錫 杖 流 山 歩 き

山は素直になれる

与論献奉(よろんけんぽう)

2017-02-09 | 離島旅

お世話になりました星砂荘さん

玄関に入ると「焼肉」の匂い

食欲がそそられました。

 

 

部屋に案内されます。

ちょうどこの日、稀勢の里が優勝を決めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

少し横になって夕食の席に着きました。

 

 

団体さんがお見えでした。

よく見ると行きのフェリーで本部港からずっと一緒だった方々でした。

フェリーでもずっと飲みっぱなしでしたね

話をすると沖縄県本部町の方々でした。

 

 

 

久しぶりの肉料理、美味しかったです。

 

宴もたけなわになってきて

 

ここで予期せぬ事が始まりました。

与論献奉(よろんけんぽう)

宿の親父さんが泡盛を片手に何やら説明が始まりました。

始めの方はぼんやりしか聞いていなかったのですが

どうやら、泡盛の廻し飲みのようです。

簡単に解釈するに、

相手に自分のことを知ってもらうため、

一杯の杯を順番に持ち、

その杯を持つ人が自己紹介をする。

延々と飲み続ける

儀式です。

本部自衛消防団(仮称)の方々は随分お酒が入っておられるようで

楽しい話が続きます。


わたしの番になって

よし笑いを取ろうと張り切りました。

自分で言った内容はあまり覚えてないのですが、

仕事上の悩みを少し話した上、

新たな進路へチャレンジする事と

明日からもガンバロウと思うみたいな事を

力説したと思います。


本部自衛消防隊の方からは

大爆笑と

拍手喝采を

いただきました。

最後には

厚い握手迄に至りました。


自分にはこんな隠れた才能があったのかと嬉しくなってきました。


本部なかよし組さんは

食事後

夜街(スナック)へ繰り出すとの事

まだ飲むんかいな(^0^)/


おまえも行かないかと誘って頂きましたが、

明日のスケジュールを考えると無理は出来ません。

お言葉だけで最高に嬉しかったです。




見送りに玄関に出ますが、

酔い酔いでシャッターを切ってます。

皆さんから手を振ってもらってます。


とっても楽しい一夜でした。



星砂荘さん

ありがとうございました。

次来る機会があれば

必ず星砂荘さんにしますね。






翌日、お会計時に頂戴しました。


旅から帰り、星砂荘さんから御礼のメールが届きました。

文の末尾に

ミッシーク・トートゥガナシ

(ありがとうございました)

とありました。


後で調べてみたら与論島には、

すばらしい方言があることを知りました。


爆睡しました。


                            





 

 

『鹿児島県』 ジャンルのランキング
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 与論島 見聞ドライビング | トップ | 旅は最終日。5日目 与論島 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
与論献奉 ()
2017-02-09 06:03:36
素晴らしい儀式ですね。
錫杖師匠がどんな話をされたのかは、知る由もありませんが、これなら飲まなければいけないし、話さないとルール違反ですから話すきっかけにもなりますね。
山小屋でもこういうルールがあると良いですね。
最近の若い人は殆どスマホを見て時間潰し。話すきっかけがありません。
楽しい夜を何よりでした。

Unknown (takayan)
2017-02-09 07:15:44
おはようございます。

お酒の飲める人が羨ましいです。
見送りのバスの写真は、ブレあることで面白い1枚になっています。
与論島での楽しい夜は、良い思い出となりましたね。

今朝は予報通り一面の銀世界、今もよく降っています。
また寒い日になりそうです。
Unknown (はりさん)
2017-02-09 09:23:23
よき出会いをされましたね。
旅にでると、こんなことがあるのも楽しいですね。
しかし、与論献奉ちょっとこわいですね。
きつい泡盛の廻し飲みなので、ぶっ倒れそうです。
与論憲法 (錫杖)
2017-02-09 10:21:33
信さん

