フィリピンも様変わりしたもんだなぁ

経済発展が著しいフィリピンでありますが、底辺のローカルの方々とのコミケを発信します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フィリピンの物価と移住生活

2018-04-22 15:25:10 | ストレス解消
こんにちわ(^o^)

今日も快晴のフィリピンです。

昨今のフィリピンは交通渋滞が凄まじいです。

今や一家に一台の車は当たり前になりつつあります。

ほんの10年前は日本から送られた中古車!正確に申しますと日本では使い物にならないポンコツ車が、右ハンドルから左ハンドルに付け替えた車がメインでした。

パジェロ、ビッグホーン、ランクルなんて、わぁ〜お金持ち!

日本じゃ5万円くらいで売られてる年式です。

それが今じゃ新車だらけですよ。

田舎の低所得層でも、一家に一台!いやいや家族人数分のオートバイを持ってる時代であります。

それで貧乏と言われてもなぁ〜(^o^;

明らかに底辺の生活水準は上がってます。

学生も昼飯に、マクドナルド等で食事をしてる光景をよく見受けます。

プライベートスクール(私立)のお子様なら、親がリッチだからなぁと筆者も納得なのですが

公立学校の子供達も多く見受けられます。

筆者の幼少期と同じ状況であります。
筆者は日本の都市部で育ちましたから駅前には、マクドナルド等のファーストフードがございました。

マクドナルドで暇を潰した幼少期ですが、大人達からすれば、スレたガキ共!だったでしょうね(^o^)

筆者も歳を重ねフィリピンの地で、当時の周囲の大人達の気持ちが理解できております。

スレたガキでした!申し訳ございませんm(_ _;)m

この様な状況のフィリピンですから、日本と同じ感覚の生活を送りますと
日本以上に生活費が必要になります。

とは言えね〜日本で老後を暮らすよりと思って移住される方々が多いですから

我慢と言われても、日本に居る時より我慢してるよ!となるのでしょうね。

実際に我慢だらけなら、夢みた海外移住生活!も意味が薄れます。

でもそんな中を模索しながら生活するのが海外生活なんじゃないかなぁ
と筆者は思っております。

何よりも暖かい日が大半ですから、身体には負担が少ないですよね。

さてさて今日もぐるりと探検して来ます!

本日も素敵な時間をお過ごしください!

Torachangより


コメント

環境を守ることで得ること、それはこの国では死活問題

2018-04-21 15:52:37 | ストレス解消
こんにちわ(^o^)

フィリピン夏なんですが、いまいち暑さが…

この時期でスコールが多いです。冷夏ですね。とは言え日本人の我々からすれば十分に暑いです。

たださほどエアコンを必要としないですから、耐えられる暑さとでも言えるのでしょう。

筆者もお空の不安を抱えつつ、少しばかりの外出してまいりました。

蛍のクリスマスツリーでも見たいなぁ〜なんて思いまして

ただ残念ながらクリスマスツリーには程遠い蛍の光でありました。

やはり環境汚染が進んでるのでしょうね。

2〜3年前は、日中は青と黄が綺麗なカワセミがこんなにも間近で観れるの??と驚き!

夕刻にはクリスマスツリーの蛍の光を観賞して、自然の醍醐味を味わいました。

たった僅かな時間でその醍醐味は失われております。

耳をすませば、蝉の鳴き声も殆ど無いです。

昨今ドテルテ大統領が、観光地の環境汚染を危惧して、観光地の閉鎖と再整備を命じました。

これには賛否両論はありますが、筆者の率直な思いは、よくぞ決断した!
であります。

世界的にも有名なボラカイ島でありますが、筆者も大好きでして8年前から毎年訪れております。

本当に綺麗な島でした。過去形になってしまってるでしょう。

あの島を元通りにするには、閉鎖しかありません。しかしながら多くの大手リゾートホテルや多くの投資家による様々なビジネスが存在しております。

そしてそれらは少なかれフィリピン政府の財源に役立っております。

もっと言えば、有力な国会議員の利権が多く絡みます。

それらを敵に回して閉鎖することは歴代の大統領には出来なかったです。

まっその様な能力が無かった!あるいは小金の利権で満足していた!のかも

日本の政治家も似たりよったりですがね。(^o^)

この国は環境保護をしないと、まともな外国人が訪れなくなってしまいます。

ただただ人件費が安いだけの国になってしまいます。

人件費が安いなら多くの企業が?

