トップハットは秘密基地

夢と希望と現実に悩みながら家を建てた記録、うっすら知っている家電製品の事など。どんなものでも買ってみなくちゃわからない。

マキタコードレス掃除機CL182FDZW+BL1850+DC18RC うちの”まき太”は5.0Ahバッテリーで長持ち その1

2015-08-13 | 電気製品

妻が最近頻繁に見かける海外製コードレスクリーナーのCMが気になりだした。

いつもの様に今度はコードレスクリーナーが欲しくなり、早速調査開始。

ついこの間まで”サイボーグ刑事みたいな、高速トントンマシーンが欲しいねん!”と言っていたのに・・・なんやねん。

掃除機なら”ふとん”以外でも普段の掃除に使えるのでコストパフォーマンスは良さそうですけど・・・



そういえば昨年知人がマキタのコードレスクリーナを買ったそうで、

話しを聞くと某雑誌がお薦めしているターボモデルではなく18Vのタイプで、”買うんやったら、18ボルトがええで!”と強く押していたのを思い出しマキタも候補に入れます。

普通は”ターボ”がパワーがありそうで、こっちが欲しいと思いますが”ターボモデル”とはどうやらバッテリーが違うようです。



第一候補はD社。

大型家電量販店に行くとコードレス掃除機の種類の多いのにビックリ。

一番良い場所にはD社のモデルが全て並べてあります。D社ってこんなに種類があるのかと驚きます。さすがシェアNo.1.

大手家電メーカーから名前も聞いた事のないメーカーまでキャニスター掃除機と同じ位種類があります。

某雑誌を見て気になっていたM社のコードレスは収納時の充電台のデザインが良いけど持つと重くて階段掃除は辛そうで高いです。

他メーカーも持ってみましたが、どれも握力のない女性や高齢者が片手で持って使うには結構重たくて疲れそうです。



妻が欲しかったD社は

最新のジャニーズ系みたいなのは高くて手が出ません。

延伸管付だと62番が第一候補。

デザインが良くて、排気もきれい、CMで洗脳されたのかサイクロン式が良いと言う。
 
サイクロン式はサイクロン掃除機を掃除する紙パック掃除機がいるねんで

ゴミ捨てパッカンだけで済まへんでサイクロンの中の掃除めんどくさいで~

うちのセブンが3台買えるやん
   三菱 掃除機 TC-FXC7P コスパええやんか

店頭で動かすと独特の高周波音がするモーターの回転が強力で結構吸い込みますが、我が家はカーペットはないので電動ブラシは必要ないです。

ちょっと重いけど値段以外は気に入りました!でも買わへん。本当は高くて買われへん。


韓流ドラマの間のTV通販では”35番の通販限定モデル”延長管も付いて税別¥29,800とお手頃価格(通販限定モデルでもLEDでサイクロン廻りがピカピカ光る様なギミックは無いようです)。

更に今なら定価¥4,000もする、ふとんブラシ(ふとん専用掃除機をかなり意識しているみたい)が付いてくるというのにも惹かれるようです。

レビューを見ていると改良された最近の機種と比べるとトリガースイッチが堅い、バッテリーの接触不良があるみたい。

充電時間が長いのでバッテリーが切れたら今日の掃除は終わり、稼働時間が短いというのが気になります。

フローリングしかない我が家には電動床ブラシはなくてもいいのでその分安くして欲しいです。


 
D社がニッキュッパ!  安いんちゃうんニッキュッパ!  おまけが付いてニッキュッパ!  

もう少しで電話する所でした・・・やっぱり買わへん。


その手にはのらへんもん!


オペレーター増員で電話が直ぐつながる。ジャンジャン電話がきてるので電話が繋がり難いです。

今回限定○○台用意。

残りあと僅か!

