取手・医科歯科通信 山本 嗣信 (やまもと つぐのぶ)

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

柔軟な発想で

2018年03月17日 10時08分27秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
柔軟な発想で打開策を探っていきことだ。
不可能だ、やっても無駄だ、意味がないなどと、心が引いたら何も変えることはできない。
必ず、なんとかしてみせると決めて、思索を重ね、何度でも挑戦する。
粘り強く試行錯誤を重ねていく情熱があってこそ、成果が得られるだろう。
一つ一つ野課題に必死に挑んでいくことだ。
必ず、現在の事態を打開していこう、と一念を定めれば、自身の可能性は限りなく拡大していくはず。
新しい扉は、自らの一念で開くこともできる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「今、できることは何か」 | トップ | 歯科用CADにAIを用いたプログ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

伝えたい言葉・受けとめる力」カテゴリの最新記事