いやいや法律の問題もございますが、
イメージも大切であります。

一昔前ですと、フィリピンに行ったイコール女遊び!

最近は、語学留学や若者起業家がイメージを変えるべく頑張ってくれております。

そんな意味合いでもハードの部分の環境は大切であります。

それは将来的に、まともな仕事でまともな会社に働けるチャンスが拡がると私は思います。

私が最初に訪れた10年前は、フィリピン女性の勤め先などは水商売が殆どでありました。男性は殆ど職が無かった。

今や学歴を多少持った者は、語学学校で先生として職を得ております。

よい環境ならばもっと他業種の進出があると筆者も思っております。

蛍のクリスマスツリーをもう一度観たいですから

Torachangより
コメント

アンビリバボー!映画の話しはホント!

2018-04-19 09:10:00 | 現地の出来事
おはようございます。

本日も宜しくお願い致します。

昔のホラー映画のエクソシスト!

御存知でしょうか?

筆者は所詮は映画の作り話し!

な〜んて思ってましたが、フィリピンはカットリック信者の国ですから

筆者の住いの近所の老人なんですがね。

マジックパワーを持つと以前から評判であります。

いゃ〜フィリピンクオリティーのマジックパワー??(^o^)

その様な半信半疑?イヤイヤ全疑!です。

その老人が、いよいよボケで寝たきりなってしまったのですが

なんとある日突然に、英語だけ喋り出したのです。

因みに、こちらの老人はさっぱり英語は話せません。聞きとりさえもできませんでした。

それが、なんとイギリス英語で喋るんですよ!かなりレベルの高い単語を使い、アクセントも綺麗なんです。

更に老人は、夜中になりますと歩きだしAve Mariaの歌を歌うとな!

老人の家族は、すっかり恐れてしまい老人の養護を放棄する始末であります。

Ave Mariaの歌は、確か私はそちらの世界に行くので迎い入れてください。

その様な内容と聞いた記憶が筆者にはあります。

つまり老人は死を覚悟してるのかな?

ついに教会の本部の如何にも偉そうな神父さんが訪れ

悪魔払いの祈りを...

映画ですと、ここで神父さんに悪態をつくのですが

しか〜し!何もない!

とっ思いきや!

老人に掛けた十字架のネックレスが...

切れました!ゲッコワッー!

そして何語か解らない言葉で神父さんに話しかけております。

その後に老人がおとなしくなら眠りました。

すると神父さんが終わりを告げました。

なんと老人は翌日には、現地語を喋り英語には反応しません。

その2日後に他界を致しました。

前々から、フィリピンではこの様な話しを聞いておりましたが

実際に目の当たりに致しますと、ただただ驚きであります。

ただ老人と家族とのトラブルを後に聞きましたが、

無念だったんだろうなぁと筆者は感じております。

老人の最後は孤独でありました。

筆者は、老人のご冥福を祈っております。

昨今は移住してきた邦人の孤独死も多いと聞いております。

筆者も色々な意味で考えさせられます。

本日は現地の出来事をアップ致しました。

本日も素敵な1日をお送りください!

Torachangより

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
コメント

海外移住がしたい!フィリピンは安全?

2018-04-17 21:55:37 | 日記
おはようございます(^o^)

もの凄く、おはようございますの時間です。^_^;

本日の題材でありますが、よく筆者の友人から質問される内容であります。

フィリピンと聞きますと大半の日本人は、危ない国!と反応致します。

まっ確かに安全な国ではありません。

しかし筆者の数少ない訪問した他の国々と比べますと安全な部類かなぁ

筆者の経験では、南米はめちゃくちゃ怖かったです。

現地の方々の眼のギラギラ感が刃物の様に鋭かかったと印象があります。

あとスペイン語やポルトガル語を甲高い声で話されると、怒ってる??と印象を持つのは筆者の偏見???

