錫 杖 流 山 歩 き

山は素直になれる

6月のアルプスへ

2017-06-20 | 北アルプス

旅の始まりは、乗鞍高原「三本滝」駐車場からです。

標高約1800mから星空の撮影を楽しみました。

翌日は、山小屋泊まりなので時間に余裕がありました。

朝一番は、大好きな乗鞍高原

6月の様子を追って見ようと思います。

乗鞍シリーズは今夜、第一弾をアップする予定です。


NikonD800E

レンズ シグマ12-24mm f4 

12mm域 iso4000  30秒開放

 

『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鈴鹿山脈の槍ケ岳 「鎌ヶ岳」 | トップ | レンゲツツジ咲く「乗鞍高原」 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
プロデュース ()
2017-06-20 05:22:09
お早うございます。
やはり錫杖師匠はプロデュースの天才ですね。
この満天の星を一枚、ポツリと
今夜は早く帰ってPCの前で画面とにらめっこですね
今か今かと

私も尾瀬でこれが撮りたくて三脚担いで行ったのに・・
夜が弱くなりました。

Unknown (はりさん)
2017-06-20 08:49:48
乗鞍の星空からの出発ですか。
シグマ12-24mmもアルプスデビューですね。
星空もしっかりと捉える素晴らしいレンズですね。
iso50ですか。
今夜からどんな世界が見られるのでしょう。
楽しみ楽しみ。
Unknown (錫杖)
2017-06-20 09:16:28
信さん

予想にしていなかった晴天無風の中、まずは心の故郷「乗鞍高原」からスタートです。
5月6月と訪問しましたので7.8.9.10.11と季節の移り変わりを追って訪問してみようと思いました。
 星の撮影時間は約2時間 乗鞍には無料の温泉が24時間あります。星に温泉にと贅沢三昧でした。

 アルプス紀行の写真整理 楽しいんですが量があって出口の光がまだ見えてきません。
ぜいたーくな1枚 (chidori)
2017-06-20 09:19:23
さすが錫杖流…ですか?

他に言葉なし。
Unknown (錫杖)
2017-06-20 09:21:13
はりさん
はい 乗鞍です。
ここは勝手知ったるなんで、いろんなケースに対応した撮影が楽しめます。
 どこから月が上がるとか どの位置に居ればいい構図がとれるとか それと鳥の鳴き声がクリアなんですよ たぶん閉鎖された空間で音が共鳴するんだと思います。
 12mm の購入動機の一番は星空にあります。 乗鞍は標高1800mまで車で上がれますがその上は山の上でしか撮れません。
 アルプスの稜線が待ってます。
Unknown (takayan)
2017-06-20 09:23:55
おはようございます。
乗鞍の星景、素晴らしいですね。
シグマ12-24mmの本領発揮という所ですね。
撮影データのISOですが、ISO4000の設定ですね。
次回からの写真がが楽しみです。

Unknown (sachi)
2017-06-20 09:27:44
星の数が半端ないですね!
つづき、楽しみです♪
Unknown (錫杖)
2017-06-20 09:45:34
takayanさん

おはようございます。

今 元データを確認したらiso4000 f4 30秒でした。 ブログ編集した際に自分でもf4 で iso50 なら30秒開けてももっと暗いはずだと思いながら書いてました。
おかしいなと思ったらちゃんと確認してからのがいいですね
ずぼらな一面が表面に出てしまいました。
 今はリモートバルブを購入しようと思ってます。 
 12mm どうしても四隅にいくと歪みに伴う荒れが出てしまいますね

 
Unknown (錫杖)
2017-06-20 09:49:30
chidoriお母さん

おはようございます。
まだまだ錫杖流は極められません。
何度も何度も通ってやっと素直な表情を見せてくれる大自然。
今年は乗鞍アルプスに勤めて通う覚悟ですよ

 昴を唱いましょう。
Unknown (錫杖)
2017-06-20 11:01:21
sachiさん

乗鞍高原は、ほんと星見には最高の高原ですね
 信州の旅はここでまず車中泊して仮眠。
星空・朝焼けと撮影が楽しめます。
 それから上高地や新穂高・白馬・北信方面へ向います。 
 さあ 今夕からアルプス紀行開幕です。

北アルプス」カテゴリの最新記事