錫 杖 流

full充電完了。

ジャンダルム

2019-09-20 | 岳沢起点で穂高周回

岳沢小屋を基点にし反時計回りの穂高周回コースも今日でファイナル

「ジャンダルムに立つ」です。


今回のメインは前穂高岳での朝焼けでしたが

重太郎新道をピストンするだけでは勿体無いので

奥穂経由のジャンダルムです。


有名な危険ポイントは馬の背付近ですが

そこでは恐怖はあまり感じられませんでしたが

ジャンダルム手前のピーク登りで

垂直の壁があって三点確保に難儀した箇所が2ヶ所ありました。

重い荷を背負っていると

相当苦労するでしょう。

先週大キレットを通過しましたが

やはりジャンダルム〜西穂間の縦走路は

手応え脚応えのあるルートだなと思いました。


よく似た岩稜線帯の景色ばかりですが

ジャンダルムの山容故の縦構図も多くあります。


日本屈指のアルプス

見てやってください。

馬の背の下り

風の強い日だと恐怖です










ジャンダルムはモノクロもいい感じです。






























































































ジャンダルムから奥穂高岳

















天狗岳









天狗のコルから岳沢に向けて降下開始




気を抜いたら足首捻挫必死のガレガレ場

今回のジャンダルム周回コースでも

ここが最も危険だと思いました。



明日は、総集編をまとめて見ました。


今日から北海道日高の山に一人旅です。

明日からの投稿は全て予約になります。


日本一早い北海道の紅葉

沢に藪漕ぎにハイマツ漕ぎにヒグマにと

全身で山を感じてきます。

 

 

無事生還できますように


この記事についてブログを書く
« 奥穂高岳360度パノラマビュー | トップ | 岳沢起点に穂高周回  総集編 »
最近の画像もっと見る

岳沢起点で穂高周回」カテゴリの最新記事