goo

心の隅っこに



       突然の黄色の世界・・菊の花
  



       菊の花なんて飽きるほど咲いているもの・・




       そう思い込んでいたことは今は昔のこととなるのか




       出会って・・そういえば!!




       久しぶりの咲き乱れた菊の花




       目の前にたって・・この気持ちはなんなの?と




       質素な日本らしさが消えていく今




       あぁ・・心の隅っこに・・日本人が




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

パリ街歩きの帰り道



       画材を購入して帰路へ・・の予定が




       画材売り切れ・・代替品を購入・・さてどう帰るか




       ここから地下鉄では・・ちと寂しいと言うことで




       パンテオンまで歩こうと言うことに




       パンテオンからムフタールを抜ければ娘のアパートまですぐ




       このコースが好きで必ず通っていたけど・・




       このときは次の日からの車の運転で頭がいっぱい




       また来るであろうと断念・・がその後の暑さでまたはなかった




コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

ガマズミの葉・・色変えて



       ガマズミの葉が色づきながら枯れ始めた




       この色にすっぽり包まれると秋も終わり




       冷たさも感じるようになって・・きりり




       暖かそうな赤い実が際立って




       暑い夏の後でも暖冬でも




       ガマズミのある風景は気分を変えてくれる




       長引いている風邪さえも冬の始まりと




       と言っても二度目は遠慮・・セーター一枚の暖かさと





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

セーヌ河畔で



       セーヌ河畔の風景




       シテ島からサンルイ島へと渡る橋からの風景




       こうしたパリの当たり前の風景はつい後回しになりがち




       帰ってきて数ヶ月すると・・ひどく懐かしい




       橋の下を通り抜けていくボート




       どこに行くでもなく歩きながら目に留める風景




       サンルイ島のにぎやかな通りを抜け・・




       ノートルダム寺院を後ろから眺め・・




       セーヌ河畔・・観光・・





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コムラサキの実る頃に



       コムラサキの実が片隅で輝いている




       ほんとだったら・・と思い出した




       我が家にもムラサキシキブノの花が咲いて




       紫色の実をつけるのを待つばかりになっていた




       それが・・何度目かの台風だったか・・




       周りの草花もろとも折られて通路に倒れこんでいた




       ちょっとの迷いはあったけど・・邪魔は邪魔




       次から次へとやってくる台風に逆らえずにバッサリ!




       静かに実る紫色の実を見て・・嬉しさと後悔と




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

クモの建造物に



       紅葉の具合はどうかしらと・・井の頭散歩




       色づいた葉よりも先に大量のクモの建造物発見




       食欲の秋で罠を仕掛けたのか・・




       それとも寒い冬に向かって住処を?




       と言っても寒そうなスケスケお宅




       レーシーでなんとも華麗&おしゃれ




       さぁーて・・エサのほうはと言うと・・




       美しきレースの誘惑に負けたのは枯葉ばかり?




       お食事の邪魔は野暮だから・・眺めるのは枯葉どまりに






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ついこの間のことだけど



       ちょう・・ちょうちょう・・♪・・




       ・・ダリアの花の・・花から花へ・・




       こんな歌が浮かんだのはいつのことだったか?




       あっという間に月日は経っていく




       街へ出ればクリスマスイルミネーションがちらほらと




       季節感など一生懸命探さなくくてはないものかと




       寂しい気などしたこともあったけど・・それさえ・・ 




       遠いどこかの話のような気がする今日この頃




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

優しく揺れる



       マユミの実が差す陽にほんのり頬を染める




       他には誰も見る人もいないのに




       若い実は恥ずかしがりや?




       ちょっと冷たくなった風を気にもせず




       若さかな・・ぴょんと揺れる




       われも・・われもと・・次々揺れる




       静かに眺めていると・・




       優しいメロディーが聞こえてくるよう



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

律儀な秋も



       秋らしい秋に出会うこともなかった帰り道




       道端の小石でも蹴りたい気分




       秋の青い空でも・・と見上げた視線の中に




       赤く色を変えた蔦の葉が飛び込んできた




       欅の木に色を添えて・・こんなところに秋が




       律儀に頑張る葉もあると




       人目を気にして叫べはしないけど・・ありがとう!!










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

季節の中で



       少し・・ほんの少し若い頃だったら




       いい加減な季節の移り変わりに抵抗したものだけど




       年とともに寛大になったのか・・鈍くなったのか・・




       素直に受け入れ11月半ばを秋の真ん中などと思い




       某ブログで晩秋と言う言葉の表現に驚き




       冬の季語「つわぶき」との出会いに動揺・・




       そうか・・この暖かさ中で咲くつわぶきって




       羨ましいほどの柔軟性が・・




       失いつつある柔軟性というものを思い出させてくれたようだった





コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