寅の子文庫の、とらのこ日記

本が読みたいけど本が読めない備忘録

忍者ツールズ~アクセス解析の使用感想。

2006年08月10日 06時46分48秒 | オンライン古書店
アクセス解析を導入して2ヶ月が過ぎた。
以下の記事は、津村さんの技術系サラリーマンの交差点へのコメントと重複してしまうが、導入後の感想を今一度書いて、少しでも誰かのお役になればと思う。

私が運営しているサイト、古本寅の子文庫では、本年6月6日より忍者ツールズの、無料版アクセス解析を導入している。それまでは昨年11月からレンタルサーバーのEストアーが有料オプション(2100円/月)で提供する[アクセスレポート]を本年6月まで利用した。今回、乗り換えに至る[アクセスレポート]との主な相違は次の2点で、これは忍者ツールズのサイト内でサンプルを体験することができ、導入の決め手となった。

(1)リアルタイムで生ログの閲覧、検索語(ワード、フレーズ)を拾える。
*使用中の感想~これにより、何時でも検索語が単一語(ワード)、AND検索(フレーズ)として拾えるので、探している商品(古書籍)の傾向や売り切れ中の商品棚へ追加補充の優先順位など、殆ど雑多な仕事の多い中でピンポイントに作業効率が上がった。([アクセスレポート]には生ログがなく、翌日にならないと前日分が閲覧できなかった)。

(2)サイト内全ての頁を重複しないカウントと重複するカウントで、一度に棒グラフで確認できる。
*使用中の感想~これはページ毎に重複しない訪問人数と、訪問延べ人数をチェックできるので、一目でどのページ(ジャンル)に人気があり、逆に誰も見ないページの手直しやジャンルの絞込み、サイト全体の修正箇所を的確に掌握できるようになった。

今回、アクセス解析(=忍者ツールズ)を導入するにあたり一番心配だったのは、以前の投稿、アクセス解析~忍者ツールズを導入(6/9)の記事でも書いたが、見られている側の心理で、『見張られている』という居心地の悪さが祟り、2度目以降の訪問を敬遠されはしないだろうか、という一点だった。それはネットでお店を開いている以上、致命傷にならなければと気を揉んだが、導入後も以前と同じようなペースで注文が入るので、取り越し苦労であったかと思う。いたずらに警戒して導入をためらうよりは、キチンとした解析結果を足場にして、より良い店作りに精を出したほうがより賢明ではないだろうか。勿論、有料にすれば手裏剣のアイコンは消えるので訪問者に神経を使うこともなく、気になる人はそちらを選べばよい。なお、訪問者は必ずしもトップページからとは限らない、正確なデータを取るには面倒でもサイト全体(全ての頁)に解析を設置しなければならない。

この1ヶ月間(7月10日~8月9日迄)の訪問者数を例にとれば(サイト内全45ページにおいて)、
*重複しない訪問者数2656人(重複6147人)に対し、1度きりの訪問者数は2095人で全体の78,8%であった。2656人から2095人を引いた561人(26,7%)が2回以上のリピーターで、多少大雑把に振り分けたが訪問頻度は次のとおり。

・10回未満の訪問者数=226人(10,7%)
・10~49回=164人(7,8%)
・50~99回=86人(4,1%)
・100~299回=76人(3,6%)
・300~699回=9人(0,4%)

この辺の数字は、解析を始めてまだ2ヶ月なので正直、何とも言いようがないが、当面はリピーター数の推移を静観しながら、解析の結果を踏まえた上で地道なサイト作りに徹するしかなさそうだ。

また、後になって気が付いたのだが、ディスプレイの[複合統計]という機能(1024X768X32bitなど)は、訪問者の見ているモニタの大きさ(解像度)とカラーモード(32、16bitなど)が分かるので、自分の作ったサイトを画面の向こうではどう見ているか?果たして見やすいサイトに仕上がっているか、そうでないのかを伺い知ることができ、今後にサイトの刷新または抜本的に改造する上で、大いに役立つと思う。ちなみに同じ1ヶ月間では、第1位は1024X768ピクセルX32bitで1129人(48,8%)、2位が1024X768ピクセルX16bitの554人(26,4%)で、合わせて1,683人(80,0%)が1024X768ピクセルの画面で訪問していることが判った。私のサイトは、どのページも横幅が820ピクセル以上に作ってあるので、それはページの右側一部が常に隠れているという解釈になる。マウスで右にスクロールしなければ商品単価とショッピングカートは永久に見られることはない。この失敗は全ての訪問者はサイト運営管理者(=私)と同じ環境では見ていないということを今更のように教えてくれた。

注意深く見ていけば解析の結果から得られるお店作りの材料は幾らでも発見できる。これで無料となれば、もう使わない手はない。導入後2ヶ月経って、いま普通に毎日使う機能は、(1)検索フレーズ、(2)ページ毎アクセス一覧、(3)時間毎アクセス推移ぐらいに絞られつつあるが、これは目的と手段の関係で他の機能もいつ何時、如何様にも使えるから心強い。使用感想としては大体そんなところだがあえて、一言付け加えるとすれば、それは使う側のモラルの問題で、解析を使って訪問者を特定しようなんて興信所の真似事こそ時間の無駄で、また暇でもないだろうからくれぐれもやらぬようにー。

