錫 杖 流

full充電完了。

石狩岳 シュナイダーコースから

2019-09-30 | 日高山脈

シュナイダーコースを登り上げ稜線に出ました。

稜線に出たら「真っ白に雪化粧した大雪山からトムラウシ・十勝連邦」が見れるだろうと期待していました。

稜線近くになって少しづつ風が吹き始めました。

登山道は積雪で埋まっていて膝ラッセル

雪に埋まって見えない木の根っこに足を取られ

何度かスリップ

森林限界に突入しハイマツ帯になる


稜線に立つ分岐に到着

左奥に見えるお椀のような山容が道内最高峰大雪山「旭岳」

ここで単独行の男性が追いつきました。

ラッセルのお礼を言われました。







300mmズーム

積雪1mと後で知りました。

この日の前日には十勝岳で単独行の男性が凍死されたそうです。












目指すは石狩岳










登山道は、雪の吹き溜まり

山頂までさらなるラッセル開始




















振り返ると音更山1932m(おとふけやま)



まさか雪化粧の山並みが見えるとは思っていなかっただけに

この景色は嬉しかったですね















糠平湖が見えてますね















はるかなるトムラウシ







トムラウシ山 ズーム

見える沼は「沼ノ原高層湿原」

この沼からトムラウシの一写入魂されるカメラマンが多いと聞きます。




銀泉台方面











分岐から標高差200m

ラッセルで全身汗だく



明日は山頂に立ちます。