そうなんです。
人って人前でしゃべるのがいやだと苦手だとか言われる方でも、一度しゃべり出すと止らない もっと話したいんですよね

それが一期一会の出会いなら 恥もかけますし普段思ってることを素直に言えますから
 献奉というより与論にある憲法のように感じました。

山小屋では、何人かにこちらか声をかけていくように心がけてます。 山小屋での会話は最高ですから
こんにちは。 (どんぐりうさぎ)
2017-02-09 10:24:54
与論島、ずーっと気になっています。
ですが結局、八重山にばかり行ってしまうのです。
そんなわけで、楽しく拝見いたしました!
民宿の旅、いいものですよね☆
1泊はホテルのセットのほうが旅費が安くなるため、
1泊はそうしていますが、お気に入りの民宿があって、
いつもおなじところにお世話になっています。
以前、小浜島の宿にお世話になったときは、
みんなでカチャーシー踊って楽しかったです。
宿のヘルパーさんが廊下で酔いつぶれていたことなど、
懐かしく思い出します(笑)
Unknown (錫杖)
2017-02-09 10:26:08
takayanさん

おはようございます。
寒い雪降りの一日

今日は休日なんですが、誰の邪魔もされない職場で次の仕事の段取りをしに出勤しています。 この目に見えぬ努力が大事なんだよと部下に話すんですが、そんなことをされると困りますと逆襲を受けます。
 ぶれぶれ写真 自分でも面白いと思ったので載せました。 写真の伝える雰囲気はいいものです。
 
 雪がどんどん積もります
Unknown (錫杖)
2017-02-09 10:45:45
はりさん

はい
泡盛は怖いですね
調子に乗って飲んでしまうと
二日酔い間違い無しですよ

缶ビール1本でちょうどいいくらいでしょうか

 海辺の星空見ながら プシュってやってみたかったです。 
 
仲間が出来ました。 (錫杖)
2017-02-09 10:51:10
どんぐりうさぎさん

こんにちわ
わあ うれしやあ
離島好きのお友達が出来ました。

小浜島は ボブズカフェさんでした。
 4年前だったので小浜島はまだブログをやっていませんでした。
 島の夜は、三線が魅力的ですね。
一緒に騒ぐのはちと苦手ですが、聞いてるのは大好きです。

 わたしの知らない八重山の紀行 楽しみに見させていただきますね
Unknown (イワン)
2017-02-09 11:21:20
アルコールが飲めない体質の人は、困りますね。
奥さんも子供たちも、アルコールを分解する酵素が出ない体質なのです。

ロシアでも同じで、カンペイと言って腕を絡めて一気飲みをウオッカでやります。
アルコールには強いと自負していたのですが、ロシア人は桁違いでした。
私は、それでアルコール中毒一歩手前の4日酔いで、死にそうなくらい具合が悪く、二度と飲むもんかと思うほどでしたが・・・直ぐに忘れちゃいましたがね(笑)
飲んで記憶が無くなる奴なんかいない、と思っていたのですが、その時にネジが飛んだのか、その後の飲酒では記憶を無くしてばかりになっちゃいました(汗)
Unknown (錫杖)
2017-02-09 14:00:17
イワンさん
こんにちわ

今回 宿では私は飲めませんので少しだけ自己紹介させていただきますと「学校の先生」にたいな女性が見えました。
 起承転結上手に話がまとまっていてすばらしい献奉でした。
 イワンさんのイメージはまったくお酒を飲まれない方だと思っていましたが、お強いのですね
 カンペイ 聞いた事があります。
いつだったか北海道で珈琲とウオッカのブレンドした飲み物を飲んだ事があります。
 あれはスキーしながらだったんで身体が温まりましたよ
 記憶がなくなる。 
それはすごい。

飲める方は、コントロールがしっかり出来たら素敵な財産ですね

 ほろ酔いでしゃべるのが一番好きな錫杖です。

コメントを投稿

離島旅」カテゴリの最新記事