取手・医科歯科通信 山本 嗣信 (やまもと つぐのぶ)

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

命懸けの勝負

2018年03月21日 12時13分12秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
武士は真剣の斬り合いで「時にはミスもある」などとは思わないはずだ。
「時代は違えど、命懸けの勝負をしているかどうかです」王貞治さん
野球に限らず、いずこにもそれぞれの舞台で真剣勝負に挑む。
頭では分かってつもりであるが、迷いがある。
迷いは自信のなさ。
つまり、自分を信じていないのだ。
構想を描き、実践するのみ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 父母や妹の墓参には行かない | トップ | 創作欄 真田と千代 4) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

伝えたい言葉・受けとめる力」カテゴリの最新記事