今から30分以内に電話すると○○が特典で付いてくる。
   
本日限りの特別価格、明日になると高いよ~、今買わないと損するよ~。

というのに本当に弱いです。

      
マキタと同じ様なデザインのH社の18Vモデルも吸い込み仕事率40Wと今のところ最強なのでかなり気になりましたが、電動工具やバッテリーのラインナップの豊富さでいうとやはりマキタ。

ネットでレビューを見ると販売数が圧倒的に多く結構評判が良さそうなのでメーカーはマキタに決まり。

残念なことにマキタの18Vクリーナーは家電量販店での取り扱いはないので、近所のホームセンターへ行くとベージュ色のタイプしか置いていません。

18Vタイプも2種類ありスイッチがトリガータイプのCL180FDZWは力が入りそうで妻には難しそう、

使用中ずっと電源スイッチを引いておくのも疲れそうなので押しボタンタイプのCL182FDZWにします。


選んだポイント

職人さんが使う”工具”だけありバッテリーの充電が速いです、BL1830だと約20分で充電完了。

バッテリーを装着しても他の機種よりも軽い。

本体が故障しても同じ物が9千円程で購入可能ですので、保証切れ後の高額な修理費の心配をしなくても良い。

消耗品のバッテリーが互換品だと¥5,000前後から買える(自己責任で)。

バッテリー容量が3.0Ah,4.0Ah,5.0Ahと使い方によって選べる。
 
高いバッテリーですが他の電動工具に使用可能。

本体のみの価格9千円程と考えると良く出来ています。某社クリーナーの一律修理代金よりもうんと安い。
 
職人さんが使う”電動工具”なので回転ブラシやイオンとかの複雑な部品もなく、モーターとスイッチだけなので耐久性は充分あると思われる。

ゴミを捨てる時にホコリが出ず、掃除の手間が入らない紙パック式、紙パックも一枚¥50以下と安い。

フローリングでの使用なのでそれほど強力な吸引力がなくてもかまわない、回転ブラシも不要。

他社よりもお求めやすい価格。

電動工具でトップシェアのマキタの安心感。

家電メーカーの掃除機とカテゴリーが違うので判りませんがかなり売れているらしい。

これを口実にどさくさに紛れてコソッと他の18V電動工具に手が出せるチャンス!

など個人的にはかなりポイントが高いです。


いろいろ検索していると、どうやらこの様な職人さん向けの電動工具は専門店の方が安いようです。

普通は本体、充電器、バッテリーがセットになったエントリーモデルのCL182FDRFWを買うのでしょうが、業務用なので本体のみでの販売もあり本体、バッテリー、充電器と別々で購入するとCL182FDRFWより高くなり、やはりセット品が安いようです。

バッテリーが本体価格を超える程、結構な値段がしますが、プロ用電動工具だけあり互換品を含め豊富に流通しているので、安く手に入るのはありがたい。

標準仕様の3.0Ahバッテリー以外に同寸法、同質量で1.6倍長持ち5.0Ahバッテリーというのがあるのを知り、インパクトドライバーなど欲しくなってきたので5.0Ahバッテリーを選択。本体よりもバッテリーの方が高いです。

最安店を探していたらクリーナー本体CL182FDZWのみに、

バラ売りされている5.0AhバッテリーBL1850と充電器DC18RCがセットになったものを見つけたのでポチッと。

あと数千円出せばキャニスターで本体重量最軽量のMC-JP500Gが買えます。

うちのセブン2台分です。

注文翌日には猫さんが届けてくれました。





家電メーカーならお金の掛かったきれいなカラー印刷の外箱になるのでしょうが、業務用なので低コストでシンプルな外箱です。

無駄な緩衝材も入っていません、どうせ外箱は直ぐに捨てますのでこれで充分。

業務用だけありロウガンダーにもとっても見易くて判りやすい説明文がいいです、家電メーカーさんにも取り入れて欲しいです。

本体のみにバラ売りのバッテリーと充電器。思っていたより本体は随分と小さいです。

2万円強の商品としてみるとおもちゃの様に見えますが、バッテリー&充電器は別で”本体価格9千円程の電動工具”としてみると中々良く出来ていると思います。

海外製のピカピカしてきれいな高級品と同じステージで比べるのはかわいそうです。




プロフェッショナルな感じが良いです。気分は職人さん?

