#取手・医科歯科通信 山本 嗣信 (やまもと つぐのぶ)

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

流れ星

2019年01月14日 06時27分43秒 | 日記・断片

今朝の散歩は2時間余。
気温は1度ほど。
一人で歩いたのが1時間30分、西田さん、鈴木さんと合流して30分、
すっかり冷え切ってしまった。
利根川の堤防では風が冷たい。
星座はくっきりと見える。
金星は一際明るく見えた。
「流れ星は見えないね。最近見たことある?」と西田さんが聞く。
「流れ星は、何年も見ていないですね」
「去年は、2回見たよ。東の空に」
「そうですか、意識して空を見れば、流れ星を見るみることができますね」
「あれは、なんだろう」
「飛行機だね」と鈴木さんが言う。
「成田へ向かうのか、羽田かね」
「あの角度なら、羽田だと思う」
近視の当方は二人の会話を聞き、目の良さを羨む。
「視力は?」
「乱視が少しあるけど、1・5」と鈴木さん。
「羨ましいですね」
当方の母親は目が良く、視力は2.0だった。
とことが息子も娘も父親のように近視だった。
だが、その父親も晩年は視力1・0になっていた。
お二人は当方に無縁な株の話や金融、経済の話をしていた。

利根川では誰とも出会わなかった。

当方は先日の「どんどまつり」の話をするが、お二人とも一度も取手の「どんど焼き」を見ていない。

「田舎ではやったけどね。餅や団子を焼いた」と鈴木さんが言う。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 皆でカラオケ | トップ | 西田さんの株のアドバイス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・断片」カテゴリの最新記事