トリCのブログ

ジャンル問わず現場に近いスタンスで書いていきます

籠池夫妻タイプへの対応策

2017-03-25 11:23:29 | 政治

明治天皇の玄孫の竹田恒泰氏が籠池夫妻に関して発言した事が今になってあの夫妻のやり方として注目を浴びている。


要約すると幼稚園で講演会を頼まれる。騒ぎが勃発する前だから断る理由はない。出向くと今度は知り合いとして役員になってくれ、寄付をしてくれ、断っても電話で「いつ寄付の入金があるのか」「まだでしょうか」としつこくかけてくる。全部お断りすると(報復として)勝手に学園の関係者として名前を使われる。


誰でもこういう類は経験があるのではないか。健康器具、英会話、宗教勧誘、マンション購入。きっかけは相手に対して常識的に対応する初手にあったはずだ。強引に打ち切ろうとすれば今度はトラブルを周囲にばらまかれる。


この幼稚園、15年ほど前は、朝日新聞に頻繁に記載されていたようだ。

「朝日新聞と籠池氏の蜜月関係」

http://agora-web.jp/archives/2025037.htm

他の新聞で全く報道されていなかった時期に実に短期間で7本も報道され、内容は幼稚園のイベントとそれを取り仕切る籠池園長を写真付きで絶賛している。


記事を書いた記者、あるいはもう少し上の編集者が先に書いた竹田氏同様、罠にハマったのではないかと想像できる。寄付金や実名を使わせてもらわない代わりに記事にする約束を押し付けられたのではないだろうか。


この逆のパターン(つまりマスコミ側が称賛する代わりに記事代を記者が懐に入れる)もあるが、この夫妻のやり口を考えるととても被害者側にまんまとなるとは思えない。


今回の事件のポイントはここにある。大半の関係者と夫婦の主張には正反対の意見の対立があるが、証拠がないから疑惑は五分五分痛み分け、では決してない。


朝日新聞などは、政権の追い落としが主目的だから、脇が甘そうな首相夫人や行政を疑惑の主役に仕立て上げる為に全力を尽くしているが、その論理でいくと15年前の朝日新聞と籠池夫妻の関係も怪しさ満点となってしまうのだがどう説明するのだろうか。


自分が先に書いた様に恐らく圧力に負けたのは朝日新聞側だったはずだ。理由は夫婦のやり口と朝日側が幼稚園側を脅して金をだまし取る必然性がないからだ。


これを行政や首相夫人に当てはめれば、全く同じ事が言える。行政は税金(他人の金)、首相夫人は名前、朝日新聞は幼稚園の無料宣伝。被害者側は自身の身を切る様な被害にはあっていない。全員が「迷惑な相手と関係してしまった」だ。それでいて夫婦側は多大な利益を上げることに成功している。


籠池夫妻は、世間から詐欺師扱いされるのは納得がいかないだろう。直接働きかけた相手からお金を強奪した事はないだろうからだ。夫婦からしてみれば熱心に働きかけていたから賛同して積極的に寄付してくれる、という立派な図式がある。


賛同していなかったが嫌々金を工面させられた、という相手側の主張では、詐欺師そのものだから、これまで何十年と一生懸命詐欺活動をしてきた事になるわけでこれは絶対に認められない。


相手の迷惑だ、という心情などこれっぽっちも顧みないという点では会社に勧誘電話をしつこくかけてくる人のメンタリティーに似ている。


首相夫人の甘いところは、その勧誘電話相手に対しても丁寧に説明と助力と断りの文面を出した点だろう。相手の話中に自分が話し出す、相手の話している内容を聞かない、反応しない、ガチャ切り。こういう相手にはこういう対応、という柔軟さが必要だ。これは雑な人格だからやっているわけではない。


昭恵夫人は安倍首相のやり方を見習った方がいい。恐らく旦那の政敵に対するやり方に対する反発心がこの結果を招いていると思うので。

コメント

朴大統領、罷免

2017-03-14 09:18:58 | 政治

朴大統領の罷免が決まって、次の大統領が左派、つまり北朝鮮に大幅譲歩して統一を成し遂げようとする人になるだろう。米軍やTHAAD配備を自国を守るためにしてもらっている、という視点ではなく、迷惑料を貰おうとする観点に世論を変えていく。うんざりしたトランプが米軍撤退を推し進め…


