旅と祭りのフォトログ

さて、どちらへ行こう 風が吹く

大阪浪漫 新世界

2019-01-25 21:59:44 | 関西紀行

 路面電車が走る町には昭和の風情が息づいている。

 

 恵美須町駅から信号を渡れば「通天閣」がそびえる「新世界」だ。

 

 インバウンド観光客で賑わう表通りは派手な看板が並ぶ。

 

 昔から庶民的な繁華街として親しまれてきた「新世界」

 

 店主に尋ねてみたい・・・広島? 中日? 阪神?

 

 町の一角には「ジャンジャン横丁」とよばれる全長約180メートルのレトロなアーケード街がある。

 

 そこのオッチャン!! おもろいで~!!

 

 昔は「飛田遊郭」と「新世界」を結ぶ道筋として飲み屋や射的の店が立ち並び賑わったと聞く。

 

 昭和45年の「大阪万博」以降は歓楽街としての活気も衰え、一般観光客を寄せ付けない禁断の一角となってしまった。

 

 しかし、時は流れ独特なレトロ感と気取らない雰囲気が人気を集め、現在では多くの観光客が訪れる。

 

 「そんなとこ打ったらあかんで~」 外から対局を見つめる熱心な将棋愛好家から声がかかる。

 

 ♪あの手この手の 思案を胸に~♪

 

 ♪なにがなんでも 勝たねばならぬ~♪

 

 ♪空に灯がつく通天閣に 俺の闘志がまた燃える~♪  「王将」by 村田英雄

 

 登録文化財としても通用するであろうレトロ建築の「新世界国際劇場」

 

 かつては東映の封切館だった「新世界東映」 上映中の「次郎長三国志」の主役は鶴田浩二。  昭和がまた遠ざかる。

 

 やっぱり、大阪は寅やね~

 

 新世界を舞台にした懐かしい映画がある・・・蛇足だが掲げたくなった。

2019年1月 大阪市浪速区

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 大阪浪漫 法善寺横丁 | トップ | 鳥羽の火祭り2019 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ei)
2019-01-28 08:06:21
懐かしい~(笑)
多分2014年4月以降訪ねていないと思います。
この界隈には知り合いのお笑い系芸人が居たのですが、
今は昔の話になりました・・・
又忘れた頃にふらっと訪ねてみます(笑)
Unknown (tora003)
2019-01-28 20:47:58
eiさん

日本一の「あべのハルカス」も素晴らしいのですが、昭和生まれの団塊世代にとってはやっぱり「通天閣」
訪日観光客で賑わう新世界の表通りよりも、一歩入った路地裏が味わい深いですね。
上方芸人といえば夢路いとし喜美こいし、かしまし娘、海原千里万里・・・この頃が懐かしいです。
2月は宝塚歌劇の花組公演を見に行く予定です。

コメントを投稿

関西紀行」カテゴリの最新記事