錫 杖 流 山 歩 き

山は素直になれる

大雪山樹海

2016-10-11 | 北海道の山旅 201...

               オッほん!  わたくし錫杖は、総勢100名のロープウェイ乗車客の中で特等席を頂きました。(これは、計画性と戦略性のもと、かなりの努力が必要です)

                    ちょうど 影ロープウェイの真ん中に居るものと想像ください。 詰め詰めなので左右のお客様と肩やザックが当たりまくってます。

                                そこまで押し込まないと、お客様がさばけない事実があるのでしょう。

                        山頂駅から標高差500m ちょうど10分間の空中散歩 言葉は無用だと思いますので、ご覧くださいませ。

                         レンズはニッコール28-300mm  ガラス面にレンズも当たりまくりの死闘を繰り広げています。

                              後ろ隣の地元ガイドらしきおじさんは、今日が最高だと連呼してましたが、

                                    この時ばかりは、わたしも同意してましたね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

           以上、大雪山の樹海でした。 これは見事でしたよ。   もしご乗車の機会がありましたら9月下旬。 ロープウェイの席は、進行方向下りで右側の窓際がオススメです。

                     下山後、旭川にてご当地ラーメンとセイコーマートで購入した登山用食料を食べ食べしながら、小樽へワープ。

                           国道5号線を余市・岩内と進めるのでした。夕陽を追いかけるように走る感じです。

                                明日は、海辺の風景に戻りますね。 我ながら忙しいなあ

                                   350km 6時間のロングドライブです。

 

                                    

『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北海道のてっぺん 大雪山 | トップ | 空の広がりに »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2016-10-11 06:23:54
おはようございます。
2〜3日前から秋らしくなり、朝夕は肌寒いくらいになりました。

大雪山の樹海は見事な秋の風景ですね。
一番良い時期だったのでしょうね。
平日でも超満員なんですね。
ロープウエイの窓越しでの撮影は大変です。
この前の新穂高でも、満員で動けない状態で撮ってましたが、窓にレンズを押し付けないと反射するので大変です。
窓越しとは思えない作品ばかりで、大雪山の樹海の紅葉を堪能しました。
標高が下がるごとに、少しづつ樹海の植生が変わっていく様子も見られて、楽しませてもらいました。
また小樽までロングドライブですか?
海辺の景色も楽しみです。
Unknown (はりさん)
2016-10-11 08:31:47
窓際争奪戦、わかるような気がします。
中の方に押し込められたら何も見えない!
それにしても素晴らしい景色です。
これが大雪山の紅葉なんですね。
どこまでも紅葉がつづいていますね。
錫杖さん良い時期に行かれましたね。
Unknown (錫杖)
2016-10-11 09:39:21
takayanさん

おはようございます。
すっきり晴れましたね
山が呼んでるのに、足かせをつけられたうさちゃん状態になってます。
大雪の紅葉はtakayanさんご夫妻にぜひ見て頂きたいと思っていました。旅の3日目にあってボルテージはこの時が最高潮といったところでした。
 この後もそれは素晴らしい大自然を目の当たりにしてるのですが
大雪の紅葉があまりに美しく心に響いたせいか 明日明後日と歩いた山々の紅葉にこころが踊りませんでした。
 いずれにしても快晴の好条件に恵まれた山旅も折り返し点に入りました。
窓越しの撮影は特性フードが必要ですが、持っていてもこの混雑では出してはいけないですね 皆がわたしのことを羨ましそうに見てましたよ。
はい小樽は軽く通過してさらに秘境の地へ 
山に海に 錫杖流の旅は続きます。
Unknown (錫杖)
2016-10-11 09:44:03
はりさん

おはようございます。
昨日のBSは見応えがありましたね
北穂から奥穂も良かったし、その後の檀蜜さんの大雪山 檀蜜さんも良かったが大雪のお花畑も素晴らしかったですね
 あんなの見せつけられたら花の季節に歩いてみたいなあと心に残りました。

今回は紅葉を堪能出来ました。この山の異次元な自然環境を目の当たりにしてきました。はりさんならば、このダケカンバ帯の美しさをご覧になって自然環境の厳しさが
いかに凄まじいものかご理解いただけたのではないでしょうか
 このロープウェイは通年営業 ある意味スゴいですね
Unknown (マダム・グラハン・洋K)
2016-10-11 10:24:35
錫杖様
おはようございます

お帰りになってから毎日見させて頂いてましたが、言葉が出てこない(感動)ので、コメントお送りできませんでした。

本日も、それに変わりありませんが、感動です
そして、この写真をとるのに押し合いへし合いの中で撮られたとしりました。

改めて「ありがとうございます」をお送りします。
黄葉ですね。 (イワン)
2016-10-11 11:44:54
1週間違っていれば、黄葉ではなく真っ白だったかもしれませんね。
ピンポイントの撮影日和だったと思います。

黄葉と深い緑にダケカンバの白い幹とのコントラスト、最高ですね。

ロープウエイだけなら、私でも行けますから、来年、行ってみますか。
Unknown (tane)
2016-10-11 12:47:19
錫杖様

こんにちは(#^^#)
とにかく、ロープウェイからの眺めは
素晴らしいものがありますねぇ。。
羨ましいくらいです。

この風景も、そして色も毎年違うように
めぐってくるんですもんね。

地球の息吹に感謝ですね。。

Unknown (錫杖)
2016-10-11 18:41:50
マダム・グラハン・洋Kさん

こんばんわ

感謝のお言葉までいただき恐縮です。
みなさまにご覧頂いてとてもうれしく思います。
錫杖流は写真が命ですからね
この時は、行きのロープウェイがいい刺激になりましたよ
 この帰りのロープウェイでまともにカメラを構えていたのは私くらいでしょうね
それは想定しているかいないかだけの事ですから。
この景色を撮影してもう11日が経ちましたが、LIVEで見たら真っ白になってますよ

コメントありがとうございます。
 錫杖に登られる時、晴れることを祈ってますね
Unknown (錫杖)
2016-10-11 18:50:29
イワンさん

ほんと今日もLIVE見たらまっちろですね
もう真冬の様相ですよ

わたしはラッキーでした。
ロープウェイは通年営業
これは、まさしく日本最高のロープウェイ施設ですね。 
天候を狙って行けるイワンさんが羨ましい限りです。 ぜひ厳冬期の大雪山の風景を撮ってみてくださいね

さあ 明日は島牧までひとっ飛びですよ
Unknown (錫杖)
2016-10-11 18:55:24
taneさん

こんばんわ
地球の息吹 

よき表現でいい当ててますね
彼らは一生懸命に生きて来年につなげる意思を持ってます。
 白い幹が何かしたら植物の命の尊厳のようなものに見えてきます。
わたしだけでしょうか

山をしっかり歩いて来て
植物達の表情をカメラを通じて
観察するって
けっこういいもんですよ

コメントを投稿

北海道の山旅 201...」カテゴリの最新記事