取手・医科歯科通信 山本 嗣信 (やまもと つぐのぶ)

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

歯科用CADにAIを用いたプログラム特許査定

2018年03月17日 10時39分50秒 | 医科・歯科・介護
特許出願をしておりました
「歯科技工物(補綴物)をデザインする歯科用CADに
 AIを用いたプログラム」
に関して、特許庁より特許査定の通知がありましたこと
改めてお知らせ申し上げます。

出願から1年も経たないうちに、
大変スムーズに特許査定となりましたことは
驚きと同時に大変嬉しく思っております。

また、弊社が開発しているプログラムが
歯科界の発展に繋がるよう、
引き続き尽力して参る所存でございます。

今後ともどうぞよろしくお願い申しあげます。

*-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-*

デンタルサポート株式会社
広報部 中山ちはる
nakayama@dentalsupport.co.jp
〒261-8501
千葉県千葉市美浜区中瀬1-3 
 幕張テクノガーデンD棟17階
TEL 043-213-6160/FAX 043-213-6491
コメント

柔軟な発想で

2018年03月17日 10時08分27秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
柔軟な発想で打開策を探っていきことだ。
不可能だ、やっても無駄だ、意味がないなどと、心が引いたら何も変えることはできない。
必ず、なんとかしてみせると決めて、思索を重ね、何度でも挑戦する。
粘り強く試行錯誤を重ねていく情熱があってこそ、成果が得られるだろう。
一つ一つ野課題に必死に挑んでいくことだ。
必ず、現在の事態を打開していこう、と一念を定めれば、自身の可能性は限りなく拡大していくはず。
新しい扉は、自らの一念で開くこともできる。
コメント

「今、できることは何か」

2018年03月17日 09時48分13秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
「恵まれない立場にいる方が、その状況から頑張れるからいい」
そのとおりであろう。
自分が置かれた状況を冷静に見つめんがら、「今、できることは何か」と工夫や努力を重ねる。
粘り強い挑戦が、価値創造を生む。

「これ以上できないといところまでやりきる」それが青年の心意気。
「今、挑戦せず、いつやるのか?」
「すべては自身の一念で決まる」
コメント

暗闇の散歩

2018年03月17日 07時41分27秒 | 日記・断片
午前2時30分に目覚めたが、1時間眠るつもりであったが、次に目覚めたら4時50分になっていた。
西田さんが散歩に出る時間帯であるが、出会わなかった。
すぐに空が明るくなってきた。
○ 初鳴きのウグイス探す子猫たち
あれから1年、子猫3匹は1匹のみとなる、母猫を含めてどこへ行ったのやら。
家々の梅、昨日の雨で河津桜も花弁を散らしていた。
モクレンの花も咲いていた。
ボケの花なども。
利根川の土手したにはタンポポ。
桜のつぼみが膨らんできた。
昨夜飲んだブランデーがまだ残っているようで、頭が重い感じだ。
散歩の時間帯を変えるべきと思った。
通常は午前3時30分に家を出ているので、闇で何も見えない。
春の香を感じることもない。
暗闇の散歩で出会う人が意外と多いのだ。
なぜ、そのような時間帯に散歩しているのだろうか?
コメント