トリCのブログ

ジャンル問わず現場に近いスタンスで書いていきます

中国人のデモの本音と日本マスコミ

2012-09-30 21:08:00 | 政治

デモを主催する人や参加する人には少なからず主張するデモの内容とは違う意図がある。少なからず、と書いたのはデモの主張そのまんまの人も結構いるからだ。


 


沖縄のオスプレイ、果たしてやたらと墜落するから危ない、という主張でデモに参加しているのがどれだけいるのかというのと一緒。この場合、オスプレイがどうのではなくアメリカの軍事基地を撤退させるという意図がそこにはある。ま、これが大半の人だとしても更に上の階層になると米軍を撤退させ沖縄を独立させたい、と考える人も多い。この先の階層の人もいる。沖縄独立の証に中国にその主権を移譲させたいと考える人。もう一つ上になると沖縄に中国の海軍を駐留させて太平洋をアメリカと二分割させ中華圏の世界制覇を実現させたい人などなど


 


たかだかオスプレイだけ例にとってもデモには色んな意図を持った人がいる。総じて言えるのはろくなもんではないのだが。


 


中国のデモも当然ながらそういう何回層にも分かれた人々の集合体だ。今回派手に動きまわった暴徒の連中はその第一階層。最も洗脳されやすく扱いやすい連中だが政敵にこの最下層の連中を動かされるとたまったもんんじゃない、というのが中国の延々と続く政治闘争の大本だ。こういった最高層に属する政治家は定期的に最下層の連中を動かせるのは俺だ!というアピールを同じ政治家同士に向けて必要となる。


 


日本の外務省で中国の要人とどれだけ知り合いになっているか、その要人の今のクラスはどのくらい、が彼らの省内での権力レベルに影響されるのは当然なわけでこれは日本の政治家とのパイプでも同じ事が言える。そう考えるとネットで極めて不人気な河野洋平がどうやってこれだけ偉くなれるのか、の構造が理解できるのではないだろうか。


 


この観点でいけば自民・安倍氏などは中国・韓国を仮想敵とするだろうし中国要人の嫌がることを国難と称して平気で行う人なので外務省の職員の昇格にも多大に(しかも悪い方向で)影響をおよぼす人だと言える。もちろん自民党やその他の議員などでもせっせと中国の議員と知り合いになってきた人達からしたら「人の嫌がることをする」安倍氏はご遠慮願いたいだろう。ただし外務省にしても自民党議員にしてもそういうパイプ工作を小汚い連中がすること、として全くしない人もいるだろうからそういう人達からみれば「あの親中出世連中ザマアw安倍もっとやれ」となるわけだ。


 


ただマスコミの安倍嫌いはもっとレベルが低い階層に属する。「この人はタカ派だから中国や韓国と戦争しかねない」という極めて庶民感覚(笑)に近いところで毛嫌っているスタッフが多いように見える。ブッシュ元大統領が白人で南部の出でタカ派だから嫌い、というのに対しオバマが黒人でハワイだから好きというレベルで安倍をズバッと切ってる俺って政治通?というレベルというか…。


 


もちろんマスコミにもずっと上の階層での野望を持つ人(読売の渡辺氏の様にね)もいるだろうが大多数は中国の暴徒の最下層に近い位置にいる連中だと認識しておいた方がいい。と、いうのもどうも政治ブログなどでのマスコミバッシングは彼らマスコミがもっと上の階層で野望を達成するためにカレーが3500円だ!とか馬鹿騒ぎしているように思っているのかもしれないが本当にそのレベル、言い換えればオスプレイが落ちる危険性が高いから反対、原発がメルトダウンする可能性が高いから反対、というデモの最下層クラスに大半がいると考えたほうが効率的。彼らはマジで素人だ、としたらネットでの反マスコミ運動も方向性が絞れると思う。


コメント

日中緊迫?いや全然。

2012-09-27 23:04:29 | 政治

よく中国が怒っている、とか報道して「大変だー大変だー」とか騒いでいるのがいるが実際それで中国が日本製品完全撤廃、日本企業締め出しをして尖閣に軍隊送って占領してという流れが大変だーの本質であるならむしろそれって中国共産党の崩壊と北朝鮮の同時崩壊を招くのだろうから喜ばしい事なのでは、などと思ってしまう。


 


まあ確かに中共と慣れ合って巨大なビジネス展開しているイオンとか朝日新聞にとっては大変だー、なんだろうけど。そもそもたかがお金じゃん(サカモト教授風)、もっと長い時間と広い視点で物事を見れないかね。


コメント

従軍慰安婦とウリ二つ

2012-09-27 22:46:18 | 社会

安倍が憎くて憎くて仕方がない朝日新聞あたりならこの摘発売春業者も日本の軍が影で関与した業者なわけだろうからリアルタイムな慰安婦が見つかって良かったんじゃないか?


