錫 杖 流

full充電完了。

神威岳

2019-09-28 | 日高山脈

神威岳は徒渉と藪漕ぎ・ヒグマとの遭遇が心配されました。

その中での単独行、入山するまでのストレスはかなりありました。

終わってみれば、この日は登山者は私一人、日高の奥峰で静かな山歩きができた事は大きな経験になりました。

登山口から見上げた神威岳はピラミダルな美しい山容をしていて

名山の風格がありました。

山頂からの風景は視界を遮るものはなく

360度の大パノラマが広がっていました。

注目したのは「ダケカンバの樹勢の強さ」

厳しい日高の気象条件下で生き続けてきたダケカンバの美しさ

アイヌの人々は木に神が宿ると信じ

この山の名前に「神威岳」と付けたのだろうかと

眼下に広がるダケカンバにカメラを向けました。








































山頂には30分ほど滞在

下山は一気に800m降下

2時間半で山荘に到着。

道中に熊の糞は全く無かった。


時計を見るとまだ正午前

ペテガリ山荘に向かおうか思案

ペテガリに向かえば往復30kmオーバー

 

大雪には降雪があったし。明日は快晴間違いなし

またとないチャンスだと

ペテガリ岳は中止し

大雪へ北上しようと決めました。

 

浦河町 賽龍さんで腹ごしらえ

 

 

味噌ラーメンのチャーシュー大盛り

山から下りてきたからか

スープまで飲み干してしまいました。


とにかくスープが美味しかったです。

このラーメンを食べて

北海道に来たなと実感が湧いて来ました。



国道236号線

通称サラブレッドロードで日高山脈を横断し帯広市に入りました。


この秋、北海道方面に旅される方は

ぜひこのサラブレッドロードを走って見てはいかがでしょう。

峠付近の紅葉も素晴らしいと思います。


道の駅「ナウマン」にて汗を流しました。


なつ空、時同じくして今日で最終話。

十勝の雄大な風景を見ながら、野菜いっぱいのラーメンを食べました。

 

夜は上士幌の道の駅でテント泊でした。

朝一番のあったかいコーヒーが美味しかったな


明日は、石狩岳に登ります。


9/20