取手・医科歯科通信 山本 嗣信 (やまもと つぐのぶ)

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

「目に見えるようにする」こと

2018年01月31日 13時10分37秒 | 社会・文化・政治
貧困問題の主要な課題として「可視化」を挙げていました。
「目に見えるようにする」ことが解決につながる。
2008年~09年にかけて年始年末、私たちは現代日本の「貧困」と向き合うように迫られた。
東京・日比谷公園にできた「年越し派遣村」。
仕事を失った派遣労働者たちが集まり、セーフティーネットのもろさを突き付けた。
貧困問題の解決には社会全体でお互いの姿を見えるようにしておくことが必要です。
お互いの姿が見えるようにしておくことが社会の合意形成の土台をつくる。
法政大学教授・湯浅誠さん
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 化学療法の副作用・ボタンが... | トップ | 親の虐待 子どもの社会的擁護 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会・文化・政治」カテゴリの最新記事