朴大統領が失敗したポイントは、対中国に経済依存していく経済界を引き留められなかった点にある。


これは全く同じ経験を日本もしている。日本経済が中国依存を深めれば、中国政策に関して擁護する人物が経済界でも政界でも出世する。国内の政治や経済がこういった人々に主導権を握られた結果、政党も親中政権となり、中国が間違った事をしても反発が難しくなる。


小泉首相は変わり者なのでこういった人々の圧力を、逆利用して長期政権を築いたが、安倍首相の一期目は見事に親中勢力に葬られた。その後、民主党の3人までの首相は、国民の多くが民意と政治家の常識の違いにストレスを抱えることとなった。


韓国の朴大統領はこういった日本の事情と似た経済界と政界を抱えて政治を行わざるを得ず、就任当初は保守でありながら中国にべったり、日本に強烈な反発を示した。


これに対し、二期目の安倍首相がしたことは、中国周辺の国家を日本側に付かせ、中国依存症だった経済界を中国の周辺国に向かわせた。当然中国は怒り心頭になり中国国内の日本企業に嫌がらせをし、安倍を引きずり落とそうと日本のマスコミや民進党に工作するがこれが輪をかけて民意を反中にすることに成功。


長い間ストレスを貯めていた国民からすると、親中派の安倍批判は説得力がなく、票を入れる気にならない。その結果、日本国内の政治は親中派がほぼ一掃される。これに連なる行政でも政府により親中派が蹴落とされ、民主党時代にこの世の華を謳歌した人々は、そのほとんどが力を失った。


反安倍派の人々の活動が陳腐化しているのは、親中思考で世論を喚起しようとしている点にある。集団的自衛権や外国人参政権、過去の歴史を反省、沖縄の基地問題、オスプレイ、反原発、などは、全て中国が日本に求めている政策だ。


つまり、中国が日本にしてほしい政策とは


・中国の領海問題に、日本は一切関わるな(集団的自衛権)
・外国人参政権を認めよ。日本の政治に中国人移民を関わらせろ
・日本は中国シナリオの歴史を認めて永遠に反省をし、海外に軍事進出するな
・沖縄から米軍基地を撤退させよ。朝鮮や台湾に電撃作戦が出来ないではないか(長距離空輸可能なオスプレイ含む)
・原発政策から撤退しろ(電気料金高騰により日本製品の競争力低下、そこに中国製が入り込む)


韓国は中国依存が大きくなった上に、政界、経済界が親中一色だろうから、自国を守るTHAADですら反対派が強い。そういった親中派を手助けするべく?中国は韓国経済に報復のカードをちらつかせる。もう、こうなっては親中派から大統領を出して、中国の言いなりになるしかない。


こういった日本と韓国の事情を北朝鮮はどう見るか。韓国は今や中国の言いなりで日本に向かって吠えろと言われれば吠えるチワワ状態だ。我々は吠えろと言われても吠えない。つまり今や韓国は北朝鮮よりも下、米軍さえ東アジアから消えれば、北主導で朝鮮統一も夢ではない


などと考える。


日本、アメリカの注目点は中国の海洋進出だ。中国共産党は世界を共産主義にする(もちろんその中心は北京)、という夢はまだあきらめてはいない。インドが起き上がってくる前に何とか日本以外のアジアを親中で染めたい。アメリカが日本に軍港を持っている様に全アジアに軍港を、というのは中国の目標だ。


ここから見えるのは、日中米にとって、朝鮮半島は現状本音を言えばそれほどエネルギーを注ぎたくはない。安定さえしてしてしまえば、この地域はロシアが上がってこない限り価値はない。


半島2国は自国に地政学上価値がある、と思っているだろうが、地方のシャッター商店街同様、今やそれほど存在感はない。北のミサイル脅威はあるが、逆にそれがなければどこに価値を見出せばいいのか分からない。


韓国の朴大統領が罷免され、大統領府から自宅に帰るのを生中継。日本のマスコミも大々的に報道していたがそれほど騒ぐ事なのかと。郊外の大型店舗同士の覇権争いのさなか、シャッター商店街の自治会会長が辞めたからどうだと言うのだろうか。


何よりも朴大統領が不正で罷免、であれば安倍首相も森友学園で退陣、などと日韓を同レベルにみる親中派の思考がいかにも半島視点の田舎外交で、狭いなぁと思わずにはいられないのだ。

コメント