錫 杖 龍

旅に出てます。

前穂高岳山頂からの朝焼け 後編

2019-09-17 | 岳沢起点で穂高周回

黄金色に輝く浅間山

前穂高岳のご来光登山は、岳沢小屋のスタッフが休みの日に合わせ

シーズンに何度か行っていて 私もぜひ一度チャレンジして見たいと思っていました。

重太郎新道を深夜登ってる際、ジャンダルムに向かうヘッデンの光を見ました。

互いにエールライトを振って確認しあいました。


前穂からの朝焼け

360度の大パノラマ

その素晴らしさは穂高連邦だけではありませんでした。



J.S.バッハ: 幻想曲とフーガ ト短調

BWV 542:幻想曲[ナクソス・クラシック・キュレーション #ゴージャス]

常念岳












天狗岳と間ノ岳に朝陽が届き

その向こうに白山





中尾尾根と焼岳




焼岳の御釜が見える

これも穂高ならでは










奥穂山頂では沢山の岳人



奥又白の池には一張の天幕

今年の秋は穂高の池巡りもいいなあ




吊り尾根



贅沢に焼岳と霞沢を太刀持ちにして

乗鞍と御嶽の土俵入り



12mmの世界





















ジャンダルムの頭に孤高のクライマー

彼と何度かライトで交信しました。






名残惜しいですが

前穂高岳を降り奥穂に向かいます。



明日へとつづく







この記事についてブログを書く
« 前穂高岳山頂からの朝焼け 前編 | トップ | 前穂〜吊り尾根〜奥穂山頂  »
最近の画像もっと見る

岳沢起点で穂高周回」カテゴリの最新記事