錫 杖 流

山登りは人生の縮図

乗鞍逍遥

2018-11-30 | 乗鞍高原

信州が大好きになったのは、学生時代の乗鞍高原素泊まりバイトでした。

穂高とは対照的に牧歌的な乗鞍高原

錫杖流ブログはここ乗鞍を拠点に

信州の素晴らしい風景を発信することでした。

 

【二部合唱】花は咲く【歌詞付き】 アットランダムに大好きな乗鞍の四季をお届けして

錫杖流ブログラスト綴ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

錫  杖  流 





皆様 お元気で(^0^)/


リクエスト多く、12/20まで延長します。

 


2018 北海道の山旅総集編

2018-11-09 | 北海道

2018 秋

錫杖流 北の大地

まとめました。

 

ヴィヴァルディ 「四季」より「冬」 高音質 FULL

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうございました。

いつまでも感動の山旅を続けていたいですね

 

 


羊蹄山の麓

2018-11-08 | 北海道

羊蹄山下山後、近くにある半月湖に行ってみることにした。

山頂では雪景色

麓では、紅葉まっさかり

山はいい

 

羊蹄山が林間から見えていましたが

半月湖の入口迄到着するとKEEP OUT

立入り禁止

 

先に書いといてね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

錫杖ヶ岳 近況

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はりさんに頂いた

アラビアの真珠

ご馳走様でした。

 

 

 


羊蹄山の奇跡

2018-11-07 | 北海道

羊蹄山山頂からの絶景は火口に有らず

山肌に有りました。

秋から冬へ季節が変わるサイン

麓は落葉

山の上は雪景色

 

旅の最後にあって

この景色には大感動でした。

また来年もこの季節に山旅したい北海道

 

下山開始

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

落葉を踏んで

標高差にしては、下山はあっという間でした。

 

この後、

半月湖に寄ってみました。

 

明日がラストです。

 


羊蹄山山頂の風

2018-11-06 | 北海道

羊蹄山を駆け上がる風が創り出す芸術

羊蹄山は下から見上げるとまさに容姿端麗な富士山

しかし、山頂は爆裂火口を中心にしたお鉢が形成されている。

18年前に登ったのは6月

火口にははまだ沢山の残雪が残り

スキーのシュプールが刻まれていた事が記憶に残る

 

今回は10月初冠雪の日に上山した。

そこにはまさに風の芸術作品がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かみさん

日本100名山

50座達成

 

 

 

 

 

この山も記憶に残る

よき山行になりました。

 

 

 

つづく

 

 

 


羊蹄山 9合目

2018-11-05 | 北海道

稜線を超える風が創り出す樹氷の森

羊蹄山 9合目から上はまさに芸術の世界そのものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

うさぎの遊び場でもあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪踏む音もサクサクとウエハース

 

 

 

 

火口を見下ろすポイントに到着

目指すは中央奥

 

羊蹄山の頂上部は富士山と同じくお鉢になってます。

 

 

 

ここで12mmにチェンジ

 

担いできて良かった。

 

 

つづく

 

 


初雪の羊蹄山 倶知安コース

2018-11-04 | 北海道

放射冷却の大地に富士山(蝦夷)

1〜2月 厳冬期の羊蹄山は厳しそう

植物は凍み上がり水分が取られていく様も

この季節ならでは

 

セイコーマートで朝食行動食を補充

倶知安(比羅夫)登山口に移動

長丁場 標高差1700m

先客は10名程

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめの30分程は樹海の中をゆっくり進む

3合目あたりから

9合目までは

ずっと急な登りが続きます。

倶知安コースの特徴は

朝陽が羊蹄山の山体で届かず

ずっと影の中を進む事になる

夏場は快適だろう

 

冬場は反対に登山道が凍っていて

なかなか溶けない

何度も振り返る

ニセコアンヌプリ

 

 

ここのダケカンバも素晴らしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奥には余市岳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6合目あたりから森林限界

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7合目

 

 

 

 

ようやく朝陽が射し込む8合目

 

 

 

 

樹氷地帯に突入

 

 

つづく

 

 


朝焼けのニセコアンヌプリ

2018-11-03 | 北海道

旅の最終日は、ニセコ高原で朝を迎えた。

羊蹄山を中心に倶知安・京極・真狩・ニセコと麓には

放射冷却からの朝霧が立ちこめる。

朝陽が逆光線に入るニセコ高原が

撮影ポイントだと

前々から狙っていました。

まさにその日が来た。

ちょうど羊蹄山にも初冠雪

まさに絶好の撮影&山日和なのでした。

 

 

 

ニセコアンヌプリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜明け前

その時を迎える

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長丁場、

羊蹄山登山に向いました。

 

 

つづく

 


錦秋 上高地

2018-11-03 | 上高地

北海道紀行の途中ですが、昨年の上高地紀行をアルバムってみました。

 

アットランダムですが

見て行った気分になってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上 上高地2017 錦秋でした。

 

 


富良野にて

2018-11-02 | 北海道

富良野に入る頃、雨が上がり出した。

麓郷の森に寄ってみました。

グレートトラバース3敢行中の田中陽希君のご実家はいずこかな

 

 

 

何度目か

何時訪問しても雰囲気のある森です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二重虹が出てましたが

消えかけをなんとか撮れました。

 

 