総じてアクセス解析の導入(忍者ツールズに拘らず)は、津村さんがコメントに返してくれた言葉を借りれば、(1)ビジネスサイトである以上、より顧客ニーズに合ったサイト作りの為にアクセス解析は必須であり、(2)閲覧者は、オンラインショップのオーナーに閲覧履歴がわかったところで気にはならないもの、ということか。 思い置きは腹の病で、先ずは勇気を出してアクセス解析を堂々と設置してみることだ。それから先のことは先でまた考えればよい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
« 夏風邪抜けて、かつおの塩辛... | トップ | 伊東の花火に行く~日常を離... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
応援してます!? (mytech)
2006-08-10 21:56:58
寅の子文庫さん、こんばんは。



忍者ツールズ~アクセス解析の詳細な分析、すごいですね。よく言うPDCA(Plan→Do→Check→Action)サイクルを回すことで、オンライン書店サイトが進化するであろうと、陰ながら応援しております。・・・余計なお世話かもしれませんが。(笑)



「全ての訪問者はサイト運営管理者(=私)と同じ環境では見ていない」はまさにその通りですよね。Webの世界は勝手気まま世界で、見る側の環境によって如何様にも見えてしまいます。ここがサービスを提供する側のとても厄介なところで、有名なサイトでさえ、技術やコスト的な問題からWindows+IEに限定しまっているところが多々あります。

OSにしても、Windows、Mac、Linux、Unix、その他携帯など独自OS。ブラウザにしても、IE、FireFox、Opera、Safari、NetScape、携帯などの独自OSとあり、それぞれのバージョンや機種(PC)との組み合わせを考え出したらきりがありません。で、結局、多数を占めるOSやブラウザを前提に動作確認するのが現実ですよね。

さらに突っ込めば、ブラウザの文字サイズってIEにはありますが、他のブラウザにあるんでしょうか?という問題もあったりあします。



もう一方、サービスを提供する側は、お客様にいかに安全でまた信頼をもってインターネットを利用していただくかという問題があります。

その手の方々に、評価を受けているという三井住友銀行さんの簡単!やさしいセキュリティ教室(http://www.smbc.co.jp/kojin/security/index.html)というサイトがあります。この「Case3:そのメール、本物ですか? そのホームページ、本物ですか?」そして「Case4:お使いのパソコン、本当に大丈夫ですか?」がサービス提供者及び利用者ともに参考になるのではないでしょうか。この内容ではまだまだ甘いという評価をする専門家がいるのは確かですが、一般的にはよい評価を受けています。

ここのサイトに書かれているように、SSLは「どこを相手に暗号化通信を行っているか?」、つまり、相手(サイト)の証明と暗号化という2つの大きな意味を持っています。ドメインという意味ではIPひろば(http://www.iphiroba.jp/)などで、ドメイン検索してみるのもひとつの手ではないでしょうか。



最後に、私はWebやネットワーク、セキュリティの専門家ではありませんので、一部嘘(誤認や思い込み)があることをご承知おきください。

余談ではありますが、オンライン書店をMovable Typeで構築してみるというのはいかがでしょう!?

さすがです! (ハロル堂)
2006-08-12 07:24:16
こんにちは、私も忍者ツールズを導入しようと

申し込みをしているものの、ほったらかしにしています・・。

寅の子さんの記事を読んで、とても勉強になりました。ありがとうございます!
やさしく挑戦していきます。 (寅の子文庫)
2006-08-12 08:29:27
mytechさんおはようございます。

コメントありがとうございました。



私は平成元年に弱い自分が居てパソコンで挫折しました。その後10年間、まったくパソコンのない環境に居ました~インターネットへ接続したのは平成12年、習うより慣れろで、表面的な操縦はマニュアルを読みながら人並み程度には出来ますが、それでも昔の挫折がトラウマになって体の芯でくすぶっているようです。よく、オンライン古書店なんぞ、のんきなことを始めてと、笑われますが、実はこれとて心の傷を克服せんが為、無意識から出た駒ではなかったかと、もう一人の自分をそこに見つけるような思いです。



話が最初から脱線してしましました?

そんないきさつがあって今でも自分の中に敷かれた一線は越えられないようです。本当はあれもこれもと、マニュアルを読み漁って、もっと貪欲に何でも挑戦、サイトもどんどん作り変えたいんですが、それができないのです。ネットで商売をしている以上、パソコンは生活の一部として切り離せませんが、お店が主でパソコンは従の関係をひっくり返すとパソコン中毒にかかるので気をつけなくてはいけませんね。



三井住友のセキュリティの紹介、ありがとうございました。私も決済銀行に三菱UFJをパソコンで使いますが最近、パスワードが違うとはねられて電話すると、係りの方がその画面は本物かどうか執拗に確認をしていました。IP検索をもっと前に知っていればワンクリ詐欺に遭っても狼狽しなくて済んだのにって、感じですか(汗)。



