トリCのブログ

ジャンル問わず現場に近いスタンスで書いていきます

システムの変更はなぜ必要か

2018-03-29 21:05:27 | 政治

去年内閣府が調査した生活の満足度は過去最高になったようだ。


絶対に信じられない!と息巻く人もいるだろう。だが、統計というのは年々、調査対象となる社会環境と世代が変わっていくものだ。そういう数字が出ても不思議ではない。


まず、日本の社会では圧倒的多数の人の基本給は下がる事はない。ボーナスが激減、会社が倒産とでもならないと不満にはならない。


では、これまで不満、と答えた人は過去にはどういうタイプだったか。おそらく長く会社に勤めているのに昇給が少ない、或いは、同期はずっと給料が良いのに…というものが前提だったと思う。


今の時代であれば、この原因は分かる。昇給が少ないのは会社から評価されていない、という意味だし、同期が多く貰っているのは、自分の能力が低いから、と思う。今の時代だからそう思うのだ。以前は、同じ時間だけ働いていれば、能力二の次、同じ給料を貰って当然、という常識(空気)があった。


だから能力が劣っている人でも、2倍は活躍している同期の人と給料が違えば「不満」だった。


今は、年下だろうが、会社に貢献していれば年上よりも給料が多くても、それを不満に思う人は少なくなった。アンケートには、こういう社会常識の変化までは反映されない。特に社会に不満を大げさに表明する世代が引退し、代わりに社会に入ってくる若い世代は自己責任感が強い。これだけでアンケートは劇的に変化する。


失業者で満足度が高い人間は、まずいないだろうが、その人たちが就業すれば、一定確率で満足と答えるだろう。早い話がこういうアンケートは、失業者を減らす事で、改善される。


大部分の人は、収入は変わらないので満足も不満もないだろう。ところがアンケートをとれば、数字が変動するのだから「実感が沸かない」となるのも、アンケートの特徴だろうか。

アンケートではないが似たようなものに評判サイトがある。


食べログなどはネット利用者で外食を頻繁にする人なら結構使っているはずだ。ただ、ネットで食べログの話題になると決まって「俺はあんな胡散臭いサービスは使っていない」自慢大会になってしまうので、話がズレてしまう。


食サイトだけではなく、批評サイトが好評なのは初期だけだ。何故なら知恵のある人間がシステムを読み切ってしまい、当初の純粋な利用ユーザーの存在が雑に扱われる様になるからだ。


例えば政治家を対象とした批評サイトが地味に作られたとしよう。

当初は政治思想や利権に中立で行政に詳しい人たちと政治家個人を知りたい一般人だけで、おおむね好評のはずだ。そのうち偏った思想の持ち主同士でねつ造を含めた低レベルの批判合戦が始まる。


そうこうしているうち(多数の考えをズバッと言ってくれる、つまり素人視点)政治に大して詳しくはないが、文章力は、ずば抜けた人が目立ち始める。


当初の目的であった政治家の考え方、発言の真意を探るといった探究心はどこかに飛び、"俺の方が詳しいのに"あんな奴がトップレビュアーなんて気に食わない、という人がトップランカーの醜聞を拡散し、結果として「一般人は騙せても、俺はあんな胡散臭いサービスは使っていない」自慢大会になってしまうわけだ。


批評サイトのシステムが甘い、とも言えるが結局、サイト利用者によってバランスが徐々に変貌していくのは、止めようがない。これは社会全体にも言えて、今現在の社会を悪利用して儲けよう、楽をしようという人が必ず出てくる。それを押えこむ為にシステムを作り直す。そうすると再びそのシステムを利用して…、という様に出来ている。


つまり「こうやればずっといいのに」は、今現在のベストかもしれないが、やがて人によって陳腐化する。「これは絶対だから変えてはダメだ」は、システムの運命から言えば終わっている考え方だ。


例えば今の社会で江戸時代の社会の決まりを復活させ、栄光ある鎖国日本を目指そうとする人間がいたら、かなりやばい人だ。中東の原理主義者がこれにあたる。


しかし昭和中期のドタバタ数週間で決めた憲法も、間違いなく江戸の決まりと同列になる時代がそこまで来ている。平成すら知らない後の世代にとっては、安倍政権がどうして古い憲法を変えるのに、多くの昭和の常識を振りかざす人達に抵抗されたのか、全く意味が分からなくなるだろう。


森友学園で安倍政権を倒すのに延々と頑張る人たちの、真の目的は憲法改正阻止だ。だが、さっきも書いたように憲法をどうして守らなければいけないのか、時代に合わせて変えるのがベストでしょ、という未来の世論にとっては、この人たちの考え方は、とても理解しがたいものとなる。


過去の偉人の行動原理は、その当時のシステムと過去の反省と未来を見据えた予測から理解されるものだ。それは現代の官僚や政治家を評価する場合でも、同じことだと思うのだが。

コメント