広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

竹田君の話

2009年08月11日 | ショートショート

先週、竹田君に再会した。20年ぶりだった。
それが失礼な奴で、駅ビルでばったり会ったんだが、笑って逃げやがった。
竹田君は中学の時からいつもニコニコしていた。真ん丸顔でニコニコしているから、スマイルマークにそっくり。
エスカレーターで2階に上がる竹田君を見かけたので声を掛けた。お得意の満面のスマイルで僕に手を振った。それで、僕もエスカレーターに乗って追いかけたんだ。2階に着いてみると竹田君はいない。ここで待っていると思ったのに。どこ行ったんだ?・・・と、3階を見上げると、エスカレーターを上がりきったところで笑っているんだ。
「おい、竹田!ふざけんなよ。待てよ!」
僕は声をかけて、3階に向かった。エスカレーターを登りきると、また竹田君がいない。まさか・・・4階を見上げると、竹田君がいた。そして、僕を見てスマイルしてやがる。畜生!4階に上がると、やはり5階にいる。クソッ!僕は5階に登った。
・・・だが、5階は関係者以外立入禁止になっていた。
どこに行った?からかうのもいい加減にしろ!中学生じゃあるまいし、ビルの中でかくれんぼかよ!
各階を順番に歩き回った。竹田君の方からいきなり肩をポンと叩くかもしれない・・・でも、結局、その日、竹田君を二度と見なかった。からかいやがって!今度会ったらとっちめてやる。

そして今日、僕は中学のときの同級生の葬儀に出た。中学のときから病気がちな娘だった。
僕は、中学の仲間に久しぶりに会うのを楽しみにしていたし、竹田君にはちょっと文句を言わなければなるまいと思っていた。
葬儀場に入って、式の始まるのを待っていると、前の席の二人の男が話し始めた。
「俺たちの学年、不幸ごとが多いな・・・」
「ああ、竹田のこと知ってるか?」
「ひどかったらしいな。仕事の都合で式に行けなかった。事故か?」
「ああ、竹田は高速の片側通行の工事現場で働いていたんだ。深夜、そこに時速130キロで大型貨物トラックが突っ込んだ。即死だったそうだ。ペッチャンコになって。何が起きたか知らずに笑顔を浮かべたままだった・・・本物のスマイルマークになっちまったわけさ」
「いつの話?」
「もう一年になるかな・・・」

もう一年になるかな、だって?・・・じゃあ、僕が先週見たのは何だ?スマイルで僕に手を振ったのは誰なんだ?
前の席の男が僕の方に振り向いた。
「誰って・・・そいつ、こんな顔だろ?」
男の顔はスマイルマークそのものだった。
一緒に話していた隣の男も振り向いた。やっぱりスマイルマーク・・・
「大丈夫、幽霊が見えるってことは、君も仲間じゃないか」

エ?仲間?・・・僕は自分の顔を触る。冷たい・・・しかも、真ん丸。心臓は?・・・動いていない・・・僕は、僕は死んでいる・・・!
ウワァァァァ!
思わず叫び声を上げて、立ち上がる。
葬儀場の全員が一斉に僕を見る。全員が全員、スマイルマークの顔だった。
前の席の男が優しそうに慰める。
「大丈夫。僕たち、みんな死んでいるんです。『竹田君の話』を知ることができるのは、死んだ人間だけですから」
ジャンル:
小説
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帰郷 | トップ | 嗚呼、血吸う蜥蜴の怪 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (なおきち)
2009-08-11 06:04:00
「それは、こんな顔じゃなかったかい?」と言って、顔を上げたら実は・・・なんて。日本のホラーでは馴染み深いシチュではありますが、
私はこの手の場面にものっ凄く出会いたくないので、かなり怖かったです。。(汗

主人公は竹田君に会った時点で死すべき定めにあったのか、それともとっくの昔に死んでいたのか、気になりました。



なおきちさんへ (矢菱虎犇)
2009-08-11 09:25:49
やっと夏らしい気候になってきたので、ここは季節に相応しく、怪談をいくつかやってみようかな?なんて、書いちゃいました。
「こんな顔じゃなかったかい?」なんて言って顔を上げると、ノッペラボウとか・・・顔はなくて闇とか、恐い口がパックリとか・・・そういう定番をちょっと外して、スマイルマークってのがミソかもしれません。
「死すべき定めか?すでに死んでいるのか?」・・・すでに死んでましたって設定で書くつもりだったんですが、曖昧な書き方になりましたね。反省、反省。
前の席の二人の話の終わりに「僕」が死んだ話が出てくるというふうに書こうと構想していたのですが、ラストをひねくり返しているうちにこんな書き方になりました。
どちらにも解釈できる書き方をめざしましたって逃げ口上してトンズラだ!シュタタタタ・・・

ゾワァ (hiro1468)
2009-08-11 12:58:34
よく、相手が幽霊でした、ってオチはあるんですけど、
この話見たいのは少ないですよねぇ……
思いつく矢菱さんは流石です!

