寅の子文庫の、とらのこ日記

本が読みたいけど本が読めない備忘録

岩波写真文庫の中から~1枚の写真

2004年12月31日 03時05分45秒 | 岩波写真文庫
No101『戦争と日本人~あるカメラマンの記録』

このナンバーを復刻ワイド版を含めて4冊、陽の当たらない書庫に収めてある。より保存状態の良いものを買い求めたからだ。戦争によって虐げられた庶民の生きざまがひとりのカメラマン一家に集約すべく、すさまじく映し出されていて大いに考えさせられる。結論はひとつ、戦争とは愚かなるべし。

目を覆いたくなるような写真群はこの1枚に救われている。70年を遡る記録写真に時代は変われど、本来人間の持つ根本的部分には何ら変化なきことを学ぶ。束の間の一時、頁をめくりながら家族らと何か?を共有したような思いにかられたが最後の1頁でタイムスリップの旅から今に戻り、腹のよじれるような切なさを感じた。一人の人間に与えられた限られた生きる時間の尊さを思い居住まいを正す。通常読書は寝転んでするのが楽しいが時として端座真剣勝負、命に刻む1冊となった。

★岩波写真文庫286冊中マイランキング-ベスト1位
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 岩波写真文庫 | トップ | ごめんなさい~年賀状ちょっ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

岩波写真文庫」カテゴリの最新記事