肯定的映画評論室・新館

一刀両断!コラムで映画を三枚おろし。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『パッチギ!』、観ました。

2005-09-29 18:51:46 | 映画(は行)

パッチギ!スタンダード・エディション ◆20%OFF!

 『パッチギ!』、観ました。
1968年、京都。高校2年生の康介は、担任からの指示で親友の紀男と敵対する
朝鮮高校に親善サッカーの試合を申し込みに行く。そこで康介は音楽室で
フルートを吹くキョンジャに一目惚れするが……。
 大スターはなくとも強烈な個性をいかすキャスティング、、なかなか良いじゃ~
ありませんか。毒の効いたセリフに、人情味たっぷり会話の味わい、、これまた
良いじゃ~ありませんか。ただ、ボクの正直な感想を聞かれれば、返答に困る…。
実は、イマイチ乗り切れなかったんだよねぇ~‥‥というのは、劇中で
これでもかこれでもかと挿入される喧嘩シーンと暴力描写。虐(しいた)げられて
きた者の悔しさと哀しみ…、そのはけ口を表現する上で“暴力”を全く描くなとは
言わないけれど、今作の場合は必要以上に描き過ぎてるかなと……。確かに、
日本人と在日朝鮮人が分かり合うには、その歴史認識について…、それぞれが
置かれた境遇について…、“真正面”から向かい合わなくちゃいけない。
しかし、それが《=暴力》かと言えば、それもまた違うと思うんだけどね。
 さて、映画は、そんな暴力シーンの一方で、日本人と在日朝鮮人、若い男女の
恋模様がみずみずしく描かれている。“言葉”ではなく“ハート”で‥‥
その真心と真心が触れ合ったときに芽生える愛。。それが、最も象徴的に
描かれるのが、円山公園の送迎会…。主人公と在日のヒロインが、それぞれに
楽器を持ちよって演奏される「イムジン河」の温もりは、周囲の冷たい“偏見”や
見えない“心の壁”を溶かしていく。何とも優しい気持ちに包まれる名シーンだ。
 それにしても、ラジオディレクター役で登場!、ハウンドドッグ・大友康平は、
僅か数分の出演ながら、涙も…笑いも…オイシイところを全部持っていってしまう。
ホント、キャラ強い人は得だよなぁ~(笑)。

 


コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 『ゲロッパ! GET UP』、観ま... | トップ | 『過去のない男』、観ました。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(は行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

4 トラックバック

パッチギ! (いつか深夜特急に乗って)
「パッチギ!」★★★★★(盛岡フォーラム2) 2004年日本
パッチギ! (ネタバレ映画館)
 自腹で見なきゃいけないと思いつつ貯まったポイントで観てしまった。「横山ホットブラザーズはこの時期にはもう活躍していたんだなぁ」と妙なところに感心しつつも、見事な青春映画に仕上がったと感じましたよ!  発売中止という措置を取られた「イムジン河」を二人の恋
パッチギ! (月影の舞)
「パッチギ!」   2005/日本/監督:井筒和幸 ものすごく深いテーマを笑いに包み込んで さわやかにして、おもろしい青春映画にしたねって感じ。 ロミオとジュリエットというふうに悲恋を押し出してないとこがいい。 恋物語よりも友情の方がいい感じになっている。
パッチギ! (映画、言いたい放題!)
私の周りでとても評判がよく やっとDVDを借りて見ました。 政治的配慮から発売中止となり、 放送も自粛されてきた「イムジン河」が発表された翌年の1968年の京都。 朝鮮学校の少女に一目惚れした日本人高校生の恋の行方と奮闘記。 日本の高校生と朝鮮高校の対立、北朝