これは”まき太”と呼ぶ事にします。


マキタの魅力の一つがバッテリー。

バッテリーは5.0AhのBL1850にしました。バッテリー容量が1.6倍に増えても標準のBL1830と同じ重量のようです。

裏面のラベルを見るとUSAマキタからの逆輸入品の英文表記ではなく、国内販売の正規品で日本語表記されたベトナム製です。

同じ純正でもUSAマキタのバッテリーで安いものもあります、ただし日本国内での保証はありませんがちょっと気になります。

他にマキタの18V電動工具を使う予定があるなら少し高くなりますが単体で買うと高いBL1850を合わせるのも良いと思います。

ただ充電時間はBL1830は20分ですが,こちらは倍程かかります。





家の隅にあったら職人さんが忘れて帰った?と思う様なデザインですが、充電時間は5.0Ahで45分とかなり速いです。

まずは充電。ファン内蔵の為、充電中はバッテリーを冷やす為に小さくブーンという音がします。




今回はショップの特典で純正ではない”安心の日本製”という交換ノズル4点がおまけで付いてきました。

このショップでの購入のきっかけになったのが、純正じゃないけどこのおまけ,ちょっとブラシに問題があるけど、

どんな物でもおまけがあると得した様な気分になります。

純正品と比べると毛ブラシの隙間がちょっと広いようで、吸い込む力が弱くなりそうです。

職人さんの現場用という事もあり樹脂製のブラシが硬いのでこびり付いたゴミをかきだしたりする時は良いのですが、傷つきやすい物に使用するには注意が必要です。

サッシの溝を掃除したり、パソコン廻りの掃除に便利です。




なんだか回転部分がハチミツをすくうハニーディッパーに見える・・・

床ブラシはキャニスタータイプと比べると、ヘッドが小さいので思いの外吸い込む力があり、高さが低いのでベッドの下やソファーの下でも奥まで届きます。

裏面の車輪でフローリングを掃除する際は思いの外軽い動きで本体の重さが軽減され掃除が楽に出来ます。

回転ブラシが当たり前の今、とってもシンプルな床ブラシの車輪がコロコロ回る様子が何だかとっても懐かしく感じます。


少しでもランニングコストを抑える為にこんな事を・・・


1枚¥6程の排水口ネットを被せてみました(自己責任で)。


特にフロントカバーに干渉する事もなく、紙パックとの間に隙間が出来たりする事もないです。

純正紙パックA-48511はAmazonで五百円程で買えますが紙パックの容量が小さいので少しでも長持ちさせる為に、排水口ネット(ストッキングタイプ)を取り付けて紙パック代を節約します。

髪の毛や綿ぼこりがメインですので、このネットだけ取り替えれば紙パックが長く使えます。

注:ネット本来の使用方法ではありません!ネットを取り付ける事により故障等の可能性がありますので自己責任でお願いします。



本体にバッテリー、延長パイプ、床ブラシを取り付けた状態で約1.8kgあります。

シンプルな分他社と比べると軽量ですが、10分程持っているとやはりバッテリーの重さを感じます。





部屋の照明を全て消して延長パイプを付けて動作させたところ、床に落ちている髪の毛が確認出来るほど明るいです。

電動ドライバーに付いている様なLEDライトは消灯スイッチがなく、電源が入っている時は常時点灯するのでバッテリーがもったいないと思いましたが、真っ暗な中でも床ブラシの先端まで明るく、照明の無い所やタンスの奥、トイレの便器の裏側、ベッドの下など暗い所を掃除する時に重宝します。


○:LEDライトは以外と明るく奥まった所を掃除する時は便利。

日本メーカー(製造は中国)だけありフロントカバー廻りの精度が良くしっかり閉まります。

手元に来るまで吸い込み仕事率30Wは心配でしたがフローリングでしたら問題なく使えます。階段を掃除する時はキャニスタータイプより軽くて楽です。フローリングならLOWモードでも十分使えます。

バッテリーの位置が手元に近いのでそれほど重さを感じません。黒いグリップ部分がゴムの様な材質で滑り難い。

これで一台で階段を含め家じゅう掃除するには充分なバッテリー容量があります。社外品のバッテリーが豊富(もちろん自己責任)。バッテリーは他の電動工具に使い回しが出来るので、本体のみの価格約9千円程の工具と考えると非常に良く出来た掃除機だと思います。

D社のような高級感はありませんが部屋の隅に立てて置いてもそれ程チープな感じはしません。白黒ツートンで存在を余り主張しませんので、ベージュよりも遥かに良いです。

電源スイッチがワンタッチスイッチの押しボタンでトリガースイッチの様に使用中ずっと握っておく必要がないので指が疲れません。

純正紙パックA-48511はAmazonで10枚セット送料無料¥479と特殊な形状にも関わらず安い。

面倒な電源コードが無くていつでも気がついたらサッと掃除出来るのが良いです。(いつも気になっていたテーブル下の食べこぼしなどもこれなら気づいた時に直ぐに掃除出来ますので、いつも床がきれいです。)