 


しかし月400万稼げるのか。半分業者が持っていくとして一日5人一人5千円と仮定すると一日2万5千円、月で75万円にしかならない。これで年間だとかなり無理して1000万円だろうなあ。昔のほうが稼げたんじゃないだろうか。


コメント

大丈夫か岩井俊二の井筒監督化

2012-09-20 22:14:34 | 社会
以下ヤフーニュースから

 

映画「Love Letter」などで知られる岩井俊二監督(49)が、侵略戦争をしたことを忘れた日本に中国人が怒っても当然とツイッターでつぶやき、話題になっている。



 日本政府が尖閣諸島を国有化したことをきっかけに、中国では、反日デモの名の下で暴力・破壊・略奪行為が相次いだ。



■「自国びいき受け入れがたい」「偏った愛国論は毒」



 かつて柳条湖事件が起きた日の2012年9月18日は騒ぎがさらに広がったが、岩井俊二監督はこの日、むしろ日本の対応に強い疑問をぶつけた。



 石原慎太郎東京都知事の挑発に国が乗ってしまい、中国ともし紛争に発展したらどうするのかと、ツイッターでつぶやき始めたのだ。



 岩井氏は、日本はかつて中国に対して侵略戦争を行ったとし、「侵略された国がまだ怒っていても当然」とする。「それで相手国ばかり責めたのでは相手だって怒り出すのが道理」として、日本は、相手の立場でもう少し考えるべきだと指摘した。



 日本のメディアも中国のことを悪く言い過ぎており、祖国を悪く言われたらどんな気がするかを考えなければならないと言う。そして、「どの国の国民もみんな被害者」とし、「こういう時は国境を越えて同じ気持ちの仲間が連帯して今の平和を守らないと」と訴えた。



 ツイッター上で、中国や韓国で行われている反日教育をどう思うかを聞かれると、岩井氏は、「(侵略を)忘れてしまってる日本の方がどうかしている」と応じた。自国びいきの歴史解釈は受け入れがたく、偏った愛国論は毒だとも言っている。



■韓国紙が紹介し、「立派な日本人」と喝采浴びる



 こうした考え方は韓国からも注目を集めたようで、大手紙「朝鮮日報」は19日付記事で、岩井俊二監督のツイートを「一部の日本人たちの偏狭な歴史意識を批判した」と紹介した。記事のコメント欄にも、「まさにそれだ」「立派な日本人です」などと韓国人とみられる賛同の書き込みが相次いでいる。



 これに対し、日本のネット上では、岩井氏の発言を疑問視する声が多い。



 尖閣国有化に反発して反日デモをしたとしても、暴力や破壊・略奪行為をしてもいいというのか、というものだ。また、中国が東南アジアの周辺国を侵略しているのは忘れてもいいのか、日本は村山談話などで繰り返し謝罪しているのを考慮に入れていない、といった指摘もあった。



 岩井氏が中国などに配慮した発言をする背景には、中国の監督らと映画を共同制作したりするなど関わりが深いためではないか、とのうがった見方も出ていた。



 岩井氏の事務所ロックウェルアイズに取材すると、岩井氏のインタビューはしばらく遠慮したいとのことだった。自作映画「ヴァンパイア」が公開された直後などで忙しく、スケジュールが立て込んでいるからだという。



 岩井氏は90年代半ばに、「Love Letter」「スワロウテイル」と立て続けにヒット映画をつくった。テレビCMや多数のトップミュージシャンのミュージックビデオ制作でも知られ、独特の美意識にもとづく映像表現には高い評価がある

 


 

-----------------------

 

 

 

韓国人がよく日本人は過去の歴史に対して無知だと言うのだが実際そういう人は多い。

岩井監督もどうやらその一人のようで戦後日本が(と言うか黄色人種が)二度と白人に歯向かわないようにあの当時の戦争の意味をいろいろこねくり回して「正義の鉄槌」としたのが今の歴史。

 

アメリカ人は日本だけではなくその他のアジア人にも「お前ら白人の土地(植民地)に手を出したらこうなるんだからな」と説教したつもりだったのだが国連を立ち上げる都合上、中国を戦勝国としたのがアダとなった。何故かついでに朝鮮人までもが戦勝国を名乗り上げ連中は勝ち組気分に浸った。

