人生の目的は音楽だ!toraのブログへようこそ

クラシック・コンサートを聴いた感想、映画を観た感想、お薦め本等について毎日、その翌日朝に書き綴っています。

映画「クロニクル」を観る~28歳の俊英が描く超能力青年の行方

2014年01月30日 07時00分30秒 | 日記

30日(木)。昨夕、東京駅近くの「日本工業倶楽部」で丸の内消防関連団体の合同新年会が開かれたので、N監査役とともに出席しました 例年、何人か顔見知りを見かけるのですが、昨夜は一人も見かけませんでした 出席者数も昨年より減っているような気がします。アベノミクスで景気は上向いていると巷間言われていますが、本当だろうか?と疑問に思う出席率の低さです 型どおりの主催者あいさつ、乾杯の音頭があり、”ご自由にご歓談”の時間になりました。最初に会場に流れたのはモーツアルトの歌劇「フィガロの結婚」序曲でした 日本工業倶楽部も中々やるじゃんと思いました。その後はJ.S.バッハの管弦楽組曲やラヴェル等の音楽が流れていました マーラーやブルックナーは新春には相応しくないのか、一切流れませんでした ビール、ウイスキー、ワインを片手に、寿司、おでん、蕎麦、焼鳥、焼きそば、ピラフ、ウインナソーセージ、鶏のから揚げなどをひと通り食して、T丸の内消防署長に挨拶してから退散しました。もうこれ以上飲めないし、食べられないし・・・・・

 

  閑話休題   

 

先日コンサート会場の入り口で配布されていたチラシの中に、「これは聴きたい」というコンサートが3つありました。1つ目は1月30日、つまり今日の午後7時から池袋の東京芸術劇場で開かれる日本フィルのコンサートです。”売り”は萩原麻未がモーツアルトの「ピアノ協奏曲第20番二短調K.466」を弾くことです。入場料はA席3,800円、B席2,800円、C席1,800円です

 

          

 

2つ目は、4月6日(日)午後2時から東京都美術館講堂で開かれる田部京子「ピアノ音楽紀行~北欧」コンサートです。彼女が得意とするシベリウスとグリーグを演奏します。入場料は全自由席3,000円です

 

          

 

3つ目は、4月18日(金)午後7時から虎ノ門のJTアートホール”アフィニス”で開かれるラ・ル―チェによるコンサートです。これはメンデルスゾーンの「弦楽八重奏曲変ホ長調」を演奏するのが最大の魅力です モーツアルトの「弦楽五重奏曲第6番K.614」も演奏されます。ペンネーム「メンデルソン」さんはじめメンデルスゾーン・ファンにお薦めします 入場料は全自由席3,000円です

 

          

 

ところが、手帳を見て愕然としました すべて別のコンサートの予定が入っているのです。今日(30日)は新国立オペラ「マダム・バタフライ」が、4月6日は新交響楽団演奏会が、4月18日はバッハ・コレギウム・ジャパンの定期演奏会が、それぞれ予定に入っているのです もっとも、こういうことはレアケースではなく日常茶飯事ですが

これらはすべて一般のコンサートよりも割安の料金設定になっています。どなたか、私の代わりに聴きに行っていただけないでしょうか? 自費で

 

  も一度、閑話休題  

 

27日、早稲田松竹で映画「トランス」と「クロニクル」を観ました。先日「トランス」について書いたので、今日は2011年、ジョシュ・トランク監督のアメリカ映画「クロニクル」について書きます

 

          

 

父は大酒のみ、母は病気で寝たきりの高校生のアンドリューは、中古ビデオカメラで自分や身の回りの出来事を撮ることが唯一の愉しみ 同じ高校に通ういとこのマットとアメフト部のスティーヴとともに近くの洞窟探検に行くと、洞窟の中で奇妙な光る物体に触れる 気が付くと不思議な”超能力”を身につけていることに気が付く。最初のうちはホンのイタズラに過ぎなかったのが、宙に浮くことが出来るようになり、そのうちアンドリューの”超能力”が人を事故に遭わせることに発展したため、マットはアンドリューに「人には使うな」と諌める しかしアンドリューは言うことを訊かずどんどんエスカレートしていき、身の破滅を呼ぶ

「クロニクル」とは「記録」のこと。アンドリューがビデオカメラで自分自身と身の回りを撮るのは「記録」です 映画では、ところどころフィルムを繋ぎ合わせたような”ぶつ切れ”シーンが見られますが、これは、この映画が”クロニクル”であることを表すためにワザとやっているのだと思います。監督のジョシュ・トランクは28歳の俊英とのこと。将来が楽しみです

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ベートーヴェン、スーク「ピアノ三重奏の夕べ」を聴く~田部京子... | トップ | プッチーニ「蝶々夫人」代演... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事