錫 杖 龍

心旅に出ています。

南岳への急登

2019-09-07 | 槍〜穂高連峰縦走

長谷川ピークを過ぎ大キレットも南岳への登りのみとなりました。

気を抜いてはいけないのですが目立って危険なところもないのでリラックスしての稜線歩きとなりました。

まだ朝7時過ぎというのに太陽の陽射しは強く半袖になる。

ハイマツの中から雷鳥の声が聞こえてきましたが

姿見えずでした。


日陰になると涼しくて快適




マイ影と笠ヶ岳



南岳への最後の登りです。




振り返ると北穂

この日はほんと素晴らしい日本晴れでした。

はりさんはちょうどこの頃

山ガール3名と上高地デートだったとの事です。

























徐々に標高をあげて行くと北穂も競り上がってきます。




北穂小屋ズーム



最後の登り前で

南岳小屋の支配人Sさんとスライド

少し立ち話をしました。

南岳小屋のブログ(8/26付け)に私の写真が掲載されました。


彼とは年回りも近く

自分の人生の歩みとよく重ねることがあります。

20代で脱サラし山小屋に入ったSさん

私も同時期にある山小屋から誘われたことがあります。

違う道を選び今日またこうして山で再会。


彼の後ろ姿

山の主人の風格すら感じます。


また山で会いましょう。









南岳小屋




獅子鼻展望台にて12mmにチェンジ





西穂高岳の向こうに乗鞍岳が見えました。

また、アルプス1万尺の稜線歩きが始まります。



槍ヶ岳に向かってGO!(^0^)/








 


この記事についてブログを書く
« 大キレットを行く 長谷川ピーク | トップ | 南岳を越えて »
最近の画像もっと見る

槍〜穂高連峰縦走」カテゴリの最新記事