 

ところがどういうわけか中国や韓国と違い負けたはずの日本がここから今度は経済で一気に白人世界に肉薄、ごぼう抜き。

 

ここから中国と韓国の「日本だけは許せない」が始まる。

 

 

まあ、こういう流れだから岩井監督の様に「過去の日本の行いを反省していないから」という日本人は彼らは大好きなわけだ。お前ら負けたんだから1000年俺らの舎弟な、という彼らの本音からすれば反省している日本人は見ていて痛快、だけどそれで許すなんてあり得ないから、という意味であって。

 

だけどな、過去の歴史と言われればなんでこいつら勝ち組気取ってんの?というのも出てくるわけで中国の戦勝国も韓国の自称戦勝国もちゃんと歴史と当時の事情を学んでくれよと言いたい。

コメント

ニコ動で大躍進?日本共産党

2012-09-20 19:19:00 | 政治

 共産主義と言えば革命が代名詞だが革命の条件は若者が貧乏で年寄りが金持ちで、同じく都市部が金持ちで地方が貧乏、大学生が政治の体たらくに怒りを覚えていて都市部でデモが勃発。これを金持ち以外のほとんどの人々が支持する、といった条件がある。


 

日本の場合、これは自民党がいろいろ小細工をしてきた成果だとも言えるが地方に補助金がかなり使われて都市部と地方の格差がそれほどでもない(革命が起こるには所得で10倍差はほしいところ)。年寄りが裕福で若者が貧乏なのは間違いないが当の若者が結構幸せと思っている人が多い。むしろ裕福なはずの高齢層が不満を覚えている人が多そう。オスプレイのデモなどでも高齢層ばかりなのもわからんでもない。

 

最初に書いた革命条件がむしろ整っているのは中国なわけですでに共産主義になっている国が革命の諸条件が満載ってのは大変だねえ、と。革命で資本主義になったら歴史に載るんじゃないだろうか。

 

リンク先の話ではニコ動で共産党の大アピールをする様だが果たして効果があるのかは疑問だ。共産主義と言えば地球市民系の親玉なわけだがこのサイトの極端な政治アンケート結果から考えるに最も遠い住民の様な気もする。共産主義に賛同するのは2つに大別出来る。一つは少数のインテリ系理想主義者、もう一方は今の世の中が変わればそれでいい貧困層だろう。ニコ動には社会の大変革を求める空気は薄い。

 

そんなわけで共産党がもし本気でここの住民をPCの前から離れさせて国会前の共産党系デモにでも参加させようと思っているなら何か根本的なところからチャレンジした方がいいかもしれない。例えば公式チャンネルでインターナショナルをミクに踊り付きで歌わせてみた、とか。もっと大金をかけてガイナックスあたりに日本式共産主義が世界に広がっていくまでの戦いをアニメ化させるとか。まあこの場合、最後の最後で一番の敵は中国になるんじゃないかと思うが(革命が起きて資本主義の最後の砦になってる)そこでの死闘は面白そう。

コメント

電気料金だけでは済まない原発ゼロ

2012-09-16 08:13:00 | 社会

原発ゼロの争点に暮らしの負担、とか家計簿を直撃、などというものがよく取り上げられる。しかし実際そんなものでは済まない現実がある。


 


単純な話だが電気は企業も使う。と言うことは普通に作ったら製品の値段が上がる。中の構成部品が1万点あったとして国内で作られたものが半分だったらそれだけ値上げが加算される。


 


電気料金値上げで家計が苦しい上に製品が値上がったら当然誰も買わなくなる。若者のなんとか離れではなく日本人のなんとか離れが起こる。企業は倒産したくないから毎日対策会議を開く。結論としてあるのは工場だけではなく本社ごと海外に出ることだ。企業経営陣はグローバルスタンダードの旗のもと下準備に(移転先候補の)海外留学生を積極的に募集し会社の公用語や会議を英語にしようと考える。将来性のない市場に固執する理由はないし企業が最も大事な銀行と株主がそうしないと寄ってこない。


 


労組などが強くてそこまで思い切った手を打てなければ既にそういう状況に突入している電機業界の様に人件費をケチるしかない。35才から早期退職を迫る、正社員をほとんどとらないという企業が大半になるだろう。人を雇わない企業と海外に逃げた企業ばかりになると職が見つからず無収入になる人や年金生活者の比率がどんどんと増え財政は更に圧迫され税金は跳ね上がる。


