八重柏冬雷の書道散策

書表現は無限。様々な書表現を紹介。書道を楽しむ講座も開講。問合せは冬雷公式HP http://torai-y.com へ

子供たちはすごい

2007-12-16 | 諸々

子供たちに篆刻というか、
ハンコ作りを教えてきた。
小学生である。
2時間で作った作品である。

象形文字に興味を持つ子が多く、
こちらがびっくり。

その造形を捉える力に驚く。

特に右上の印は、
「竜」で小学校1年生のもの。

空間を大きく捉え
見事である。

唯一の朱文の印は
6年生の作品。

発想もおもしろい。

時間をかけ、
運刀の技術を教えたら、
すごいことになりそう・・・・。

楽しい時間であった。

Blogランキングに参加しています。
↑応援の一押しをお願いします。


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 冬有雪 | トップ | 干支文字切手 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同感です。 (kobottomo)
2007-12-17 12:24:27
ぼくも
そんな機会を持っていますが、
子供の力はすごいのです。
小学校の2年生くらいでも
ちゃんと刀を握って
刻すんですよ。
年齢が問題なのではなく、
やる気の問題だと
つくづく思うのです。

やる気のないのには
いくら伝えようとしても
伝わらない。
刃物が危ないだけです。


私も同感です。 (yayoi)
2007-12-17 19:12:40
私は子供たちに書道を教えていますが、やる気のある子はすごいです。おねいちゃんに負けるのがいやで、おねいちゃんの倍は書いていきます。すごい勢いで伸びています。それに子どもたちと話していると楽しいです。
kobottomo様 (toraian)
2007-12-18 21:29:08
そうですよね、
やる気の問題ですね。
 
口をとがらせて
必死になっている子供は
たのもしい。
yayoi様 (toraian)
2007-12-18 21:32:10
コメントありがとうございます。
子供たちを教えていて得ることは
たくさんありますね。
何といっても夢中になっている姿に感動します。
そして子供の発想に驚きます。
いつまでも子供と接していたいですね。
Unknown (Unknown)
2007-12-19 23:43:20
いまでは子供の甲高い声とも遠ざかり、近くの公園でたまに子供の声に接すると、なにやら懐かしい思いにひたる。
Unknown様 (toraian)
2007-12-20 22:27:45
コメントありがとうございます。
生き生きとしている声はいいですよね。
こちらも元気になってきます。

コメントを投稿

諸々」カテゴリの最新記事