goo

フランスに行ってきます



        明日から妹紅蓮とパリ&ロワールの旅へ言ってきます




        このタイミングでパソコンの設定がすべて開かなくなり




        旅行準備も重なりすっかりブログお休みに




        さぁ明日出発準備は?という今日




        最後の洗濯を・・ん?・・ん?・・ん?




        洗濯機が壊れた!!急げコインランドリーへ




        こんなバタバタで忘れ物・・ないのだろうか・・




        妹と娘の向こうの家族に会いに行ってきます
        パソコンを持っていくので・・たまにアップできれば・・




コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

今年も元気に!



        昨年は四月中旬・・




        待てども待てども巣ができず・・無理?




        そう思い続けた挙句・・すっかり忘れた




        そんなある日・・卵が五つと教えてくれた方が!




        十日ほど前行って見ると・・再び会ったその方




        三羽ほど孵っているようです・・が確認できず




        数日前再び行って見ると・・なんと五羽泳いでいる




        倍ほど大きさが違う五羽の子




        親の背中からもう降りて・・元気に育て!




コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

六月の花嫁



        ジューン・ブライド・・六月の花嫁




        白い花は六月の光に似合い




        ウェディングドレスの花嫁のように美しい




        光は水気を含んだ花々を輝かせ




        梅雨の谷間の光にも美しく映える・・




        六月は白・・花も・・花嫁も




        ジューン・ブライド・・響きも美しい










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

魅力的な花アジサイ



        一枚一枚の花びらがなんとも魅力的




        花びらとは言わない?・・ガク・・




        名前も知らないアジサイだけど・




        この限りないほどの数あるアジサイの中で




        不思議なグラデーション・・




        赤い縁取りの穴あきは柄なのか虫食いなのか・・




        ひとつの花に3枚の花びら・・じっと見る




        魅力的なアジサイはまだまだ・・ありそうで




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

爽やかな一息をついて



         あ~いい季節が来た




         この花が咲くとそれだけでそう思う




         白いアジサイの花・・アナベル




         山積みされた雑多な事を忘れさせてくれる




         いやいや忘れてはならぬものもあるけれど・・




         この一瞬の爽やかな一息が




         美しいものの価値なのだろうか




         この一息が季節通過の証になって日々が重なる




コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

ほっとするものに



        昔懐かしい普通のアジサイ




        手鞠のようなまん丸が子供の目に美しかった




        今ではピンク・紫・ガクアジサイと幾種類もある




        それぞれの美しさに目移りもするけれど・・




        あちらこちらの目移りに疲れた目には




        水色の普通の手まりアジサイはほっとする




        このほっとっする・・がお年頃!の者にはたまらない




        目を瞑り他のほっとするを思い浮かべてみる



コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

萩の花・・風に揺れて



        そろそろ梅雨入りの季節




        花たちは一休み・・アジサイ一色に変わる




        青いアジサイの間に揺れる赤や黄色の花は?




        何とはなしに近づいてみると・・




        秋の七草・・萩の花・・ちょっと驚いて!




        旧暦だと・・などと考えながら・・




        ちょっとずれ始めた季節感にも慣れて




        心地よく大きな息を吸う





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ここにも姫が♪



        昨日の華麗な泰山木の横で小さな姫が




        泰山木そのままの姿でのミニチュア版




        このミニチュア版という言葉に弱い




        いそいそと隣の木へと移る




        その名はそのままのヒメタイサンボク




        泰山木の花弁ほどの大きさで親子のよう




        なんとも愛らしい・・昔のこと・・




        ミニスイセン・ミニアイリスを植えていたことを思い出した




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

風と共に・・



        泰山木との出会いは衝撃的だった




        向日葵のような花が大きいというのは知っていたけど




        友人宅の庭の泰山木の花弁の大きさは初めて見るもので




        大きさの割にはエレガントで華やかだった




        数年後・・風とともに去りぬの映画を見た時




        スカーレット・オハラを象徴する花とされていた




        泰山木のような・・スカーレット・オハラのような・・




        スケールの大きな芯のある華麗なものは・・




        いつの間にか消え去っていった気もしている







コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

「誇り」と「尊敬」



        「誇り」と「尊敬」・・




        いったいどこへ行ってしまったのだろうか




        この言葉が見当たらなくなるなんて思ってもみなかった




        まさか・・辞書から消えてなくなるのではの不安




        処分を考えていた広辞苑・・捨てられないぞと




        幻の「誇り」と「尊敬」・・どこにあるのだろうか




        こうした世の中で育つ子供たちは・・?




        それにしても「わるだくみ」のエネルギーは・・限りがない!






コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