私は専門的なことはまったく理解していないというより、殆ど勉強不足なので、mytechさんのお話にはいつもまったく脱帽です~最近携帯メールから何件か続けて注文が入ったのですが、携帯電話とパソコンの関係がさっぱり分からないのです。『育児な手帖』のようにモバイルでやってみたいという願望はありますが、当の本人が携帯を使わないので困りものです。



何がなんだか書いているうちに収拾がつかなくなってしまいましたー。パソコンについてはやさしく挑戦していきます。

mytechさんご返事がおそくなってすみませんでした。今後とも宜しくお願いします(^-^)/
さあ始めましょう! (寅の子文庫)
2006-08-12 10:21:10
ハロル堂さんこんにちは。



アクセス解析って聞くと誰でも始めは物々しい感じで、私も以前は手裏剣マークを見る度に警戒して避けていたんですね、でも、いざ自分が使ってみると全然?健全だし、使う側(店主)としては暇ではないのでIPアドレスから訪問者を特定しようなんてことはそれこそ時間の無駄でやらないし(している時間もないだろうし)、見られている側の『居心地の悪さ』こそ、まったくの無用の心配でした。ネットで商売していればむしろ使わないほうが不自然なくらいに今は思っています。



私は経費節減で無料版を設置しています。有料版でも機能はほぼ同じで、手裏剣マークの見える・見えないのことだけですから、さあどうですか?導入してみてくださいな。



PS~静岡商業の次の相手は京都(^-^)/

マイペース (mytech)
2006-08-13 22:55:49
寅の子文庫さん、こんばんは。



今日は子供たちをつれてBBQでした。車でビールも飲めず、健全なBBQです!?

それはさておき、ちょっと余計ないことを書いたかもしれません。すみません。

寅の子文庫さんをはじめ、皆さんそれぞれのペースでやるのが一番だと思います。私の職業はパソコンとは切っても切れないのですが、でもパソコンすることが目的ではなく、あくまでもパソコンは道具です。道具を使うことで、こうして寅の子文庫さんともこうして知り合うことができた訳ですし、道具は使いようですよね....。



・・・育児な手帖も忍者ツールズ~アクセス解析導入してましたから、警戒して避けられていたんですね。
人は人で、マイペースを続けます。 (寅の子文庫)
2006-08-14 06:40:29
mytechさん、おはようございます。

CQもいいけど、BBQはまた最高ですね、焼きそばにはゴーヤは入れましたか?井戸水で冷やした西瓜も切りましたか(^-^)



人生は山あり谷ありでちょうど良いのかも知れません。私も挫折したとき津軽や下北の海岸線を10日もほっつき歩いて来ました。道端にある石ころひとつにも意味があるように、挫折したこともよい経験で、今の私が在るように思います。誰でも生き方の尺度は違いますから人は人、私は私という考え方が今はできるようになりました~mytechさん、大丈夫です、私もマイペースで続けます。お気遣いありがとうございます。



そうそう、『育児な手帖』にも手裏剣のマークありました。さりげなくあの場所で忍び足!いい感じです。



立秋を過ぎてセミが庭のあちこちに落ちています。今朝はセミの大合唱も無く、とても静かな朝、早起きしてパソコンに向かうこの時間帯をいつも大事にしています。さあ明日には母さんこどもが帰って来ますよ(^-^)v
Google Analytics (mytech)
2007-02-08 01:03:27
こんばんは。
ふと思い出して....ご存知かもしれませんが、ご紹介を。最近、育児な手帖では忍者ツールズと同居する形でGoogle Analytics (http://www.google.com/analytics/ja-JP/)を導入しています。まだまだデータが溜まっていないのですが、レポート表示すごいです。とても無料とは思えません。そして、こちらは、手裏剣のようなものは出ません。導入も難しくありません。ユーザ登録してあるコードをHPに貼り付けるだけです。
ありがとうございました。 (寅の子文庫)
2007-02-08 07:31:41
mytechさんお早うございます。
耳よりな情報をありがとうございました。
今、途中まで登録していざ、コピー&貼り付けまで行き着いたんですが中断してしまいました。優先順位を考えたら他にやることが山積み状態なので、取りあえずは、後回しにとっておくことにしました。育児な手帖さんにはいつも教えてもらうことだらけですね。グーグルアースも今ではデスクトップに置いて重宝していますよ。mytechさんいつもほんとうにありがとうございます。
有効利用できると思います (mytech)
2007-02-08 12:18:06
こんにちは。昼休みです。

 Google Analyticsは基本機能しか今のところ利用していませんが、ブログよりもショップでその効果が発揮できそうなツールです。データを貯めるといういみでは、全ページに貼りつけておくだけでもよさそうです。例えば、同じコードを全頁に貼り付けるだけでも、どのページがどれだけ参照されたのか見ることができます。
 そして、統計好きにはその分析が楽しいです。ハイ。
積極的に、検討します。 (寅の子文庫)
2007-02-08 12:43:47
mytechさんこんにちは。

>統計好きにはその分析が楽しいです。ハイ。

極めて積極的に、検討してみます(^-^)/

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

オンライン古書店」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事