 


電気料金が2倍なら節電すればまだ払える、原発ゼロでも平気という人も結構いるとは思うが老後の保証も全く先が見えない上に貯金すらままならないレベルの税金が降り掛かってくるのに果たしてどれだけの人が耐えられるか。安いと思っていた中国製の食品や家電すら躊躇する様になりサムソン製なんて超高級品は絶対に無理、という若者があふれる。


 


電気料金が2倍で家計が大変、というのはこれだけ内容を端折った大変の意味であって月1万円だったのが2万になるって!?そりゃ許せない、その前に東電社員のボーナスをなくせ!というレベルの話ではない。


 


これが見えている政治家は当然ながら原発をゼロに、などとはまず言わない。見えていない素人政治家はもちろん有権者が喜ぶ原発ゼロを主張する。あるいは菅直人の様に「まともな政治家なら原発ゼロとは言えないから利権で食ってる推進派のレッテルを貼って連中を落選させて国政を再び乗っ取ろう」と工作する政治家も暗躍するだろう。


 


子供の未来の為に、という善意からの行為はやがてその子供が大人になった時に「夢も希望も金もない」という社会を生み出し目ざとい政治家は「誰が日本をこんな国にした」などと煽るのではないだろうか。(ただし原発ゼロが、とは言わない。与党が、東電が、官僚が悪いで押し通し)


 


 


 


 


コメント

ジーコに関すること

2012-09-12 00:40:00 | サッカー

イラクの若手はテストマッチの様なちぐはぐさだったがヤフーのニュースでジーコの試合後のコメントを読むとどうも全然練習が出来ない状態のようだ。それでレギュラーよりも寄せが速い若手を使わざるを得なかった、と。


 


ただ日本も長友と岡崎だけが動けていて(あとはキーパーか)1-0で良かった程度の出来だった。


 


それにしてもジーコだ。彼が代表監督だった時代はほんとにデタラメにも程があるレベルのバッシングが多かった。あの当時はDFのラインが高くなければダメ、速攻でなければダメが監督の評価基準でジーコのやり方は全く評価されなかった。今風に言えばジーコの方がグローバルスタンダードで当時の日本の最先端(と思われていたサッカー戦術)は見事なくらいガラパゴスだったのだがそれをすっかり忘れているようだ。


 


長年サッカーの観戦記を書いているがサッカーの見方を教えてもらったのはジーコからだ。それは知れば知るほど音楽のノウハウと似ていてブラジルのサッカーはサンバとか言われるが音楽的にはジャズに近い。欧州はクラシック、日本はジーコの時代はギタリストの速弾き大会だった。それが時代が変わって日本のサッカーもアドリブや速度のギャップを利用したプレーが増えた。ジーコには「随分日本も進歩したでしょう?」と聞きたかったところだがどう見えただろうか。


 


 


コメント

原発ゼロの場合のメリット

2012-09-11 12:22:37 | 政治

 原発ゼロの場合、このままなら電気料金は上がる要素しかない。一年くらい前にどこかのチェーンのラーメン屋がメーターをいじって6千万円ごまかしていた、というニュースがあったがそれだけ電気代は事業者にとってでかい。そこらにある小さめの工場などでも年間1千万円程度かかっていたりするのだからこれが政治家の人気取りの為に1千500万円~2千万になったらどうしたって反発する。家計を直撃、などとマスコミは書くが自宅の電気料金などは3倍になったとしても些細な問題と思えてくる。


 

ただゼロ政策は悪いことばかりでもない。電気料金がシャレにならないレベルになれば自前で電気を作る方が得だという風潮になってくる。ミニ発電所を設置した郊外戸建住宅(100戸程度)などが結構売れるかもしれないし家電なども売れる目安は消費電力になっていく。テレビなどは「価格:20万円、10年間の電気代:8万」という表記になっていけばただ価格が安くて綺麗に見えれば韓国製や中国製でもOK、とはならなくなってくる。

マイホームなら将来は土地購入費、建築費に加えて「自家発電率、年間消費電力」が重要になってくる。省エネに加えて自宅の発電力が重視され夏には湿度や外気を完全シャットアウトする新素材も開発の競争の一部になる。先に書いた工場での産業機械も当然そうなっていく。開発者はいかに消費電力を抑えるかも腕の見せ所となっていくだろう。

 

