私の御朱印巡り

平成時代が終わるとき、御朱印歴はちょうど18年と4ヶ月になります。御朱印旅は今も続行中。集めた御朱印を披露します。

御朱印 鎌倉三十三観音霊場 第4番・長谷寺

2019年10月09日 09時14分00秒 | 旅行

10月7日。月曜日。再び、鎌倉三十三観音霊場を巡る。平日の方が混雑していないだろうと、平日にした。

朝一番にまず、第4番の長谷寺へ行く。9時過ぎだった。江ノ電の長谷駅には、鎌倉屈指の観光スポットである長谷寺と鎌倉大仏(高徳院)がある。混雑を避けるために朝早く出かけたのだ。

鎌倉三十三観音霊場の札所番号が妙なことになっているのは、坂東三十三観音霊場の札所番号に合わせているからである。長谷寺が鎌倉三十三観音霊場の第4番となっているのは、坂東三十三観音霊場の第4番札所であるからだ。

目と鼻の先にある高徳院(鎌倉大仏)は第23番というのだから、札所番号が飛びすぎている。

9時過ぎだったので長谷寺は予想通り空いていた。

紅葉の季節は素晴らしいだろうが、大混雑になるね。

観音堂に出る。長谷観音は高さ9.18メートル。日本最大の木造仏である。その迫力は自分の目で確かめるしかない。

お詣りする人の姿は少なかった。

境内の海側は展望台になっている。鎌倉海岸を見る。

<御朱印> 朱印所は入口にある。朝早くなので待たずにすんだ。「十一面大悲殿」である。


この記事についてブログを書く
« 御朱印 鎌倉三十三観音霊場... | トップ | 御朱印 鎌倉三十三観音霊場... »
最近の画像もっと見る

旅行」カテゴリの最新記事