、中には「ニュルンベルク裁判や東京裁判で死刑になった戦犯たちを無罪というようなもの」とか「植松以上の基地〇、死刑になれ」いうガンジーや仏様ならともかく、どんなに控え目に言っても普通の親なら全力で殴るようなとんでもない暴言を書かれたこともあります。
こういう事実上「障害者を1人助けるためなら子どもを2、3人殺していい」とか「ユニセフはテロ集団」とでもいる人達がいるから、また同じ事件が起きるし、もっとひどい事件が起きるし、オウムやイスラム国のような、恐ろしいテロ集団や、イスラエルのような戦争大好き基地〇犯罪大国、挙句の果てにはポル・ポトのような「資本主義という腐ったリンゴは箱ごと捨てろ」といいヒトラー以上の暴虐な大虐殺を行う(あまりに怖すぎるので省略)独裁者を生むのです。
「許さない」というほど恐ろしい言葉はないのです。
「憎しみ」というほど恐ろしい病気はないのです。
「根絶する」というほど間違った医療ないし治療はないのです。
難しいことはよくわからないけど (こうじ)
2018-07-28 15:52:07
相模原市障害者施設殺傷事件からもう2年たったんですね。
僕は、あの犯人は絶対に許せないから、2年もたったとは思ってませんでした。
あの犯人が心神耗弱で無罪を主張してくるようなことがあれば、それこそ絶対に許せません。
絶対に風化させることがないようにしていきたいですね。
昔のことや国外のことはよくわからないけど (こうじ)
2018-07-28 15:53:41
>「許さない」というほど恐ろしい言葉はないのです。
>「憎しみ」というほど恐ろしい病気はないのです。
>「根絶する」というほど間違った医療ないし治療はないのです。

そうですね。

会ったこともない人間を「許さない」だの「憎む」だの「根絶する」だのと言える者は、神以外には存在しないでしょう。

ただ、ネットが普及した現在は、かなりの情報は得られますが、それは事実であるか否かは不明な件も多いと思います。

そんなことも踏まえて、気を付けていきたいと思います

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事