*昔ジーコ監督のインタビュー聞いてて酔っ払い?(^o^)

海外に暮らす筆者から致しますと、昨今の日本のニュースでありますが、筆者の若き頃のニューヨークやロスアンゼルスと大差ない事件が、日々日本で報道されてる印象が拭えません。

えっ!こんなこと日本で?!

*ハリルホジッチ前監督も同意見でしょう!(TT)

とは言え世界一に安全な日本から致しますと、どの国に行っても我々日本人は危ない国だなぁ!と印象を持つのが大方だと想像いたします。

それではフィリピンの場合は?危険を未然に防ぐ方法は、比較的に容易いのではないかなぁと筆者の意見です。

単なる移住先として暮らすならば、危険な方々と関わらないことで事件に巻き込まれないと思いますよ。

それが見抜けたら苦労しないよ!
なんて言われると思います。

異国の地で寂しくなってしまうのは何故なんでしょうね?

その寂しさを埋める為に何を致します?

昔から類は類を呼ぶと言います。

自身を磨けば、磨かれた類が現れるます。

せっかく自身を新しくする移住なのに、日本に居た時の姿勢を引きずるのでしょうか?

周囲の方々は、日本から来た日本人としか知らない環境では?

筆者の経験上で、この様な環境に身をおけない日本人の移住者は、ほぼ長続きせずに日本に帰国を致します。

日本の延長線生活を望むなら、海外生活は憂鬱そのものであります。

年配者でも若者でも、新しい人生のスタートの地であります。
生まれた赤子でありますから、
多くを学び、自身を磨くことだと思います。

そのことは、海外生活をエンジョイすることや身を守ることに必ずや役立ってると筆者の経験であります。

フィリピンの場合は、この点をしっかりすれば、安全面や金銭的にも安心して暮らせる国です。

さ〜て歯磨きをしてこなくちゃ

本日も良い1日であります様に!

Torachangより





コメント

海外生活でストレスは溜まるのは何故?

2018-04-17 07:57:07 | ストレス解消
おはようございます(^o^)

現在はフィリピンは真夏の時期ですから朝から暑いです。

そんな暑い中で昨日はブログを投稿予定でしたが...

ブログの運営会社より一通のメール!

訪問者、アクセス数 ゼロ!!

解っちゃいますがね〜

思っきり独り言かい!と落ち込み(T_T)

危うくメンタルの面で挫折するとこでした。

しか〜しです!もう一度メールを読み返してみますと...

「先週のアクセス数」

おっと!つまりブログ投稿以前!です。

なんですなぁ

この嬉しさは...受験で合格した時の様な(^o^)

早速に気を取り直し投稿と思いきや

フィリピンクオリティのネットスピード!

いかんいかん!ここは…

「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトドギス」

*裏庭でニワトリが「コケッコー」と煩い!

そう自身に言い聞かせました。

海外生活では、何事もポジティブにとらいとダメですね〜(^o^)

文章一つにしても、アバウトに読みがちの最近の筆者であります。

そんな筆者を日本人のDNAが慎重繊細に呼び起こしてくれます。

これが良いタイミングですと、海外生活も快適!快適!なのですが

常日頃から慎重繊細になってしまいますと…

外出も怖い、食事は汚い、文化が合わない、何よりも言語が覚えられません。

筆者の場合は、アジア人に偏見が強いアメリカの地域で海外生活がスタートを致しました。

英語レベルがゼロレベルなのが幸いしたんでしょう。

差別的な言葉が解らなかったから(^o^)

後々に言語を覚えますと、いゃぁ〜めちゃくちゃ酷い言葉を浴びせられたんですよ。(^o^)

空港の入国審査官なんか酷い言葉ですよ〜

まっ彼らもストレス発散なんでしょうね(^o^)

そういう面ではフィリピンは恵まれてると筆者は思います。

本日も無事に投稿完了です。

内容の薄いブログですが、お付き合いを宜しくお願い致します。

Torachangより
コメント