バイクと音楽を楽しむ前期高齢者

ロイヤルエンフィールドとグループサウンズ、カワサキWシリーズとグランドファンクをこよなく愛しています。 

20201124 カフェOTTO通信 ミニツーリング

2020-11-24 10:24:23 | バイク

11月17日(火)

ツーリング2日目、お目覚めはまたもや8時半。出発予定時刻は8時なんだが、こりゃ今日の計画は破綻。島根半島は諦めて大山にしよう。みそ汁2杯が朝食。

十神山(とかみやま)・なぎさ公園キャンプ場は安来市が管理している無料キャンプ場です。無届けでの使用は不可能ですが、電話だけで書類は不要でした。しかしサイトまでの道は分かりづらい。案内板も有りません。しかし次回も有りと思える。ステキなキャンプ場でした。

 

大山

この時期の大山はすでに紅葉は終了。しかし葉を落とした樹木の滋味あふれる姿も良いもんだ。それにこの青空。素晴らしい対比である。大山環状道路は全面的にそれを楽しめるような細道。急勾配急コーナーで4輪車ではちっとも面白くないが、バイクならハンドルを切らなくてもコーナーを曲がろうと思っただけで良いのだ・・・あ、気持ち的にだよ(^O^)

 ↑ 米子から大山寺への県道

↓ 大山環状道路

↑ 空をあんなに広く写すのは下手っぴ。but あんな青空は意識的に撮りたかったのだよ!!!

大山は見る方向によってずいぶん姿を変える。北から見ると富士山みたいですが、西から見ると牙をむいているようにも見える。

北条のあたりから国道9号線は自動車専用の高規格道路になる。制限速度は国道なのに80Km/h。これが青谷で終わり、鳥取までは渋滞気味であった。しかし高規格道路は鳥取の西まで出来上がっていた。もうちょっと西へと思ったらこの9号線は南下し始めた。ちょいと約束が違う。いつの間にか高規格道路、国道53号線になったのだ。鳥取南でUターンし、鳥取で降りる。往復10Km損したな。

この時期、ラッキョウ畑が花満開になると読んだことを思い出した。わざわざ引き返して砂丘へ。確かに花盛りだったがこんな地味な花やったのか?左下は拡大したもの。でもラッキョウの花がこういうものだと分かったので、行ってしまったことを決して後悔していない。

今宵のお宿は湯村温泉にある草太園地(くさぶとえんち)キャンプ場。県道脇から1車線のクネクネ道を1Kmほど上る。ここも初めて来る人は迷うだろうなあ。

遊具類は無く、景色もどうってこともない質素な施設。みんなで料理を楽しむか、僕のようにホテルとして使う以外に目的はないんだろう。今夜もだだっ広いテントサイトに宿泊者は僕一人。しかし110円でゴミ処理をしてくれるというので料理を楽しもう・・・包丁・まな板が無いので、結果的には煮込みラーメンになってしまいました。

ウマそうには見えんでしょう。実際ウマいとは思えませんでした。しかし野菜をたんまりと摂取しましたよ♪

なぜか疲れきり、9時就寝。

11月18日

6:30起床。ようやくまともな生活になりました。しかし今日は早めに帰りたいんでみそ汁2杯で出発。キャンプ場への入り口。クネクネ

国道9号線を東へ。村岡の信号から左へ、国道482号線を選択。これは神鍋山への道で初めて走ります。交通量はほとんど無し。どうって事のない景色ですが、気持ちの良い走行を楽しめました。

9:20,道の駅神鍋高原で小休止とお土産購入。しっかし積載状態には笑いが・・・。あの銀マット、横幅1メートルチョイ。2人用だぜ😍

電話しようと思ったのですが、「置いていない」という。この頃、電話といえば国道の道沿いで見かける程度になりました。施設からは撤去されているようです。

豊岡・和田山と抜け、梁瀬から国道427号線を南下。最後の休憩は道の駅かみで。道の駅そのものは定休日でしたが向かいの紅葉がキレイ♪

12:30、青山のコスモに到着。700Kmほどのミニツーリングでした。


コメント   この記事についてブログを書く
« 20201119 カフェOTTO通... | トップ | 20201128 カフェOTTO通... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

バイク」カテゴリの最新記事