錫 杖 流

full充電完了。

石狩岳の三段紅葉

2019-10-02 | 日高山脈

紅葉真っ盛りの石狩岳に初冠雪が重なって

三段紅葉の山行が出来た事はとてもラッキーでした。

登ったのが9/21ですから、あれから11日が経過しました。

あの日からまだ北海道には雪は降っていません。

毎日旭岳のライブカメラを見ていますが

1mもあった雪がもう溶けてしまいましたね

グレートトラバース日本300名山にチャレンジしてます。

石狩岳登頂で残すところ2座

日高の「カムエク」と「ペテガリ」です。


山頂でお会いした士別町から見えた男性との会話

今年カムエクでヒグマの被害について

登山者の為に、地元行政はヒグマの駆除を検討してるとの事について

「あってはならない」

カムエクはヒグマの生息地

そこに人間のエゴで入山してるだけなんだから

行政は登山者の入山を規制すべきだと語気を強めて話されました。


私も全く同感。

昔、芦別岳でヒグマに森の中で遭遇しましたが

ヒグマはこちらを察知してすぐに去って行きました。

ヒグマは本来大人しい動物

山に登りたいなら、ヒグマが生息してる事を理解した上で入山すればいい


ヒグマが駆除されてからのカムエクやペテガリに登る気は起こらない

北海道の岳人は「山をやるなら日高山脈」と口を揃えて称えます。

日本アルプスは例えるなら1級国道

要はしっかり登山道が整備されていて歩くのに困難さが少ないと言う事なのでしょう

それに比べ、日高は徒渉ありハイマツの藪漕ぎありヒグマの生息する日本屈指の山脈

伴い山頂に立つのに困難を極める

だからいいんだよと


山高きゆえに登りたくなる

山深きゆえに大自然を五感で感じることができる


石狩岳で佳き岳人に会えました。

後、2座

暫くは今後の楽しみと残しておく事にします。



石狩岳の下山時、陽の光が

ダケカンバの森に当たり始めました。


































時間が早かったので下山後、三国峠を越えて層雲峡黒岳を目指しました。


北海道道央観光モードに入ります。