 

この後、美瑛の丘に寄るも雨足強く

早々に小樽の宿までドライブ

小樽ではチェックイン後、立ち飲み横丁をぶらり

新鮮なイクラ丼を食し

4日ぶりにベッドでの就寝はぐっすりでした。

 

 

翌日、3時起床

羊蹄山に登るべく余市・ニセコ方面に車を走らせました。

 

すこぶる快晴

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


然別(しかりべつ)にて

2018-11-01 | 北海道

旅は現地3日目 3時起床で雪降る大雪山は石北峠を目指す。

満天の星空が見えていあたが峠を過ぎたあたりから厚い雲の中

小雪が舞っている。

今日の目的地は、200名山石狩岳

300名山完登まであと7座

気合いが入る

 

ところがなんと下調べしてあった林道が閉鎖

数年前の大雨で被害が出た後、エスケープ林道を利用して登山可能になったのだが

そのエスケープルート迄閉鎖

 

一昨年降雪で山頂手前で断念したニペソツに目的を替えるか

思案六歩

ここも大雨の影響で従来のコースよりもかなり時間がかかりそう

こうなると思考回路が止ってしまい

大雪の南端まで下り

登れそうな山にしようとなった。

 

士幌高原ヌプカの里に到着

登山道の入口があったので迷わずスタート

 

目指すは白雲山

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帯広の大地

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

然別湖

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

往復2時間少々

石狩岳は断念したものの

山が歩けて良かった。

南端と言えど、さすが大雪山系

宝の山だらけですね

 

サホロから狩勝峠を経て

富良野に向った。

金山辺りで雨があたり出し山間に架かる虹が美しかった。

 

 

つづく

 

 

 


摩周湖から美幌峠はゴールデン街道でしょう

2018-10-31 | 北海道

斜里岳の山麓から一気に摩周湖にドライブしてハイクアップ

無料の第三展望台から

摩周湖と摩周岳

ここで和歌山県から1ヶ月、車中泊しながら北海道の紅葉を楽しむご夫妻としばし歓談

Nikonの二刀流

1台はD500 に80-400mm

もう1台はD700にシグマの17-35mm

 

互いにNikonのカメラだけ眺めて会話が始まる

楽しい一時

takayanさんを思い出しました。

 

摩周岳

ヒグマ多そうですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一旦、摩周町まで降りて屈斜路湖へ

美幌峠に向いました。

 

美幌峠から屈斜路湖

 

美幌峠

美空ひばりさんの歌がエンドレスで流れていました。

 昭和歌謡 いいもんですね

 

 

 

遥か摩周岳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

斜里岳が大きい

 

 

 

美幌に付くころ

陽が傾きはじめ

大都市北見市通過頃、日が暮れて

ポン湯温泉でまったり

道の駅

おんねゆ温泉で眠りにつきました。

 

明日は200名山石狩岳を目指す。

石北峠には降雪注意報

 

う〜〜ん

思考を巡らす一夜でした。

 

つづく

 

 

 


斜里岳の麓から

2018-10-30 | 北海道

知床半島は、ウトロから斜里岳の見える斜里町に移動

快適なドライブだった。

時間もあるので、国道244号線を根来峠(標高490m)に向った。

この辺りの紅葉も見事だった。

標高1,000mにも満たない山々であるものの

ダケカンバ帯が見事

ものすごいポテンシャルの高さを感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北海道らしい風景ですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美しい三角錐の斜里岳

厳冬期の斜里岳に登りたいじゃなくて

麓からその雄姿を撮ってみたいです。

 

斜里町には釧網本線が走っていて

1両のディーゼルカーが走っていく様と斜里岳

いいなあ

hatomiさん 斜里町 のんびりしていて いいですね 〜

 

どんどんよくなる雲の流れ

摩周湖に向いました。

 

つづく

 

 

 


知床五湖散策

2018-10-29 | 北海道

羅臼岳登山を諦めて知床五湖の散策にやってきました。

羅臼岳登山は、標高差が1500m以上

往復で10時間近くかかるハードな100名山

登ろうと決めていたので、残念な気持ちもあるものの

観光モードになったので、前から歩きたかったまったり知床五湖となりました。

保護センターでレクチャーを受けてスタート

毎日、ヒグマが確認されてますとビビらされます。

10年くらい前に芦別岳登山ででかいヒグマと遭遇した時は終わったと思いました。(笑)

今回は遭遇したいなと期待感をもってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知床連山は、終日雲の中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新雪の被った羅臼岳 見たかったなあ

 

 

 

ウトロを後にして

斜里岳の撮影ポイントに向いました

有名な滝

オシンコシンの滝

12mmならでは世界です。

 

 

旅は2日目の後半につづく

 

 

 


知床峠の紅葉 永遠なれ

2018-10-28 | 北海道

5日間、停滞していました知床峠の晩秋の景

今日でフィニッシュとします。

初日の夕方から2日目の昼頃まで知床に滞在。

あまりの大自然の創り出した自然の芸術に時間が止ったかのような印象を受けました。

必ず、またこの地を再訪したいと思いました。

 

今日お届けするは、知床峠より北側斜面(ウトロ側)です。

昨日迄は、南面(羅臼側)でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは羅臼側からです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知床五湖の散策に向いました。

滞在日:10月15〜16日

 

つづく