錫 杖 流

full充電完了。

木戸池にて 志賀高原の朝

2019-12-03 | 晩秋の旅路にて

 

 

渋峠越えを諦めて、志賀高原「木戸池」まで戻ってきました。

ちょうどこの辺りから空が明るくなってきました。

木戸池の辺りはどんな感じになってるかなと

池の袂へ向かいました。

風も吹かず水鏡は幻想的な風景を創っていました。

池が凍てしまうと見れない景色

霧氷にならないと見れないタイミング

カラマツの黄金色が残っていないと見れない色彩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらく

木戸池で粘って見ました

ガスったり日が射したりと

木戸池の朝を

次回もお届けします。

 

というより

ネタが底を尽きそうです。 

 

 


この記事についてブログを書く
« 志賀高原 熊の湯周辺 | トップ | 木戸池 シンメトリー »
最新の画像もっと見る

晩秋の旅路にて」カテゴリの最新記事