今の日本ではガラパゴス化をやたらと嘆くのが時流ではあるが極度の反原発がもたらすものはこういった超省エネガラパゴス日本だ。何でそこまでする、と外国人があきれるレベルまで省エネ機器があふれ出せば電力料金が間違いなく上昇していくとしても国内の新産業を生む可能性は高い。

 

原発は危ない、子供の将来の為に、などといった家庭レベルの感覚では産業界は絶対に原発ゼロは飲めない。しかし商売上手なソフトバンクの様に先を見る事が行政にも出来るのなら原発ゼロもありかもしれない。ただし民主党はこういった先を見てこの提言をしているとは全く思わないが。民主党のそれは家庭レベルの発想でしかない。

コメント

ヤングなでしこ、まだ先はある

2012-09-09 01:10:00 | サッカー

U20女子サッカーの3位決定戦、決勝を観てきた。


 


日本はパワフルなナイジェリア相手に殆ど守備の連携を崩さず1対1になると即座に守備を増やして数でボールを奪取。日本らしい守備だが当然こういうスタイルだからあちこちにナイジェリアがフリーでボールを持てる場所が生まれる。


 


だから試合が面白くなる。相手も攻めてくるがこちらも高い位置でボールを奪えるので速攻が冴える。こういう打ち合いになったら組織的に優れていた日本がホームなのも手伝って有利に試合を進められた。


 


何故こういう事を書いたかというと決勝のドイツとアメリカは守備はほとんど1対1ばかりでつまりはピッチ上に隙が生まれない。じゃあ他のチームもやれば隙がなくなる、となれないのは個人レベルの差があるからだ。大型のドイツ選手、若干小さくともキレがあるアメリカ選手。この両者であるからこそ1対1の勝負でも殆ど均衡が崩れない(ただし決勝点になったアメリカの右サイドの個人突破は明らかにドイツ側より上回っていた)。正直お客さん的には日本、ナイジェリア戦の方がずっと楽しかったはずだ。ただし試合に勝てるのは結局はアメリカやドイツの方だというサッカーらしい矛盾。


 


今後彼女らの世代が5年後くらいにA代表で他の国と覇権を争うことになるのだろうが日本はまだやることは多そうだ。ただしこのチームの個人のやる気を利用する方法は他のカテゴリーでも是非やってほしい。吉田監督の主張する代表のあり方は説得力がある。


コメント

中国も焦っている

2012-09-05 20:00:00 | 政治

民主党が政権のうちに何とか中国が今後何十年も有利に動けるようにするためにあちらも必死だ。中国では何十年スパンで目標(もちろん領土も)をたてその為にどうすればいいかを官僚が必死になり作成する。その中にはもちろん沖縄海域問題もあるわけでその一端には恐らくこういう目標があったはずだ。


 


親中(それも自民党の親中派よりもずっと濃い)政権の樹立、沖縄の中立特区の実現をその政権に働きかける、米軍の沖縄段階的撤退、沖縄への中国移民政策、外国人参政権。


 


沖縄に今の人口以上の中国人を移民させ参政権を得、もちろんそれが良いことであると地元の新聞社に書かせ「時代は米軍に依存しなくとも沖縄は独立できる」という方向に民意をシフトさせ今の韓流ブームと似たような事で中国語ブームを巻き起こす。こういった地道な努力の結果、沖縄民主主義人民共和国は誕生する。米軍の代わりに段階的に人民解放軍へのシフトが完了すれば最大目標であった台湾も落ちる。


 


こんなシナリオを書いていると想定すると友愛の海とか言ってたカモの民主党からタカ派の安倍、あるいは石破への政権移行は悪夢も悪夢。更にここから輪をかけて中国をスケープゴートにしようと画策しかねない橋下が国政に入ってくれば中国の沖縄共和国化計画はかなり遠のく。


 


だからあちらも必死だ。数年先どころか数カ月先しか見えていない民主党のうちに何とかして中国が手懐ける位置にあの諸島の所属を決めておきたい。安倍などのタカ派になったらまたマスコミを利用して圧力をかければ腹を壊して今度は引退に追い込み再び親中政権を樹立させるだろう。


 


しかし東京都に管轄が落ち着けば非常にまずい。石原政権後も東京はリベラル系には移行しないと中国は読んでいるはずだ。何より大金をかけて手懐けてきた外務省やマスコミ、国会の親中政治家を利用することが出来ない。


 


機運に乗じて尖閣諸島を購買しようという知事が出るとは恐らくシミュレーションの中にもなかったはずで中国の慌てふためく姿は素直に楽しい(笑)


 


コメント