原爆 黒い雨はなぜ降ったのか?

2020年08月05日 15時40分25秒 | 社会・文化・政治・経済

晴れていた広島になぜ「黒い雨」?
Q
晴れていたから広島に原子爆弾が投下されたと聞いたことがあるけど、なぜ「黒い雨」が降ったのですか。

原爆で発生 三つの雲原因

黒い雨の展示の前で、雨の記憶を話すピースボランティアの大林芳典さん(原爆資料館)
1945年8月6日の朝、広島市は晴れていたと、本や映画で見たことがあるね。
広島管区気象台(当時)の職員が調査に加わり、53年に発表された「気象関係の広島原子爆弾被害調査報告」には、当時の気象を「睛天無風(せいてんむふう)に近い靜穩(せいおん)」と書いてある。
「シャツ黒く」
広島市佐伯区湯来町の隅川清子さん(73)は同町の実家で黒色の雨を見た。
「小指の先くらいの雨粒が落ちてきて、白いシャツが黒くなった。勢いが激しく、30センチほどの高さまで跳ね返っていた。広島市内の状況を知らなかったので、『何が起きたのだろう』という思いで頭がいっぱいだった」と不安だった心中を語る。
そもそも、雨はどうやって降るのだろう。広島市江波山気象館の脇阪伯史学芸員によると、上昇気流にのった空気中の水蒸気が温度が低い上空で冷え、空気中のほこりなどとくっついて氷の粒や水滴になる。上昇気流が続くと、水蒸気がどんどん加わり、水滴がくっつき合って大きくなる。大きくなるうちに重くなって、落ちてくるんだ。
では、あの日なぜ雨が降ったのだろう。
旧厚生省の委託を受けた「黒い雨」研究班などに参加した、広島大原爆放射線医科学研究所(原医研)の星正治教授(放射線生物・物理学)は、「原爆によって発生した三つの雲が雨を降らせた」と説明する。
最初にできたのは、爆発の衝撃で舞い上がった土やほこりなどが、火球と地表の間の空気が暖まってできた上昇気流にのって約4000メートルまで上昇してできた雲だ。きのこ雲の柱部分だね。次にできたのは、きのこ雲の「かさ」の部分。火球が上昇し、上空で膨張するうちに温度と気圧が下がり、空気中の水蒸気が水滴となったものだ。
三つ目の雲は、熱線で発生した大火災が原因だ。
熱気に伴う上昇気流で、水蒸気とすすなどが約800メートル上空で雲になった。
この火災による雨は、原爆でなくても降った雨なんだ。
空襲問題に詳しい小山仁示関西大名誉教授の「改訂 大阪大空襲」には「大空襲があると、必ずといってよいほど、黒い雨が降った」と記述がある。
国が特例区域
星教授は「三つの雨はどれも放射能を含んでいた。『黒い雨』というが実際には黒色のほかに、茶色や無色の雨も降ったと思われる」と話す。
国は、76年に「黒い雨降雨地域」のうち、大雨地域と言われる部分を、国費で健康診断が受けられる特例区域とした。
しかし大雨地域から外れた地区にいた人たちから「自分たちの地域でも大雨が降った」などの声が上がり、同年、広島県「黒い雨」原爆被害者の会連絡協議会が設立された。
今も特例区域拡大を求めている。
市は本年度、45年当時から現在まで市内に暮らしている3万人を対象に、「黒い雨」に打たれた体験の心理的影響などを調査する。結果を基に国へ援護策の充実を働きかける方針だ。(村島健輔)

1945年8月6日、世界で初めて広島に原爆が投下されました。それから60年以上が過ぎました。現在、被爆者の平均年齢は約80歳になろうとしています。その体験を直接聞ける最後の世代である子どもたちが今、「命の大切さ」「平和に生きること」をしっかり考えよう、との思いを紡ぐため、「ひろしま国 10代がつくる平和新聞」は2007年1月、表裏2ページで、中国新聞朝刊に挟み込む形でスタートしました。
8月6日に平和記念公園(広島市中区)を訪れた人たちへのアンケート、APECジュニア会議の開催、国連の潘基文事務総長や映画監督の宮崎駿さん、聖路加国際病院の日野原重明理事長へのインタビュー、新聞博物館(横浜市)での特別展示会、書籍の発行、DVDの制作、小学5年「社会科」教科書への掲載…。
2012年2月までの5年余りの間、小学5年から高校3年まで公募で選ばれた計63人のジュニアライターがさまざまな活動に取り組み、月2回の連載は、107号でフィナーレを迎えました。
ジュニアライターは、これからも形を変えて活動を続けていきます。またお会いしましょう。

ジュニアライターの現在の活動
毎週月曜日の中国新聞朝刊「平和のページ」で
●平和活動や国際交流グループや学校を取材、紹介する「ジュニアライター通信」を掲載。

ひろしま国の紹介

ひろしま国の紹介へGO
ひろしま国は子どもたちが生きる希望にあふれた仮想の国です。
国境はありません。公募したジュニアライターが、平和に生きることをテーマに取材・執筆をしました。これからもジュニアライターは、平和に生きることをテーマに取材、活動をしていきます。編集部:電話082(236)2714

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 夏風邪と新型コロナ 症状で... | トップ | 藤井聡太棋聖、最年少二冠&... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

社会・文化・政治・経済」カテゴリの最新記事