余談ですが「笑い男」というワードでイメージ検索を
してみてください
Unknown (ソクシラベ)
2009-08-11 15:38:39
はじめまして
暑いですね。
特に外でする仕事は大変ですね。
よろしかったら、私のブログに遊びに来てください。
時事ネタのほか、住宅や測量、地質調査などの話題を扱っています。
hiro1468さんへ (矢菱虎犇)
2009-08-11 17:34:39
オチをヒネって、さらにもうひとヒネり・・・っていうのが多くなってきて、マンネンリズムと限界を感じつつ、ヒネり続けております。
ヒネりの先にヒカりが見えると信じて・・・

笑い男、調べました。アニメに出てくるんですね、コレ。僕はアニメやゲームの話題にはとんとついていけない人なんですけど、笑い男をウィキで読んで、面白いなぁって思いました。元ネタがサリンジャーってのも驚きました。笑い男というキャラの設定から事件から、すっごいリアリズムのある設定なんですね。
見始めたら絶対にハマっちゃうだろうなぁ・・・
笑い男、教えていただいてありがとうございます!!
ソクシラベさんへ (矢菱虎犇)
2009-08-11 17:46:21
昨日、たまたま「伊能忠敬」のウィキを読んで、感銘を受けてました。
隠居してから測量の勉強始めて56歳から測量を開始したのにまずビックリです。・・・僕なんかもう人生の店じまい気分なのに・・・
しかも、日本を正確に測量しようと思った個人的な動機が地球の大きさを正確に測りたいってことだったらしいんです。しかも、彼が最終的に計算した地球の大きさの誤差は0.1%程度だっていうんですから。
地道な四千万歩・・・スケールのでかい人間っているんですね~!
・・・スミマセン、測量関係をされている方に釈迦念仏垂れちゃいました。
近い打ちにソクシラベさんのブログに遊びに行かせてくださいませ。よろしくお願いします。
ではでは。
あれ? (ヴァッキーノ)
2009-08-11 22:20:26
いやあ、このスマイルマークって考えてみたら怖いですねえ。
実際の人の顔にくっついていて、みんながそういう顔なわけですもんね。
しかも葬式ですから、だいたい同じ喪服だし・・・・・・。
無表情には、きっと自分の心が映し出されちゃうんでしょうね。

ちなみにボクは坊主頭です。
ですから笑うとちょうどスマイルマークみたいになるんですよ。

そういえば昨日も飲み会で、向かいの席に座った竹田君に言わてしまいました。
「君も、スマイルマークに似てるね」
って。
で、ボクも竹田君に言ってやったんです。
「当たり前だろ、仲間だもん」
って。
ヴァッキーノさんへ (矢菱虎犇)
2009-08-12 01:03:39
怪談ってのは難しいですね~
恐い話って自分が怖くなっちゃうと次が書けなくなっちゃうし、怖くならないと怖く書けないし・・・
何か凄惨な場面とか、そういうの描くのは年をとるほどに苦手になってきて・・・

やっぱりエロ怪談とかコメディー怪談の方がいいかもなぁ、なんて酒を片手に一人反省会です。
kmが文字化けしてます (よろづ屋TOM)
2009-08-12 12:36:41
単位などを表す文字は機種依存文字なので私はアルファベット小文字を使ってまして…なんてツッコミから入れたら怒られますねえ。すみません。

あ!のっぺらぼうのオモロいネタ思いついた…けど、2000字まで引っ張れるかしらん。
私も当人が死んでる話は何本も描いてますが、どれも根拠が『生きているとはどういう事なのか』から発してるためなんですが、この話の皆さんはなんでお亡くなりに?…あ。また突っ込んでしまった。昨夜の酒が残ってます。

ところでサイト時代に学園SFもどきコメディの中編を出してたんですが、オカルトネタ描いてるといろんな怪現象に出くわしますねえ。
怖くはないけど肩が凝るのが辛くて何度近所の神社へセルフお祓いしに行ったことか。リライトしたいんですがそれがめんどくさいんで手つかずです。

近々私も怪談アップの予定です。ただし『2000字劇場』ではなく『ブツクサ徒然ぐさ』の方ですけど。描けたらぜひご覧くださいね。クスクス
よろづ屋TOMさんへ (矢菱虎犇)
2009-08-12 13:18:50
あ、kmの文字化け、ご指摘ありがとうございます。なるほど、機種依存文字なんですか。そのへん詳しくないし、自分のパソからじゃ文字化けがわからないので、お気づきのときは遠慮なくご指摘くださいませ。よろしくお願いします。

怪談・・・特に、怖がらせることが目的の文・・・結局、ストーリーじゃなくて描写力と語り口が大切なのかもしれません・・・
重厚静謐、おどろおどろしい語り口・・・自分の文体の対極ですよねぇ・・・

あ、怪談、楽しみにしてます!ではでは。

コメントを投稿

ショートショート」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事