フィリピンも様変わりしたもんだなぁ

経済発展が著しいフィリピンでありますが、底辺のローカルの方々とのコミケを発信します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アンビリバボー!映画の話しはホント!

2018-04-19 09:10:00 | 現地の出来事
おはようございます。

本日も宜しくお願い致します。

昔のホラー映画のエクソシスト!

御存知でしょうか?

筆者は所詮は映画の作り話し!

な〜んて思ってましたが、フィリピンはカットリック信者の国ですから

筆者の住いの近所の老人なんですがね。

マジックパワーを持つと以前から評判であります。

いゃ〜フィリピンクオリティーのマジックパワー??(^o^)

その様な半信半疑?イヤイヤ全疑!です。

その老人が、いよいよボケで寝たきりなってしまったのですが

なんとある日突然に、英語だけ喋り出したのです。

因みに、こちらの老人はさっぱり英語は話せません。聞きとりさえもできませんでした。

それが、なんとイギリス英語で喋るんですよ!かなりレベルの高い単語を使い、アクセントも綺麗なんです。

更に老人は、夜中になりますと歩きだしAve Mariaの歌を歌うとな!

老人の家族は、すっかり恐れてしまい老人の養護を放棄する始末であります。

Ave Mariaの歌は、確か私はそちらの世界に行くので迎い入れてください。

その様な内容と聞いた記憶が筆者にはあります。

つまり老人は死を覚悟してるのかな?

ついに教会の本部の如何にも偉そうな神父さんが訪れ

悪魔払いの祈りを...

映画ですと、ここで神父さんに悪態をつくのですが

しか〜し!何もない!

とっ思いきや!

老人に掛けた十字架のネックレスが...

切れました!ゲッコワッー!

そして何語か解らない言葉で神父さんに話しかけております。

その後に老人がおとなしくなら眠りました。

すると神父さんが終わりを告げました。

なんと老人は翌日には、現地語を喋り英語には反応しません。

その2日後に他界を致しました。

前々から、フィリピンではこの様な話しを聞いておりましたが

実際に目の当たりに致しますと、ただただ驚きであります。

ただ老人と家族とのトラブルを後に聞きましたが、

無念だったんだろうなぁと筆者は感じております。

老人の最後は孤独でありました。

筆者は、老人のご冥福を祈っております。

昨今は移住してきた邦人の孤独死も多いと聞いております。

筆者も色々な意味で考えさせられます。

本日は現地の出来事をアップ致しました。

本日も素敵な1日をお送りください!

Torachangより

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
コメント