取手・医科歯科通信 山本 嗣信 (やまもと つぐのぶ)

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

暗闇の散歩

2018年03月17日 07時41分27秒 | 日記・断片
午前2時30分に目覚めたが、1時間眠るつもりであったが、次に目覚めたら4時50分になっていた。
西田さんが散歩に出る時間帯であるが、出会わなかった。
すぐに空が明るくなってきた。
○ 初鳴きのウグイス探す子猫たち
あれから1年、子猫3匹は1匹のみとなる、母猫を含めてどこへ行ったのやら。
家々の梅、昨日の雨で河津桜も花弁を散らしていた。
モクレンの花も咲いていた。
ボケの花なども。
利根川の土手したにはタンポポ。
桜のつぼみが膨らんできた。
昨夜飲んだブランデーがまだ残っているようで、頭が重い感じだ。
散歩の時間帯を変えるべきと思った。
通常は午前3時30分に家を出ているので、闇で何も見えない。
春の香を感じることもない。
暗闇の散歩で出会う人が意外と多いのだ。
なぜ、そのような時間帯に散歩しているのだろうか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 創作欄 美登利の青春 5 | トップ | 「今、できることは何か」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・断片」カテゴリの最新記事