とらたん通信

会員制で安全・安心の無農薬の農業体験交流。里山保全や脱温暖化・資源循環型まちづくり活動。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

とらたん通信9月22日

2013年09月22日 | 田舎暮らし体験交流
 イモ掘り体験と焼き芋パーティー

 9月29日(日)に和知町の小員宅の畑のさつま芋を収穫します。
集合は小員宅へ午前9時半、会員以外の一般参加者はお一人1,000円です。
収穫後は焼き芋を食べながら親睦・交流会があり、収穫したさつま芋を配分して(お一人約5㎏の予定)持ち帰ってもらいます。

 10月13日(日)は向江田町の林さん宅前の畑で行います。午前9時30分に畑に集合してください。こちらも参加費は1,000円です。


(和知町の芋畑)

 今日の畑


[白菜「サラダ」や食べきりサイズの「お黄にいり」]


[白菜「晴黄90」と「無双」]


[白菜「冬峠」など]


[15日に種まきした各種大根]


[19日に種まきした大根「干し太郎」と「つけ三郎」]


[18日に移植した「高菜」2畝と種まきした「広島菜」2畝]

この他に、カブや紅芯大根、二十日大根、青梗菜、ホウレン草、サラダホウレン草、サラダ京水菜、春菊、小松菜などが育っています。

 新会員募集中
 年会費は個人3,000円、家族5,000円で、いつでも加入できます。
 畑の収穫物は原則として従事した作業時間で配分します。
 無農薬・有機栽培なので、病害虫の被害で収穫量が激減することもあります。
 トタンとネットで柵をしているが、いつ破られるかわかりません。イノシシやシカが侵入したら全滅することもあります。このことから「捕らぬタヌキの・・・」から「とらたん畑」と命名しています。
 これから収穫できる予定は上記の野菜ですが、畑では年間を通して季節の野菜を栽培しています。
 これから来年5月~7月に収穫する「サヤエンドウ」などの豆類や「玉ねぎ」「ジャガイモ」を栽培するので、今、会員になれば来年7月まで有効です。
 天候さえ良ければ、毎日なにかの作業がありるので、いつでも参加できます。これからしは大根やホウレン草、小松菜、青梗菜などの間引きや畑周辺の草刈などの環境整備が主だった作業です。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« とらたん通信7月31日 | トップ | とらたん通信10月15日 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

田舎暮らし体験交流」カテゴリの最新記事