車の掃除にも使える(ガソリンスタンドで掃除機に100円使わずに済みます)。

我が家の場合毎日LOWモードで家じゅうサッと掃除してバッテリーが新しい事もあり、6~7日間バッテリーが持ちます(5.0Ahバッテリー使用時)のでバッテリーの充電は週1回で済みます。

消耗品のバッテリーが安い互換品から純正品まで種類が豊富で簡単に手に入る。

歳のせいか最近抜け毛が多く掃除した後から毛が落ちているので、そんな時にサッと掃除出来るのがとっても便利。

本体が壊れても修理するより本体9千円前後で新品を買う事が出来るので、某社の修理代を考えるとコスパは良い。


△:小さくてもHIGHモードだと音はかなり大きいです。集合住宅だと深夜に使うのは気が引けます。

当然ながらパワーがないのと電動床ブラシがないので絨毯には不向きです。

コードレスクリーナーとしては軽量な方ですが、10数分持っていると(特に階段を掃除するとき)力の無い女性や高齢者には重たく感じると思います。

業務用の為、本体表面が無塗装でツルツルしてませんので擦ったりすると汚れが目立ちます。




電動工具で超有名なマキタを知らずに実物も見ないで(お店にないので見れませんけど)ネットの評判だけで2万強で買い届いたら・・・

    ( ̄▽ ̄;)!!ガーン

なんかオモチャみたいやん・・・やってもうた〜

そんな奥さま方がいそうですが、”クリーナー本体価格9千円程とめっちゃ安い(バッテリーが高いんです)”と言うのを忘れてはいけません (*゚▽゚)ノ


普段はマキタでこまめに掃除してその後にクィックルワイパーで拭いておいて、

週に1回程キャニスター掃除機でしっかり掃除するという使い方をする事にします。

一人暮らしならどこでも使えるこのマキタ一台だけでもいいかなと思います。



せっかく明るいLEDランプが付いているので、ランプのみの電源スイッチもしくはモーターオフスイッチがあれば停電時でも高容量バッテリーで長時間小型ランタン代わりに使用出来ると思います。

常時リビングの直ぐ手に取れる所に置いてあるので余計に懐中電灯代わりに使えればと便利かなと思います。

阪神淡路大震災後しばらくはいつでも手の届くところに懐中電灯がありましたが、いつの頃からかどこかの引き出しに入れたままになっています・・・
 
このバッテリーが使えるML801というライトが4千円程でありますが、アウトドア好きなら一台はあっても良いですが、

一般家庭では使う事は殆どなくわざわざ買う程でもないので、ランプのみの機能があればと思います。


残念な事に家電量販店での取扱いが無く、このマキタのコードレスを見た事も無い人もいると思われるので、

家電量販店向けに(販売ルートが難しいならP社のOEMとかでMC-JP500Gと一緒に並べて展示して)リビングにも置ける様なカーボン調などの

おしゃれな外装(あまりおしゃれになってもどうかと、プロフェッショナルな感じとMakitaのロゴは残して)にして、

充電器のデザインも上のラベルだけおしゃれな物に張り替えて、

”軽量”、”新幹線”、”プロ仕様”,”充電最速”をマキタを知らない女性向けにプッシュすればめちゃくちゃ売れると思います。

マキタコードレスクリーナーCL182FDZWその2 チリも積もればネットが一杯 紙パックを節約するねん


吸っても吸っても落ちている抜け毛、子供の食べこぼし等、また介護する人のお宅にとマキタ一台あればサッと使えて大変重宝します。

家電量販店では売っていませんが、この機種が隠れたベストセラーという理由が判ります。

 

2017年4月追記

コーナンプロにマキタ掃除機が付属品も含めフルラインナップで展示してありました。

本体のみ(バッテリーは別売)七千円程ですので実物を手に取って見たい方はコーナンプロへどうぞ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ヘーベリアンセンターですだ... | トップ | マキタコードレスクリーナーC... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

電気製品」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事